クレジットカードの年会費を無駄にしない!年会費をメリットに変える3つの方法

クレジットカードの年会費を無駄にしない!年会費をメリットに変える3つの方法

クレジットカードを利用している方の中には、年会費を無駄だと感じたり、年会費が高い!メリットがないと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そうした方のほとんどは以下の3つに該当しているはずです。

  • 年会費がかかる意味がよくわからない
  • クレジットカードの付帯サービスをあまり把握していない
  • クレジットカードをお得に使いこなせていない

年会費がかかるクレジットカードの多くは、年会費無料のクレジットカードにはないサービスが付帯しており、そのサービスを上手く活用することができれば、年会費分の回収はもちろん、年会費無料のクレジットカードより、はるかにお得になる可能性を秘めています

今回のクレジットカードランキングの特集は、「年会費をメリットに変える3つの方法」と題し、クレジットカードの年会費を無駄にしない方法をわかりやすく解説します。
年会費が無駄・高いと感じている方は、本特集を参考に、クレジットカードの使い方を見直し、年会費をメリットに変えましょう!

クレジットカードに年会費がかかる理由

まずはじめに、クレジットカードに年会費がかかる理由を考えてみましょう。クレジットカードに年会費がかかるのには、主に以下の3つの理由があります。

  • カードの発行、更新にかかる手数料、明細書の郵送費用などの運営コストのシェア
  • カード会員向けに特別なサービスを提供するため
  • 国内・海外旅行保険、ショッピングガード保険など、充実した付帯保障を提供するため

特に、年会費がかかるクレジットカードの場合、年会費無料のクレジットカードと比較すると、「高いポイント還元率」「カード特有の付帯サービス」「付帯保障(保険)の充実」等、さまざまなお得なサービスが付帯しています
つまり、クレジットカードの年会費は、一見、無駄な支出のように感じますが、これらのお得なサービスを利用するための利用料であり、そのサービスを使い倒せば、十分にもとが取れるのです。

以下のチャプターでは、年会費がかかるクレジットカードの上手く使いこなす方法を、「年会費がかかるクレジットカードのメリット」と題して、具体例を挙げ、説明していきます。

年会費がかかるクレジットカード メリットその1:ポイント還元率

年会費がかかるクレジットカードのメリットとして、まず一番に注目すべきはポイント還元率でしょう。

ポイント

年会費がかかるクレジットカードの一部はポイント還元に力を入れており、年会費無料のクレジットカードと比較すると、2倍以上ポイントが貯まるカードも少なくありません。このポイント還元率が高いクレジットカードを上手く活用することができれば、年会費を差し引いても、年会費無料のクレジットカード以上にお得になるケースがあるのです。(年会費無料のクレジットカードを使っている人の中には、ポイント還元率が高いカードを選んでいれば、実はこれまで何万円も得していたという方がいるはずです。)

例えば、一般的な年会費無料のクレジットカード(※ポイント還元率:0.5%)と、年会費1,950円(税込)の「OricoCard THE POINT PREMIUM GOLD(※以下オリコカード)」で、月5万、年間60万円の買い物をした場合のポイントを比較すると以下の通りです。

一般的な年会費無料のクレジットカードの場合

ポイント還元率

  • 0.5%

月5万、年間60万円の買い物をした場合のポイント

600,000円×0.005(0.5%) 3,000ポイント
計3,000ポイント(3,000円相当お得!)

OricoCard THE POINT PREMIUM GOLDの場合

ポイント還元率

  • 通常:1%
  • 入会から6ヵ月間:2%
  • ID・QUICKPay利用時:+0.5%

月5万(そのうち1万円を電子マネー)、年間60万円の買い物をした場合のポイント

〈入会から6か月間は2%〉300,000円×0.02(2%) 6,000ポイント
〈6か月目以降は1%〉300,000円×0.01(1%) 3,000ポイント
〈電子マネー利用分は0.5%加算〉120,000円×0.005(0.5%) 600ポイント
計9,600ポイント(9,600円相当お得!)
年会費を引いても 9,600-1,950=7,650円相当お得!

一般的なクレジットカードと比較すると、OricoCard THE POINT PREMIUM GOLDのほうが4,650円相当お得!

