携帯向けクレジットカード ランキング 口コミ

携帯電話料金がお得になるクレジットカードを比較!みんながおすすする携帯向けクレジットカードはどれ?

みなさんは携帯電話の料金に毎月幾ら支払っているか把握されていますか?一人当りの利用額が月5,000円だったとすると年間6万円、家族が3人なら家族割を考慮しても10万円以上支払っていることになります。この金額は多くの場合、水道代や光熱費よりも高額です。携帯向けクレジットカードは携帯料金をスリム化する効果があります。特に携帯電話をよく使う人は要チェックですよ。 ※ランキングロジックについてはこちら

dカードdカード GOLD(※旧DCMXカード・DCMX GOLD)

口コミを投稿

dカード・画像 dカード GOLD・画像

  • visa
  • master

dカード
▲ 一般カード
▼ ゴールドカード

総合得点 4.6

携帯割引
保障
付帯サービス
年会費
人気
年会費 無料※次年度以降も1回以上のカード利用で無料

dカード 公式サイトへ

dカード GOLD 公式サイトへ

「NTTドコモ」が発行するNTTドコモの携帯ユーザー向けクレジットカード。年会費は初年度無料、2年目以降もカードの利用で無料になる。ETCカードも無料で発行できる。他の携帯向けクレジットカードと比較してもサービス内容が充実しており、NTTドコモユーザーであれば必携の1枚と言えるだろう。
dカード最大の特徴は、どこで利用しても1%という高いポイント還元率とドコモの会員ステータスが優遇される点だろう。dカードに入会すると、入会当初からドコモプレミアムクラブの会員ステージがブロンズ(※通常はドコモ継続利用期間10年以上が条件)からスタートし、映画やレジャー施設、レストラン等で割引が受けられるスペシャルクーポンの提供や、ステージ特典としてボーナスポイント(※ブロンズステージの場合1,500ポイント)の適用を受ける事ができる。年会費無料ながらカード保有のみで毎年ポイントがもらえるサービスは特筆すべき特徴と言えるだろう。
この他にも購入から2年以内に偶然の事故により携帯が紛失・盗難または修理不能になった場合の修理費用をサポートするdカードケータイ補償サービス、dカードで購入した商品の破損・紛失を補償するお買物あんしん保険等、付帯保障は年会費無料カードの中でもトップクラスの充実度。さらに2015年6月からローソンの買い物にdカードもしくはdカードGOLDを利用すると、もれなく3%の割引が受けられるサービスを追加。今後はドコモポイントをポンタに交換できるサービス強化も予定している。
ドコモの携帯を利用しているユーザーであれば持っておくべきクレジットカードである事は間違いない。

ドコモの携帯料金が家族合わせて1万円を超える場合は、dカード・GOLDがお薦め。年会費が1万円+税かかるが、dカード・GOLDはポイント還元率が入会時から10%になるので、携帯料金の支払いだけで12,000ポイント貯める事ができ、年会費は十分回収できる。さらに無料の空港ラウンジサービスや10万円まで補償が受けられるケータイ補償に加え、USJのドコモプレミアムラウンジを利用でき、アトラクションに優先乗車できるプレミアムクーポンのプレゼント等、サービス内容は一般カードを圧倒している。

カードの特徴・詳細

年会費 無料※次年度以降も1回以上のカード利用で無料
携帯代割引ここがポイント NTTドコモの契約年数及びdポイントの獲得状況に応じてステージが決定。dカード保有者はブロンズからスタート、dカードGOLD保有者はゴールドからスタートし、利用額1,000円につき10%ポイント還元!さらにステージ特典ボーナスプレゼント!(ブロンズ1,500ポイント、ゴールド3,000ポイント)
その他特典
  • dカードで購入した商品の破損・盗難を補償するショッピングガード保険
  • 購入から2年以内の携帯の偶然の事故による破損・紛失・盗難時、修理費用をサポートするdカード安心ケータイ補償

入会特典

dカードGOLD・キャンペーン画像

【期間限定】新規入会キャンペーン

キャンペーン期間中にdカードGOLDの新規入会し、エントリーすると、もれなく2,000円分のiDキャッシュバック!さらに入会月含め、2月以内に2万円以上カードを利用すると8,000円分、カード入会月の翌月までに「こえたらリボ」と「キャッシングリボご利用枠」を設定するとさらに2,000円分、合計で最大12,000円相当をもれなくプレゼント!(2017年9月30日終了)

