タッチ決済ができるクレジットカード、Visaタッチとマスターカード、JCB、アメックスを比較

タッチ決済ができるクレジットカードのおすすめは?Visaタッチとマスターカード、JCB、アメックスのサービスを比較

タッチ決済ができるクレジットカードのおすすめは?Visaタッチとマスターカード、JCB、アメックスのサービスを比較

注目度が急上昇!クレジットカードのタッチ決済とは? タッチ決済ができるクレジットカードのおすすめは?

キャッシュレス決済の普及に伴い、決済するだけでポイントが貯まり、現金払いよりもお得度の高いクレジットカードの利用が増えています。その一方で、クレジットカードは店頭での利用時にサインや暗証番号の入力が必要な場合が多く、スマホ決済や交通系ICなどの電子マネーと比べると、決済が面倒だと考えている方も少なくありません。また、新型コロナの感染拡大に伴い、会計時に接触機会のあるクレジットカード払いを避けたいと考えている方も。

そこで賢く利用したいのが、クレジットカードの「タッチ決済(非接触決済)」です。
タッチ決済は、読み取りリーダーにクレジットカードをかざすだけで支払いが完了する決済方法のこと。決済スピードが速く、店員と接触する必要がないため、新型コロナの感染防止という観点からも注目されている決済方法です。

そこで、今回のクレジットカードランキングでは、タッチ決済が搭載されているクレジットカードに注目。クレジットカードの国際ブランドごとのタッチ決済機能を比較し、編集部おすすめのクレジットカードもご紹介します
タッチ決済機能がついたクレジットカードを新たに作りたいと考えている方や、この機会に乗り換えたいと考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

タッチ決済を導入しているクレジットカード会社をチェック! タッチ決済ができるクレジットカードのおすすめは?

タッチ決済を利用するためには、店舗がタッチ決済に対応した端末を導入している必要があります。例えば、Visaのタッチ決済「Visaタッチ」は、セブンイレブンやローソン等のコンビニ、イオンやダイエー等のスーパーマーケットの他、飲食店やドラッグストアで利用可能です。

ちなみに、一定金額を超える買い物の場合、本人確認を徹底する必要があるため、タッチ決済は利用できません。この場合、「サイン」または「カードリーダーでの読み取り+暗証番号の入力」が必要となります。タッチ決済は少額決済に向いた決済方法となっており、コンビニやスーパーなどでの買い物でスピーディーに支払いをしたい際に便利です。

スマホ決済と比較すると、アプリ不要で、カードをかざすだけで支払いが完了するため、手軽で便利な決済手段だと言えるでしょう。

クレジットカードの国際ブランドごとのタッチ決済機能

クレジットカードの国際ブランドによってタッチ決済機能の名称は異なっています。主なものは、Visaのタッチ決済「Visaタッチ」のほか、Mastercardの「Mastercardコンタクトレス」、JCBの「JCB Contactless」、American Expressの「American Express Contactless」など。

以下では、それぞれのクレジットカードのタッチ決済について簡単にご紹介します。
利用できる店舗例や、タッチ決済が搭載されているクレジットカードをチェックしましょう!

Visaのタッチ決済「Visaタッチ」

利用可能店舗 例
コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ポプラ等
スーパーマーケット:イオン、ダイエー、まいばすけっと、エブリイ等
ドラッグストア:ウェルシア、ミネ薬局
飲食:王将、タリーズ、HUB、マクドナルド、すき家等
その他:文教堂、ブックファースト、郵便局、イオンモール、ビブレ等
VISAタッチが利用できる主なクレジットカード
三井住友カード各種
楽天カード(Visaブランド)
イオンカード(Visaブランド)
JALカード(一部のもの) 他

マスターカードのタッチ決済「Mastercardコンタクトレス」

利用可能店舗 例
コンビニ:セブンイレブン、ローソン
スーパーマーケット:非公開
ドラッグストア:非公開
飲食:HUB、マクドナルド、ぐるなびPay等
その他:TSUTAYA、ZARA、Bershka、ブックファースト、文教堂、表参道ヒルズ、六本木ヒルズ、京王百貨店等
Mastercardコンタクトレスが利用できる主なクレジットカード
楽天カード(Mastercardブランド)
ジャックスカード
JAL Global WALLET 他

JCBのタッチ決済「JCB Contactless」

利用可能店舗 例
コンビニ:セブンイレブン、ローソン
スーパーマーケット:イオン、ダイエー、まいばすけっと、エブリイ等
ドラッグストア:非公開
飲食:HUB、82、マクドナルド、すき家、華屋与兵衛等
その他:文教堂、ブックファースト、郵便局、イオンモール、ビブレ等
JCB Contactlessが利用できる主なクレジットカード
JCBカード各種
ANAカード(一部のもの)
楽天銀行デビットカード 他