これは初年度の試算ですが、次年度以降ポイントアップがなくなってもOricoCard THE POINT PREMIUM GOLDのほうが1,650円お得になります。さらにOricoCard THE POINT PREMIUM GOLDは、オリコが提供するショッピングモール「オリコモール」経由でネットショッピングすることで、ポイントが1%以上加算されるサービスを利用できます。つまり、使い方次第では、このお得額はさらに開いていくのです。

年会費がかかるクレジットカードのメリットの一つにポイント還元率の高さがあり、年会費を差し引いてもトータルでお得になるケースがあるということを憶えておきましょう。

編集部おすすめ!お得にポイントが貯まるクレジットカード

OricoCard THE POINT PREMIUM GOLD画像

OricoCard THE POINT PREMIUM GOLD 公式サイトへ行く

OricoCard THE POINT PREMIUM GOLDは、大手信販のオリコが発行する年会費1,950円(税込)のゴールドカード。
通常のポイント還元率は1%と、年会費が必要なクレジットカードの中では平均的だが、入会から6ヵ月間はポイント還元率が1%アップ(※加算分上限5,000ポイント)。さらに、オリコモール経由でのカード利用で、ポイント還元率が最大18%になる。また、電子マネー「iD」や「QUICPay」、リボ払いの利用で、それぞれ0.5%ずつポイント還元率がアップ。貯めたポイントはAmazonギフト券、iTunesギフトコード、Tポイントなどに交換できる。オンラインショッピングをよく利用する人におすすめの1枚。 2018年3月29日までにカード発行した方を対象に、最大8,000オリコポイントがもらえるキャンペーンを実施中!

年会費 1,950円(税込)
ポイント還元率
  • 通常:1%
  • 入会から6ヵ月:+1%(付与上限5,000オリコポイント)
  • オリコモールの利用:+1%(※店舗によって、さらに0.5%~15%ポイント還元率アップ)
  • 電子マネーの利用:+0.5%
  • リボ払いの利用:+0.5%
付帯保険
  • 海外旅行保険:最大2,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最大1,000万円(利用付帯)
  • ショッピングガード:最大年間100万円
付帯サービス
  • Visaゴールドカード優待特典(Visaブランドのみ)
  • ゴールドMastercard優待特典(Mastercardブランドのみ) 等

OricoCard THE POINT PREMIUM GOLD

年会費がかかるクレジットカード メリットその2:付帯サービス

年会費がかかるクレジットカードを利用する2つ目のメリットは、付帯サービスです

年会費無料のクレジットカードでも、オンラインショッピングでのポイントアップや、対象店舗での買い物割引等が付帯するケースがありますが、年会費がかかるクレジットカードの一部には、年会費無料のクレジットカードにはない、よりお得度の高いサービスが付帯しています。

高級ホテル

例えば「スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)」の場合、33,480円(税込)円という高額の年会費が必要になりますが、様々な特別なサービスが付帯。これらのサービスを使いこなせれば、年会費をはるかに上回るメリットを享受することができます。

SPGアメックスに付帯するサービス
高級ホテル無料宿泊券(カード継続時特典)おすすめ
対象レストラン&バー15%OFF
最大4.25%のマイル還元率
同伴者1名まで空港ラウンジを無料で利用可能
スターウッド プリファード ゲスト「ゴールド会員資格」を提供
JAL、ANA等主要航空へのマイル移行が可能

なかでも注目のサービスは、高級ホテル無料宿泊券
このサービスを利用することで、スターウッド・プリファード・ゲスト(※スターウッド及びマリオットホテルが提供する会員限定プログラム)に参加しているシェラトン、ウェスティン等の高級ホテルのスタンダードルームに、除外日なしで1泊2名まで宿泊することが可能です。
例えば、1人1泊3万円のセントレジスホテル大阪でこのサービスを利用した場合、1泊3万円×2人で通常6万円の宿泊費が無料に。宿泊費6万円から、カードの年会費である33,480円を差し引いても、約26,000円お得になる計算です。

これらの付帯サービスは、特定の用途で力を発揮する一方で、使いこなすことができなければ宝の持ち腐れになってしまいます。クレジットカードへの入会を検討する際は、付帯サービスの内容をしっかり確認し、カードの付帯サービスを最大限活用することで、年会費のもとを取りましょう!