ユーザーの口コミ

38才・男・IT
現時点では言葉がいらない程、他のキャリアを圧倒するお得度があるクレジットカードだと思う。スマホ料金の割引度合いがまず全然違う。携帯料金の10%ポイントという事は10%OFFと同じ。さらにローソン等のコンビニでも自由になれば、お得度だけではなく、利便性でもこのカードがトップに立てると思う。

参考になった0

32才・男・情報・通信
ゴールドの場合、携帯利用代金の10%という圧倒的なポイント還元率。うちは家族みんなで月2万円以上いくので、これだけで年間2万4千円戻ってきます。あとDCMXはノーマルカードとゴールドカードでサービス内容が全然違うので、絶対ゴールドのほうが良いと思います。

参考になった3

20才・男・大学生
私の場合、学生カードとして使ってます。年会費も実質無料ですし、ポイント還元率も高いので学生が持つカードとしても優秀だと思います。iDもついているのでコンビニの支払いなどでも便利です。大学を卒業したらアップグレードしてゴールドカードを持つ予定です。

参考になった1

35才・男・会社員
私もDCMX・GOLDカードがお薦めです。ポイント還元については他の人が口コミされている通りですが、このカードの一番の魅力はUSJの優待でしょう。最近は抽選になってしまいましたが、毎月5万名にスタジオパスやドコモラウンジに利用券が当るのでかなりお得で当りやすいです。これだけで数万円の価値はあると思います。

参考になった0

37才・女・営業
DCMXカードからDCMXGOLDカードへの乗り換え組です。やはり大きいのは入会初年度からドコモプレミアクラブの最上位のゴールドステージが適用される点。10%還元は本当に大きい。家族でドコモを使っていればこれだけで元は余裕で取れます。

参考になった0

30才・男・会社員
普通にクレジットカードで支払ってもiDで支払ってもポイント1%還元なので、お得度の高さは他のカードと比較してもかなり高いと思う。年会費実質無料でETCカードや家族カードを発行できる点も便利。

参考になった0

32才・男・会社員
ドコモユーザーではありませんが、ローソンを使う機会が多い事もあり、dカードに入会。ローソン以外でも1%はポイントが貯まりますし、使い勝手が良いので満足はしているのですが、ドコモ系のサービスを利用していればもっとお得になるので、損してなくても何となく損した気持ちになってしまいます。ドコモユーザーだったらdカードゴールドのほうがお得だと思いますが、ドコモを使っていない人が作る場合はdカードで十分です。

参考になった0

32才・男・会社員
ドコモのポイント還元が主体なので、使えば使うほどドコモに囲い込まれている気がする。ただローソンでの3%OFFや今後ドコモポイントを他のポイント(ポンタ?)への相互交換に対応する予定らしいので、ドコモに完結しないサービスになるようであれば、他のクレジットカードと比較してもお得度がアップすると思う。

参考になった0

VIASOカード

口コミを投稿

VIASOカード・画像

  • master

VIASOカード

総合得点 4.5

携帯割引
保障
付帯サービス
年会費
人気
年会費 無料

公式サイトへ

VIASOカードは三菱UFJニコスが発行する年会費無料のクレジットカード。NTTドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイルの携帯・PHS料金、ETC料金、プロバイダ料金の支払いでポイントが2倍貯まる特典が付帯。携帯のみに特化している訳ではないが、キャリアを問わずお得に使えるクレジットカードとして高い評価を獲得している。
VIASOカードの魅力は、携帯料金の支払いでポイントが2倍の1%貯まる特典に加え、VIASOeショップ経由で楽天市場及びYahoo!ショッピングを利用するとポイント還元率が5倍の2.5%貯まる点だろう。その他にもVIASOeショップにはAmazon、西友、ベルメゾン、DHCなど、様々な店舗が参加しており、VIASOeショップ経由で買い物することで、ポイント還元率がアップ。また年会費無料ながら最高2,000万円の海外旅行障害保険が付帯する点も評価できる。
携帯キャリアが発行するクレジットカードの弱点は、キャリア変更時にクレジットカードを乗り換える必要がある点だが、VIASOカードであればその必要はない。携帯料金はもちろんだが、ETC、プロバイダ、ネットショッピングなどでクレジットカードを利用する機会が多い方は、VIASOカードが有力な選択肢の一つになるだろう。