アメックスのタッチ決済「American Express Contactless」

利用可能店舗 例
コンビニ:セブンイレブン、ローソン
スーパーマーケット:非公開
ドラッグストア:非公開
飲食:マクドナルド、すき家、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ等
その他:Apple Store、ZARA等
American Express Contactlessが利用できる主なクレジットカード
American Expressプロパーカード
※ANAアメリカン・エキスプレスの提携カード、ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード等は非対応

【Visa、マスターカード、アメックス、JCB】
タッチ決済ができるおすすめのクレジットカードを比較!おすすめの1枚は? タッチ決済ができるクレジットカードのおすすめは?

タッチ決済機能を搭載しているクレジットカードは多数ありますが、年会費やポイント還元率、カード付帯保険や特典の内容等はそれぞれ異なります。タッチ決済ができるクレジットカードを利用したいものの、どれを選べば良いかわからないという方も多いはず。

そこで、タッチ決済を導入しているクレジットカードの中から、お得度が高いおすすめのクレジットカードを国際ブランド別にピックアップ。年会費やポイント還元率など、カードの特徴を比較し、ご紹介します。
タッチ決済ができるクレジットカードを作りたいと考えている方はぜひチェックしてみてください!

タッチ決済「Visaタッチ」を利用可能!おすすめのクレジットカード

三井住友カードA 画像

三井住友カードA 公式サイトへ行く

年会費 インターネット入会で初年度無料
翌年度以降、条件付き無料
…「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上の利用で年会費無料、または半額
※通常年会費1,375円(税込)
ポイント還元率 ワールドプレゼントポイント
  • 基本のポイント還元率:0.5%
    …月間のカード利用金額1,000円(税込)につき1ポイント付与
  • 「ポイントUPモール」経由でネットショッピングを利用するとポイント最大20倍にアップ
  • ポイント優待サイト「ココイコ!」で対象店舗へのエントリー後、買い物時にカードを利用するとポイント最大18倍にアップ
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • ショッピング補償:最高100万円
  • オンライン不正利用損害補償
  • 盗難・紛失補償
その他の特典 iD、WAON、PiTaPaに対応

入会キャンペーン
新規入会&Vpassスマホアプリログインで最大12,000円を還元

三井住友カードAは、三井住友カードが発行する最もベーシックなクレジットカード。年会費は初年度無料、次年度以降は年会費1,375円(税込)となっているが、次年度以降も「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上利用すると年会費無料、または半額となる。Visaのタッチ決済機能「Visaタッチ」を搭載しており、店舗での支払い時にタッチ決済を利用可能
三井住友カードAの特徴は、ネットショッピングと街での買い物の両方でお得にポイントを貯めることができる点。ポイントは、通常のカード利用金額1,000円(税込)につき1ポイント付与。三井住友カードのポイントモールを経由し、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング等のネットショッピングを利用すると、ポイント還元率が最大20倍にアップする点もチェックしておきたい。さらに、街でのショッピングも、ポイント優待サイト「ココイコ!」で対象の店舗へのエントリー後、カードを利用することで、最大18倍のポイント(※または最大8.5%のキャッシュバック)を貯めることができる。
貯めたポイントは、キャッシュバックでの利用に加え、他の提携ポイントや商品・ギフトカード等との交換に対応。その他にも1ポイント=3マイル換算でANAマイルに移行することもできる。
また、三井住友カードAは、旅行保険をはじめ、各種保険・補償が充実している点も大きな魅力。海外旅行傷害保険が無料付帯しており、最高2,000万円まで補償。ショッピング補償やオンライン不正利用損害補償、盗難・紛失補償等、その他の各種補償も充実している。
三井住友カードAは、Visaタッチを利用したいと考えている方はもちろん、メインカードとして使えるクレジットカードを探している方はぜひチェックしておきたいクレジットカード。

三井住友カードA

タッチ決済「Mastercardコンタクトレス」を利用可能!おすすめのクレジットカード

楽天カード(マスターカード) 画像

楽天カード(マスターカード) 公式サイトへ行く

年会費 永年無料
ポイント還元率 楽天スーパーポイント
  • 基本のポイント還元率:1%
    …カード利用100円につき1ポイント付与
  • 楽天カード加盟店での利用:ポイント還元率3%
    …カード利用100円につき3ポイント付与
  • 楽天市場での利用で100円につき3~16ポイント付与
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • その他:ネット不正あんしん制度、商品未着あんしん制度、カード盗難制度
その他の特典
  • 楽天edyが自動付帯
  • 旅行予約サイト「楽天トラベル」の国内宿泊が毎月1,000円割引
  • 楽天カードハワイラウンジが無料で利用可能