編集部おすすめ!付帯サービスが充実したクレジットカード

スターウッド・プリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード画像

スターウッド・プリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード 公式サイトへ行く

シェラトンなど高級ホテルの運営をするスターウッド・プリファードゲスト・アメリカン(以下SPG)と、アメリカン・エキスプレスが提携し、発行する年会費33,480円(税込)のクレジットカード。上記のサービスだけでなく、空港で利用できるサービスも充実しており、例えば、空港ラウンジの無料利用や、手荷物無料宅配サービス、エアポート送迎サービスや空港パーキングなどを利用することができる。ポイントは、通常1%の還元率だが、SPG参加ホテルや、直営レストランで利用した場合3%の高還元率でポイントを貯めることができる(2017年11月15日までは5%にアップ)。
貯めたポイントは、150社のエアライン航空券の交換にも対応しており、旅行や出張で飛行機を頻繁に利用する人にもおすすめの1枚。

年会費 33,480円(税込)
ポイント還元率
  • 通常:1%
  • SPG参加ホテル・直営レストラン:3% ※2017年11月15日まで5%にアップ
  • マリオット・リワード参加ホテル:1% ※2017年11月15日まで2%にアップ
付帯保険
  • 海外旅行保険:最大1億円(利用付帯の場合。自動付帯の場合は5,000万円)
  • 国内旅行保険:最大5,000万円(利用付帯)
付帯サービス
  • スターウッド プリファード ゲスト「ゴールド会員資格」を提供
  • 毎年の更新時に高級ホテルの無料宿泊券をプレゼント
  • 毎年の更新時に「エリート会員資格取得用クレジット」をプレゼント
  • 国内ホテル直営レストラン&バーでのご利用15%オフ
  • 最大4.25%の高マイル還元率 等

スターウッド・プリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費がかかるクレジットカード メリットその3:付帯保険

年会費がかかるクレジットカードのメリットの3つ目は付帯保険です
年会費無料のクレジットカードの中にも、一部旅行保険が付帯するものもありますが、年会費がかかるクレジットカードと比較すると、補償金額や保険の適用条件に違いがあります。

例えば、年会費無料の楽天カードと、年会費2,160円(税込)のJALカードSuicaの付帯保険を比較すると、以下のような違いがあります。

年会費無料楽天カードの場合
国内旅行保険:
海外旅行保険:(利用付帯:2,000万円)
年会費2,160円JALカードSuicaの場合
国内旅行保険:(自動付帯:最大1,000万円)
海外旅行保険:(自動付帯:最大1,000万円)

年会費無料のクレジットカードの場合、保険が付帯していないものが多く、付帯している場合でも保険金が海外旅行のみで2,000万円前後、さらに旅行代金の決済に該当のカードを利用することが条件になっているケースがほとんどです。
一方で、年会費がかかるクレジットカードの場合、補償金額が1,000万円~最高1億円と額が大きく、海外だけではなく国内旅行も保障、カードによっては旅行代金を決済していない場合でも自動的に付帯するものも少なくありません。

ショッピングガード保険

さらに、年会費がかかるクレジットカードのなかには、ネット上でクレジットカードを不正使用された場合の被害金額を補償する「ショッピングガード保険」、飛行機の遅延や欠航などにより発生した費用の一部を負担する「航空便遅延保障」等、充実した保障が付帯するものも。
旅行や出張で海外へ行くことが多い人や、ネットショッピングを頻繁に利用する人は、万一に備え、付帯保険が充実したクレジットカードを利用するのも一つの方法です。

編集部おすすめ!付帯保険が充実したクレジットカード

JALカードSuica画像

JALカードSuica 公式サイトへ行く

JALカードとSuicaが一体型になった年会費2,160円(税込)のクレジットカード。最大1,000万円が保障される国内・海外旅行保険が付帯する。さらに、海外で病気・怪我をした際に利用できる、24時間365日対応の海外総合サポートデスクのサービスも実施しており、保険金の請求方法、最寄りの病院紹介などの相談に乗ってもらえる。
マイルは、200円につき1マイル、特約店の場合200円で2マイルを付与。貯めたマイルはSuicaへの入金や航空券との交換、搭乗クラスのアップグレードなどに利用できる。JALをよく利用する人におすすめの1枚。

年会費 2,160円(税込)※入会後1年間年会費無料!
ポイント還元率
  • 通常:0.5%(※ショッピングマイル・プレミアムに加入の場合1% 年会費3,240円)
付帯保険
  • 海外旅行保険:最大1,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最大1,000万円(自動付帯)
付帯サービス
  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの10%プラス 等

JALカードSuica

クレジットカードの年会費を無駄にしない方法はいかがでしたでしょうか?
年会費がかかるクレジットカードを持つことは、年会費無料のクレジットカードに比べ、ややハードルが高く感じられるかもしれませんが、その分、クレジットカードを上手に活用することで、年会費以上のメリットを受けることができます。

お得度の高いクレジットカードを利用したいと考えている方は、本特集を参考に、自分に合った一枚を見つけましょう。