カードの特徴・詳細

年会費 無料
携帯代割引ここがポイント 携帯料金をカードで支払うとポイント2倍※更にETC、プロバイダの利用料金の支払いでもポイント2倍
その他特典
  • 海外旅行傷害保険2000万円 無料付帯
  • ショッピングパートナー保険(購入日から90日間、年間100万円まで。楽Pay登録期間中のみ自動付帯)
  • NICOSネットセーフティー保険(インターネットで利用した際の不正利用時の損害を補償)

キャンペーン情報

VIASOカード・キャンペーン画像

【期間限定】VIASOカード新規入会キャンペーン

キャンペーン期間中にMasterカードブランドのVIASOカードに新規入会し、入会から3か月後の末日までに15万円以上ショッピングでカードを利用すると、もれなく9,000円相当のVIASOポイント、さらに楽Payへの登録で1,000円相当のVIASOポイント、合計で最大10,000円相当をもれなくプレゼント!(対象期間:カード入会から3か月後の末日まで)

ユーザーの口コミ

33才・男・広告代理店
私自身が携帯電話をほとんど2年単位で乗り換えているということもあり、キャリアとの提携クレジットカードではなく、キャリアを問わずお得になるVIASOカードを使っています。VIASOカードは3大キャリアだけではなく、イーモバイルもポイント2倍の対象になっているので、今後利用者が増えればそのうち格安スマホも対象になるのではちょっと思っています。もし家族でドコモを使っている場合は、私の場合は10%という驚異的な還元率のdカードゴールドを使うと思いますが、それ以外のキャリアであれば、万一乗り換えた場合の大変さも考慮し、このVIASOカードをおすすめします。

参考になった0

31才・男・小売業
携帯キャリアが発行していない一般カードの中ではVIASOカードがお得だと思います。携帯料金に関してはキャリアを問わず、ポイントが2倍の1%になりますし、ポイントを溜めやすく、オートキャッシュバックなのでポイントを交換し忘れるということもありません。カード入会キャンペーンも充実しているので、上手く活用すれば、相当お得だと思います。

参考になった0

31才・男・小売業
携帯キャリアを乗り換えたり、格安スマホに乗り換える可能性がある人はVIASOカードの様などのキャリアを使ってもお得なカードがおすすめです。私もどこにするか散々悩んだ挙句にこのカードを選びました。こまめにカードを乗り換えるのがそれほど手間でなければキャリア発行のカードが一番だとは思います。

参考になった0

40才・男・IT関連 | 2017年9月13日
現時点ではY!MOBILE(ワイモバイル)でポイント還元率がアップする唯一のクレジットカードだと思います。携帯代の支払いでポイント2倍というクレジットカードは探せばいくつかありますが、そのほとんどがドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアで格安スマホは対象外。VIASOカードはこの3大キャリアに加え、ワイモバイルも対象になっているので、そこはワイモバイルユーザーとしては嬉しい。ポイント還元率は1%ですが、VIASOカードはオートキャッシュバックなので、ポイントを無駄にすることもありません。ネットショッピングの利用で最大10%のポイント付与もありますし、全体的にお得度の高いくじレットカードだと思います。

参考になった0

34才・男・出版
単純に携帯代の利用でお得にポイントを貯めたいのであれば、やっぱりキャリアが発行するクレジットカードが一番だと思います。VIASOカードだったりP-oneWizのようなクレジットカード会社が発行するクレジットカードはそれ以外の用途でもカードを使い、その用途が自分に合っている人向けです。そこがマッチするかどうか、きちんとページ内の情報を確認し、申し込みましょう。

参考になった0

NTTグループカード

口コミを投稿

NTTグループカード・画像

  • visa
  • master

NTTグループカード

総合得点 4.5

携帯割引
保障
付帯サービス
年会費
人気
年会費 無料(※WEB明細希望の場合)