入会キャンペーン
新規入会&利用で最大6,000ポイントプレゼント

楽天カードは、楽天グループのクレジットカード会社「楽天カード」が発行する年会費無料のクレジットカード。マスターカードブランドの楽天カードには、マスターカードのタッチ決済機能「Mastercard コンタクトレス」が搭載されており、タッチ決済を利用して買い物をすることができる。
楽天カードの特徴は、ポイントサービスが充実している点。通常は楽天カードの利用100円につき、1ポイントを付与。楽天カード加盟店で利用すると、ポイント還元率が3倍にアップし、100円につき3ポイントを獲得できる。また楽天市場で利用すると、最大16倍までポイント還元率がアップする。また、スマホ決済「楽天ペイ」や、電子マネー「楽天edy」と結び付けることができ、クレジットカード以外の決済手段でもお得にポイントを貯められる点もうれしい。楽天関連サービスとの組み合わせ利用で、お得にポイントを貯めることができる点は、楽天カードならではの魅力と言えるだろう。
貯めたポイントは、1ポイント=1円換算で楽天関連サービスでの買い物や、楽天ペイでのポイント支払い、楽天Edyへの交換など、さまざまな方法で利用可能。月々のカード代金の支払いに、ポイントを充当することもできる。
さらに、楽天カードには海外旅行傷害保険や、ネットショッピング時でも安心な「ネット不正あんしん制度」、「商品未着あんしん制度」等の保険・補償が充実。加えて、楽天トラベルの宿泊割引や、楽天カードハワイラウンジの無料利用等の特典も付帯している。
タッチ決済を搭載している点に加え、年会費無料で利用でき、ポイント還元率の高い楽天カードは、まずチェックしておきたいクレジットカードの1つだろう。

楽天カード(マスターカード)

タッチ決済「JCB Contactless」を利用可能!おすすめのクレジットカード

JCBカードW 画像

JCBカードW 公式サイトへ行く

年会費 永年無料
ポイント還元率 OkiDokiポイント
  • 基本のポイント還元率:1%
    …月間のカード利用1,000円(税込)につき2ポイント付与
  • 「OkiDokiランド」経由でネットショッピングを利用するとポイント還元率が最大20倍にアップ
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 海外ショッピングガード保険:最高100万円
その他の特典
  • ETCカード、家族カードの年会費無料(※本会員が学生の場合は家族カード申し込み不可)
  • Apple Pay対応
  • QUICPay搭載
  • JCBプラザラウンジ
  • JCB旅行ガイドアプリ

入会キャンペーン

  • 新規入会&利用で入会後3カ月ポイント還元率が4倍にアップ
  • インターネット新規入会限定キャンペーン:家族カード新規入会やお友達紹介、スマリボなどの登録で最大14,500円分のポイントプレゼント
  • 新規入会でApple Pay または Google Payを利用すると最大5,000円をキャッシュバック!

JCBカードWは、JCBがWeb限定、39歳以下のユーザー限定で発行する年会費無料のクレジットカード。JCBのタッチ決済機能「JCB Contactless」を搭載しており、タッチ決済を利用可能。JCBカードWは、対象年齢を18歳~39歳(※高校生は除く)に限定しているが、解約しない限りカードは自動更新され、40歳以降も継続して利用することができる。
JCBカードWの特徴は、年会費永年無料ながら、常に1%以上という高いポイント還元率を実現している点。ポイントは、月間のカード利用額1,000円(税込)につき2ポイント付与。これは、他のJCBカードの2倍以上のポイント還元率となっている。また、ポイントモール「Oki Dokiランド」を経由し、AmazonやYahoo!ショッピング等のネットショッピングを利用すると、最大20倍ポイントを貯めることができる点も大きな魅力。セブンイレブンやスターバックスなど、ポイント特約店でカードを利用すると、獲得できるポイントが大幅にアップする点もチェックしておきたい。
貯めたポイントは、1ポイント=3~5円換算で電子マネーnanacoやTポイント等、提携先各社のポイントに交換できる他、ANA・JAL・デルタ航空のマイルへの移行にも対応している。
さらに、JCBカードWは、カード付帯保険も充実。海外旅行傷害保険や海外ショッピングガード保険が無料付帯しており、海外旅行や海外出張の際も役に立つ。
JCBカードWは、年会費無料ながら高いポイント還元率で利用でき、店舗でのショッピングの他、ネットショッピングや海外など様々なシーンでの活躍を期待できる。JCBのタッチ決済を利用したいという方はもちろん、初めてクレジットカードを作る20代の方や、ポイントを効率的に貯めたいという方におすすめの一枚。