公式サイトへ

NTTグループのNTTファイナンスが発行する携帯ユーザーをメインターゲットにしたクレジットカード。年会費はWEB明細を希望の場合、永年無料(※紙明細希望の場合は、年会費1,260円)。Yahoo!ファイナンスが実施したクレジットカードランキングで4年連続1位を獲得したこと実力派カードの一つ。
NTTグループカードの魅力はNTTグループのサービス利用者への割引特典が充実している点。割引率はカードの利用額に応じて決まる仕組みになっており、NTTグループの利用料が大幅に割引になる。
また、独自のサービスとしてオンラインショッピングによる被害を保障(年間100万円まで)するオンラインショッピング安心サービスや、出光のサービスステーションでガソリン代が1リットル当たり2~40円割引になる出光キャッシュバックサービス等、様々な特典が付帯
NTTグループのサービスを利用している場合、保有を検討する価値があるクレジットカードの一つ。

NTTグループカードは、ワンランク上のクレジットカード、NTTグループカードゴールドの発行も行っている。NTTグループカードゴールドも、携帯料金がキャッシュバックになる仕組みは変わらないが、ノーマルカードにはない海外旅行傷害保険、ショッピング保険、空港ラウンジサービスが無料付帯。通常は5,250円の年会費がかかるが、年間100万円以上のカード利用で次年度無料、150万円以上カードを利用すると家族カードの年会費も無料になる。

カードの特徴・詳細

年会費 無料(※WEB明細希望の場合)
携帯代割引ここがポイント カード利用額に応じてNTTグループの利用料金が大幅に割引に
その他特典
  • オンラインショッピングの不正利用被害を年間100万円まで補償
  • 出光のガソリン代が2~40円割引になる出光キャッシュバックサービス
  • OCNの利用料金も最大60%OFF

おすすめ情報

NTTグループカード・キャンペーン画像

NTTドコモ含む、NTTグループの通信料金の支払いにカードを利用すると、200円につき2ポイント付与!さらに累計5,000ポイント獲得するごとにボーナス500ポイント!

ユーザーの口コミ

以前の口コミを表示(1件)

38才・男・不動産
年会費無料だし、携帯電話だけじゃなくOCNやNTTの電話料金を含めた割引サービスがある。ガソリン代も最近また高くなっているので出光で割引が受けられるのは嬉しい。

参考になった0

31才・男・医療関係
カード利用額が少ない人にとっては他のカードのほうが間違いなく還元率は高い。ただ、NTTのサービスを利用し、カードの利用額が多い人は最強のカードの1枚になる。60万は無理でもカードを月30万使えば、年間50,400円お得。還元率は約1.4%と最強の1枚と言える。

参考になった0

ユーザー情報なし
年間5,400円以上お得という試算例がありますが、ガソリン代を1ヶ月2万円以上使う方ならガソリン4円引き以上/リッターになる為、実際はそれ以上にお得だと思います。オススメです。

参考になった0

32才・男・会社員
ドコモの利用料金を割引にするためのカードというより、NTTグループの利用料をトータルで割引にするカードです。そのためにはこのカードをメインで利用する必要があります。あとその他の特典として出光でリッター最大40円のキャッシュバックがある。石油会社のカードじゃないのにこの割引率はスゴい。

参考になった0

34才・男・会社員
このカードをメインで使っています。カード利用額に応じて割引率が決まるのである程度カードを利用し、NTTグループのサービスも使っているというフラグが必要。私の場合、ドコモの携帯を家族で毎月2万円くらい使っているのでNTTグループカードにしてから年間1万~2万は得していると思う。

参考になった0

49才・女・主婦
オンラインショッピングでよくカードを利用するのでオンラインショッピング保障がついているのは安心。

参考になった0

40才・男・広告関連 | 2017年5月31日
以前ドコモを使っていたときに持っていたのがこのカードでした。プロバイダもOCNでしたし、月1万円以上NTTグループのサービスを使っていて、クレジットカードの利用もNTTグループカードにまとめていたので、その時は毎月500円~1,000円位はキャッシュバックがあったのですが、カード利用額が少ないとキャッシュバック率が途端に落ちてしまう点がネックでした。ドコモのスマホ料金を圧縮したいのであれば、やはりdカードGOLDが一番おすすめです。

参考になった0

37才・男・IT関連
以前はNTTドコモの携帯料金が割引になる唯一のクレジットカードでしたが、dカードが発行されてからというものの非常に影が薄いカードになってしまっています。OCNを使っていて、NTTドコモも使っているという方なら、両方で割引が効くのでまだ使い勝手は良いですが、NTTドコモだけ使っているという方であれば、素直にdカードGOLDが最もお得度の高い選択肢だと思います。

参考になった0

33才・女・主婦
単純にポイント還元率を比較するとオリコカードやポケットカードに比べると劣る。OCNやドコモを使っていない人にとっては魅力が落ちる。

参考になった0

30才・男・出版
ポイントサービスが新しくなっておまとめキャッシュバックコースになったお陰で、利用額に対する割引率が変更になり、利用額が少ない人にとっては還元率がダウン。10万円位コンスタントにカードを使わないのであれば、魅力に乏しくなった。

参考になった0

Softbankカード

口コミを投稿

Softbankカード・画像

  • visa

Softbankカード

総合得点 4.4

携帯割引
保障
付帯サービス
年会費
人気
年会費 無料

公式サイトへ

ソフトバンクとVISAが提携し発行する携帯向けクレジットカード。年会費は永年無料。
Softbankカードを利用すると、カード利用額200円につき1ポイントだが、おまかせチャージの利用設定を行うとポイントが2倍の100円につき1ポイントになる。ポイントはTポイントとして貯まるので使い勝手が良い点もSoftbankカードの特徴の一つ。さらに買い物するVisa加盟店がTポイント提携先の場合、ボーナスポイントを貰う事できる。
プリペイド型のカードなので、12歳からカードを保有できる点もSoftbankカードの大きな特徴(※おまかせチャージを使用する場合は18才以上)。誰にでも持てる携帯向けクレジットカードとして、高い人気を獲得している1枚。

カードの特徴・詳細

年会費 無料
携帯代割引ここがポイント カード利用額200円につき1ポイント(おまかせチャージ利用で100円につき1ポイント)
その他特典
  • 提携先で利用した場合、さらにボーナスポイントプレゼント!
  • 12歳からカード発行可能(おまかせチャージ利用時は18歳以上)

ユーザーの口コミ

39才・男・会社員
100円で1Tポイント貯まりますし、結構提携店舗が多くてENEOSでポイント5倍、Amazonでポイント5倍とかやってるので実質ポイント還元率が2.5%という事もよくあるのでキャンペーン情報を定期的にチェックする事をおすすめします。

参考になった1

31才・男・IT関連
クレジットカードと言う位置づけなのかは微妙なところですが、このカードでクレジットカード決済し、ふるさと納税すると100Tポイントもらえたり、ファミマで使うとポイントが10倍になったりとお得度で言えば間違いなく、携帯向けのクレジットカードの中でも一番だと思います。ソフトバンクユーザーなら持たない理由はないと思います。

参考になった0

17才・女・高校生
高校生でも作れますし、クレジットカードのような使い方ができるので利便性は高いと思います。私は結構ポイントが貯まらないというのがいやでたくさんポイントカードを持っていましたが、最近はこのカードに集約しています。

参考になった0

38才・男・営業
デビットカードっぽいけどチャージして使うクレジットカードというか、でもオートチャージもできるのでクレジットカードというか。。。実店舗だけではなくネットでも使えますし、ケータイの通信料でもTポイントが貯まります。オートチャージ設定にしておけばポイント還元率は1%なので、他の携帯向けのクレジットカードと比較してもそん色はないと思います。

参考になった1

33才・男・経理
ソフトバンクのポイントがTポイントに統合されたのは良いが、年会費無料のプリペイドカードになったのは理解に苦しむ。カードを使うたびにチャージがいるし、その仕組みが面倒。お任せチャージという使い方もあるが、自動的にチャージできるのならなぜこのカードをクレジットカードにしないのか?本当に理解不能な改悪です。。。

参考になった0

au WALLET クレジットカード

口コミを投稿

au WALLET クレジットカード・画像

  • visa
  • master

au WALLET クレジットカード

総合得点 4.4

携帯割引
保障
付帯サービス
年会費
人気
年会費 初年度無料(※次年度以降も条件を満たせば無料)、次年度1,250円

公式サイトへ

auとクレジットカード会社が提携し発行する携帯向けクレジットカード。年会費は初年度無料、2年目以降もauの携帯料金(KDDI利用料金)の支払いに利用すると無料になる(※auの携帯料金、KDDIの携帯料金の支払いに利用していない場合1,250円)。
auWALLETクレジットカードを利用すると、カード利用額200円につき2ポイント、auの携帯料金の支払いで1,000円毎に10ポイント貯まり、ダブルでポイントを貯める事ができる。貯めたポイントは1ポイント1円換算でクレジットカードの請求に充当できる他、好きな商品との交換やネットショッピングする際の費用に充当、デジタルコンテンツの支払い、携帯電話の機種変更・購入・オプション品購入等にも利用する事ができる。
また、その他のサービスとしてETCカードも無料で発行できるほか、海外旅行傷害保険やショッピング保険、ネットセーフティサービス等の保障が付帯(※発行カード会社により付帯するサービスが異なる)。
サービス内容も充実しているのでauユーザーにとっては大きな魅力がある携帯向けクレジットカードだろう。