JCBカードW

タッチ決済「American Express Contactless」を利用可能!おすすめのクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード 画像

アメリカン・エキスプレス・カード 公式サイトへ行く

年会費 13,200円(税込)
ポイント還元率
  • 基本のポイント還元率:1%
    …カード利用100円につき1ポイント付与
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション:年間最高500万円
  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション
その他の特典
  • ETCカード:初年度無料、次年度以降も年1回の利用で無料(※利用が無い場合は500円+消費税)
  • 海外旅行の際、往路復路それぞれ1個まで無料で荷物を宅配する手荷物無料宅配サービス
  • 空港ラウンジサービスが同伴者1名まで無料 等

入会キャンペーン
新規入会後、3カ月以内のカード利用で合計10,000ポイントプレゼント

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが発行するクレジットカード。年会費は13,200円(税込)。アメックスのタッチ決済機能「American Express Contactless」を搭載しており、タッチ決済を利用することができる
アメリカン・エキスプレス・カードの特徴は、実質無期限でポイントをお得に貯めることができる点。ポイントは、カード利用100円につき1ポイントを付与。ポイントの有効期限は最大3年間となっているが、貯めたポイントを一度交換すると、有効期限が無期限になる。また、年間3,300円(税込)のポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」に入会すると、ポイントの有効期限が無期限になるほか、航空会社のマイルやホテルのポイントプログラムへの移行レートが大幅アップ。さらにAmazonやApple、ヤフオク等の利用でボーナスポイントが貯まる点もチェックしておきたい。
アメリカン・エキスプレス・カードは、海外旅行をサポートするサービスが充実。海外旅行時の手荷物無料宅配サービスの付帯や、国内・海外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できる。また最高5,000万円まで補償する旅行保険が無料付帯。また、オンライン・プロテクション、ショッピング・プロテクション、リターン・プロテクション等、ショッピングを安心して楽しめる補償も多数付帯している点も嬉しい。
アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスのタッチ決済を利用できる他、ポイント還元率の高さや付帯保険・付帯特典の豪華さなど、利用するメリットが豊富なクレジットカード。新規入会後、3カ月以内のカード利用で合計10,000ポイントを付与する入会キャンペーンも実施しているため、ぜひチェックしておきたい。

アメリカン・エキスプレス・カード

タッチ決済とクレジットカード FAQ タッチ決済ができるクレジットカードのおすすめは?

クレジットカードのタッチ決済とは?

読み取りリーダーにクレジットカードをかざすだけで簡単に決済ができる「非接触決済」のこと。タッチ決済ができる端末が導入されている店舗で利用できる。ちなみに、一定金額を超える買い物の場合は、タッチ決済は利用不可。「サイン」または「カードリーダーでの読み取り+暗証番号の入力」が必要。タッチ決済は少額決済に向いた決済方法と言えるだろう。

タッチ決済のクレジットカードを使うメリットは?

クレジットカードのタッチ決済のメリットは、決済スピードが速い点。サインや暗証番号の入力が不要なため、スピーディーに決済できる。また、セキュリティ性が高い点もメリットの一つ。カードリーダーを通さず、また店員にカードを手渡すことなく決済ができるため、スキミング等の不正利用を防ぐことができる。
さらに、プリペイド型の電子マネーとは異なり、利用の際に残高を気にする必要がない点も便利なポイント。決済金額はクレジットカードでの支払いとなるため、チャージ不要で利用できる。

タッチ決済対応のクレジットカード会社は?

Visa、Mastercard(マスターカード)、JCB、American Expressなどのカードブランドがタッチ決済に対応している。タッチ決済機能を搭載しているクレジットカードは、国際ブランドによって異なるため、事前に確認することが重要。

まとめ タッチ決済ができるクレジットカードのおすすめは?

タッチ決済とおすすめのクレジットカードについてご紹介した今回の特集はいかがでしたか?
タッチ決済を使えば、小銭は必要ありません。また決済スピードが速く、店員にクレジットカードを手渡しすることなく決済ができるため、新型コロナの感染防止においても徐々に注目されています。
セキュリティ性も高く、店頭でスピーディーに決済することができるタッチ決済は、キャッシュレス化が進む今、ぜひチェックしておきたい決済方法です。

タッチ決済搭載のクレジットカードへの乗り換えを検討している方や、タッチ決済ができるおすすめのクレジットカードを探している方は、本特集を参考に、自分に合ったクレジットカードを見つけましょう!

Author : 西山さき
Hayakawa所属のライター・編集者。主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。