カードの特徴・詳細

年会費 初年度無料(※次年度以降も条件を満たせば無料)、次年度1,250円
携帯代割引ここがポイント カード利用額200円につき2じぶんポイント(au携帯料金は1,000円につき10ポイント)。貯めたポイントはクレジットカードの利用料金への充当やデジタルコンテンツの購入、商品との交換など、様々な用途に利用可能
その他特典
  • ETCカード無料発行
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険

キャンペーン情報

au WALLET クレジットカード・キャンペーン画像

新規入会&利用キャンペーン

新規入会&利用で最大10,000円相当のポイントプレゼント!

ユーザーの口コミ

26才・女・会社員
多分他の携帯キャリアが発行しているカードと比較してもポイント還元率は1番だと思います。特にauの利用料金については3%還元ですし、ポイントを1ポイント1円換算でじぶん銀行の口座に入金できる点も便利です。単純に携帯端末代を値引きしてもらうよりよっぽど使い勝手が良い。他の人も口コミしていますが年会費も無料だしauを使っているのであれば、持たない理由はないと思います。

参考になった0

33才・女・会社員
au料金の支払いだけでなく、カードについているQUICPayの利用代金もじぶんポイント付与の対象となるので、すぐポイントがたまります。貯まったポイントもauも料金支払いに使う事ができるので、auユーザーなら持っておくべき1枚だと思います。

参考になった0

28才・男・会社員
auで利用する分にはかなりお得度は高いです。実質3%還元ですから。それ以外でも1%還元なので他の携帯向けクレジットカードと比較してもかなりお得な部類に属していると思います。

参考になった0

28才・男・会社員
携帯クレジットカードとしてのお得度はぼちぼちだと思いますが、Edyのチャージでポイントが減額されずに貯まる数少ないクレジットカードになっている。そういう意味では貴重。auユーザーでEdyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを持っていない人は持っておく価値あり。

参考になった0

27才・男・会社員
じぶん銀行の口座との連携ができなければキャッシュバックが受けられないので必然的にじぶん銀行の口座を作る必要がある。こういう抱き合わせのサービスを私はあまり好きではない。

参考になった1

25才・男・会社員
2014年4月30日で一旦カードの申し込みを停止しています。なぜ?!カードに入会しようと思ったのに。。。今auの携帯料金がお得になるクレジットカードはありません><

参考になった0

その他の携帯向けクレジットカードの口コミ

(2)Cedyna Jiyu!da!

公式サイトへ

31才・男・会社員
Cedynaが発行するリボ専用のクレジットカードで年会費も無料です。このカードで携帯代を支払うとポイントが3倍貯まります。海外での利用でもポイントが3倍になるので結構お得度が高いと思います

参考になった1

34才・女・専業主婦
携帯キャリアが発行していないクレジットカードの中ではセディナカードのお得度が最も高いと思います。実質1%以上のポイント還元率ですし、セディナカードはダイエーやイオンでもオトクに使えるので、利便性は高いと思います。

参考になった0

(1)三井住友VISAアミティエカード

公式サイトへ

33才・女・専業主婦
携帯料金の支払でポイントが2倍になりますし、国内・海外旅行傷害保険やショッピング補償も付帯しています。ネックは女性しか申し込めない点ですが、女性なら検討する価値があるカードだと思います^^;

参考になった0

(1)楽天カード

公式サイトへ

41才・男・出版関連
携帯向けというか、厳密にいうと格安スマホで圧倒的に人気がある楽天モバイルに関してですが、楽天カードユーザーが楽天モバイルを利用すると楽天市場でのポイントが2倍貯まります。そもそも楽天カードはポイント還元率が1%と高いですが、楽天モバイルの場合、2%還元になるのでお得度はかなり高いと思います。3大キャリアもそうですが、今後は携帯(というかスマホ)向けクレジットカードというと、格安スマホの料金がお得になるかどうかが重要になる気がします。

参考になった0

(9)さくらtypeセレクトJCBカード

35才・男・会社員
JCBカードの本体では既に受付を終了しているので申込みをすることができない。つまり、このカードを作ろうと思ったらさくらカードから申し込むしかない。携帯やコンビニでも利用が多い人ならポイントをためやすいし、年会費無料で付帯保障がしっかりついているカードはもはや少ないのでお得度は高い。

参考になった0

33才・男・会社員
知る人ぞ知るお得なクレジットカードだと思う。携帯のポイント2倍特典が終わるところもでてきているがここは更にコンビニ、ETCとカードが活躍する場面で優待が受けられる。良いカードだと思う。

参考になった0

29才・男・会社員
携帯電話の料金が安くなるだけじゃなくコンビニやETCので利用でもお得になるカードは他にないのでは?ETCカードも無料だし、保障も充実しているのでお得度はかなり高いと思います。

参考になった0

35才・男・会社員
もともとはJCBのプロパーカードとしても発行されていましたが、JCBはなぜか発行しなくなったので今ではさくらカードでしか作れないカードになっています。JCBブランドで年会費無料、且つポイントの貯まり方が良いので重宝しています。

参考になった0

35才・男・出版関連
JCBブランドでスペックが良くて無料というのはこのカード以外まずないと思います。一番大きいのは国内・海外旅行傷害保険だけじゃなくショッピングガード保険も付帯して年会費が無料という点だと思います。携帯料金やETC利用分もポイント2倍になるので上手く使えば相当お得だと思いますヨ。

参考になった0

30才・男・会社員
当たり前ですが携帯電話会社が発行するクレジットカードを使うのが一番お得です。ただキャリアを変更したりする場合、そのカードがいらなくなる可能性があるのも事実。そういう意味ではさくらカードも含め他のカードにしておくのほうが良いかもしれない。最近は携帯の支払でポイントを優遇するところが減っているのでさくらカードも良いと思う。

参考になった0

28才・男・出版関連
携帯料金でポイントが優待されるカードが最近減ってきているのでさくらTypeSelectは貴重だと思う。実質年会費無料なのも良い点。ただ、お得度と言う観点で総合的に考えるとまだお得なカードはあるのでこれがベストかと言われれば微妙ですね。

参考になった0

37才・男・IT
携帯向けクレジットカードというより携帯でもちょっとお得なクレジットカードという表現のほうが正しい。純粋に携帯代の割引に使用するのであればキャリア発行のクレジットカードが一番。

参考になった0

31才・男・通信メーカー
携帯電話でのお得度で比較するのであればやっぱりキャリアが発行するクレジットカードにはかなわないと思います。ポイント還元率もあがってますし、スマホは料金も高いので携帯料金が家計に占める割合が大きいという人はキャリアが発行するカードの方が良いと思う。

参考になった0

(1)JAカード

公式サイトへ

39才・男・会社員
今ちょうどキャンペーンをやっていて、2016年3月31日までにカードを申し込むと、カード発行から1年間、三井住友VISAアミティエ同様に携帯料金の支払いに関してはポイントが2倍になります。あとは地味ですがカード入会とキャンペーン登録で1,000円だったり、細かいサービスは結構あります。付帯サービスに関してはそれほど見るべきところはありませんが、携帯料金の支払いという面に関しては効率良くポイントが貯まると思います。

参考になった0

(8)Softbankカード セゾン

22才・男・学生
このカードにはケータイ安心補償がついてきます。購入日から2年間、紛失や盗難、水濡れなどで全損になってしまっても買い替え費用の一部を補償してくれるので、安心です。カードを使って貯めたSoftbankマネーは提携サービスにポイント交換したり、利用代金へのキャッシュバックに利用することができるので、ソフトバンクユーザーは持っておかなきゃ損だと思います。

参考になった0

30才・男・会社員
ソフトバンクユーザーなら絶対作っておいたほうが良いと思う。年会費も無料だし、家族カードもETCカードも無料。ポイント還元率も1%と高い。1万円まで携帯の補償もついているので何かのトラブルの際にも対応してもらえます。私は携帯をトイレに流すという大技をしてしまい、このカードに入っていたお陰で負担が少なくてかなり助かりました。

参考になった0

55才・男・会社員
バツコミの意見に還元率1%でキャッシュバック手数料3%だからマイナスというのは理解していないか使っていない証拠です。キャッシュバックの金額に対しての 手数料なのでわずかです。(笑) 私はゴールドカードなのでポイント還元も多く、年会費くらいは軽くチャラになっています。アメックスの特典も充実しているので便利です。個人的にはオススメのクレジットカードです。ソフトバンク優勝もしたしね。

参考になった0

28才・男・会社員
携帯クレジットカードとしてのお得度はぼちぼちだと思いますが、Edyのチャージでポイントが減額されずに貯まる数少ないクレジットカードになっている。そういう意味では貴重なカード。また年会費が永年無料で補償が付いている点も評価できると思う。

参考になった0

30才・女・会社員
私はソフトバンクの補償を付けず、Softbankカードでその補償を代用してます。完全に代替できる訳ではありませんがSoftbankカードなら無料なので携帯代を節約できます。

参考になった0

32才・女・パート
先日ヨドバシカメラのソフトバンクショップで勧誘され入会しました。年会費無料で入会するとボーナスポイントがもらえるというのはやはり大きな魅力。また、セゾンのサービスが使えるので毎月5日と20日、西友の買い物が5%OFFになります。携帯補償もつくので損はないでしょう。

参考になった0

27才・男・アパレル関係
そもそもSoftbankマイレージの使い勝手が悪いので、ポイントを貯めてもあまり意味がないように思ってしまう。このカードでポイント貯めるより、ポイント還元率が1%を超えるカードで貯めたほうがお得だと思う。

参考になった0

25才・男・金融機関
Softbankにもカードができたというので注目していましたが少しがっかり。特にポイントサービスは他の携帯向けのクレジットカードと比較しても劣るかと。100円1ポイントですが交換時に3%の手数料が取られる事を考えると実質的な還元率は1%以下です。これではポイント還元率が高いカードにかないません。

参考になった0

(1)Softbankカード プレミアム

27才・女・携帯ショップ
Softバンクカードのゴールドです。年会費が10,500円と高いですが、ポイント還元率が1.5%にアップします。アメックス提携カードなので空港ラウンジも使えますが、家族カードが有料になるというデメリットもあります。

参考になった0

口コミ投稿

口コミ採用でAmazonギフト券100円分をプレゼント!

おすすめの携帯向けクレジットカード 編集部による総評

携帯向けクレジットカードランキングの1位はdカード(旧DCMXカード)でした。dカード(旧DCMXカード)はNTTドコモが発行する携帯向けクレジットカードです。数ある携帯向けクレジットカードの中でもポイント還元率の高さでは群を抜いており、基本ポイント還元率1%に加え、ドコモの携帯料金の支払いに利用するとポイント還元率が最大5%までアップします。。2位にランクアップしたVIASOカードは、携帯電話料金の支払いに利用するとポイントが2倍に。またキャリアを選ばない点や、ETCカードを無料で発行でき、ETCカード利用分もポイントが2倍にアップ。更にネットショッピングでポイント還元率が大幅にアップする点やショッピングセーフティ保険及び海外旅行傷害保険が無料付帯する点も大きな魅力です。同率2位にランクインしたNTTファイナンスが発行するNTTグループカードにも注目です。NTTグループカードは、ドコモの利用料金が最大で60%OFFになる魅力的なカードです。付帯サービスも充実しており、メインで利用するクレジットカードとしての実力も十分です。4位にランクインしたSoftbankカードと同率4位にランクインしたau WALLET クレジットカードもお得度の高いクレジットカードです。携帯のキャリアが発行している公式カードだけあり、それぞれのキャリアを利用した場合のポイント還元率の高さは他を圧倒しています
自分のライフスタイルに合った携帯向けクレジットカードを利用すれば、現在の携帯電話料金を大きく減らす事ができるはずです。年間1万円の削減に成功できれば10年で10万円以上得することになります。塵も積もれば山となる!携帯向けクレジットカードを活用してしっかりと得しちゃいましょう。

  • 携帯向けクレジットカードはクレジットカードランキング編集部調べです。
  • 掲載情報の詳細は携帯向けクレジットカードを発行する各社HPにてご確認ください。内容の変更等による損害は保証できません。
  • 口コミ情報は投稿者の意見です。あくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

その他の携帯向けクレジットカード