即日発行クレジットカードを比較

クレジットカードランキング
HOME >  ランキング一覧 > 即日発行クレジットカード

Rank即日発行クレジットカードランキング 口コミ

即日発行できるクレジットカードをランキング!ETCカードの発行に対応したカードも
急な海外旅行や出張の際、必ずもっておきたいのがクレジットカードです。クレジットカードが1枚あれば、多額の現金を持つ必要はありませんし、海外で様々なサポートや優待を利用する事ができます。通常クレジットカードは入会申し込みから2週間~1カ月程度かかりますが、即日発行クレジットカードで紹介しているクレジットカードは、いずれもカードの即日発行に対応しています。即日発行に対応したクレジットカードは数少ないですが、それでもそれぞれのカードに特徴があります。急いでいるので悩みたくないという方もいらっしゃるかもしれませんが、自分に合ったカードを作る事ができれば、その後もずっとカードは活躍してくれますよ。※急に車で出かける用事ができ、ETCカードが必要と言う人はETCカードの即日発行に対応したクレジットカードがおすすめです。

【期間限定】2つのAで世界が変わる「ANA・アメリカン・エキスプレスカード」誕生!新規入会特別キャンペーン実施中

セゾンカードインターナショナル

総合4.6

即日発行対応
5.0
カード審査
5.0
割引・ポイント
4.0
付帯サービス
4.0
人気
5.0

キャンペーン情報

期間中にJCBブランドのセゾンカードに入会すると、もれなく永久不滅ポイントを400ポイント(2,000円相当)プレゼント!

詳細open

セゾンカードインターナショナルは信販大手クレディセゾンが発行する即日発行に対応したクレジットカード。カードの年会費は永年無料。ETCカードも最短で即日発行できる等、他のクレジットカードと比較しても優位な点が多い。
カードを即日発行するためには、インターネット上で申し込みを行い、店頭受け取りを選択するとクレディセゾンからの確認電話がかかってくる。この電話を受け、申込者の確認が終わると入会審査が行われ、結果はメールで通知される。審査結果に問題がなければ最寄りのセゾンカウンターでカードを受け取り、即日発行が完了する。
サービス面を見てもセゾンカードはポイントを無期限で貯める事ができ、毎月5日・20日は西友・リヴィン・サニーの買い物が5%OFFになるなど使いやすい。即日発行に対応するクレジットカードの中でも最も利便性が高く、持っておいて損はないクレジットカードの一つだろう。

特徴open

即日発行する方法
①インターネットで申込み→ ②確認の電話を受領→ 審査結果メールを確認→ 所定のセゾンカウンターでカードを受け取り
ETCカード即日発行
可能※ただし郵送で1日~2日時間がかかる場合有り
カードブランド
VISA、Master、JCB
年会費
永年無料
ETCカード年会費・発行手数料
無料

口コミopen

いい口コミ
クレジットカードもETCカードも即日発行できる唯一のカード。しかも無料で(ETCカードに関しては、他の人も口コミされてますが、クレジットカードを即日発行し、受け取りの際にETCカードが欲しい旨を伝える必要があるので注意)。セゾンカードは流通系カードの中でも発行しやすいと言われているので、クレジットカードが初めてという人でも審査に通りやすいし、スーパーでの割引もそうですが、何気に使い勝手も良いので持っていて損をするということは100%ありません。それがこ即日発行できるクレジットカードの中でも評価されているのかなと思いました(といっても全部セゾン関連のカードですね)。(31才・男・ネット関連)
最近のクレジットカードは書面で返送しなくてもメガバンクや一部ネット銀行の商品が終われば1週間以内でカードが届くカードも出てきていますが、即日発行となるとさすがにハードルが高く、セゾンカードのように本審査が即日終わり、実店舗でカードが受け取れるものではなければ無理で、現時点ではセゾンブランドをおいてそれができるカードはないかと思います。即日にこだわらず、3日や1週間待てるならその他の選択肢も出て来るかと思いますが、即日にこだわるならほぼ1択なのが現状です。(32才・男・企画)
他の人が口コミされていないのでちょっとだけ裏技を。このカードですがクレジットカードだけではなく、実はETCカードも即日発行できます。そのための手順ですが、まずWeb経由でクレジットカードだけ申し込みます。そしてカードの発行が終わり、セゾンのカウンターでカードを受け取る際、ETCカードの即日発行を申し込みます。これだけです。思わずWebでETCカードも発行を申し込みそうになりますが、そうするとETCカードだけ郵送で送られてくるので、即日受け取る事はできません。ポイントはWebではあくまでクレジットカードだけにしておくという事です。これはセゾンのカウンターでも確認したので間違いなく使える技です。(38才・男・ITコンサル)
即日発行という側面から見ると間違いなくセゾンカードがベスト。カードの審査、発行のスピードの2つの観点から見てもセゾンカードしかほぼ選択肢はないと思う。他の流通系のクレジットカードの中にも店頭発行に対応しているものがあるが、ほとんどがその店舗でのみ使えるカードで、本カードは郵送されるものがほとんど。このカードは海外含めどこでも使えますからね。(41才・男・流通関係)
本当に即日発行できるのか、正直半信半疑でしたが無事発行でき、海外でも使えたので口コミしときます。私の場合は、朝申し込み、お昼頃審査結果の通知があり、夕方には受け取れました。私の場合、少し日程に余裕があったので翌日発行でも問題なかったのですが、即日受け取れた事で余裕を持って初の海外旅行の準備をする事ができ、良かったです。クレジットカードのお陰で現金をあまり多く持ち歩かずに済んだので、やはりカードは海外に行く際、必須だなと思いました。(24才・男・人材サービス)
初めて海外旅行に行く前にクレジットカードを持っていない事を友人に驚かれ、多額の現金を持つべきではないと言われカードを作る事に。まだ1週間位は余裕があったので即日作らなければいけないという訳ではなかったものの、2~3日で発行可能というカードを作って届かなかった時のリスクを考え、最終的にはネットで申込み、店頭で確実に受け取れるセゾンに。審査にも即日通り翌日にはカードを受け取る事ができ、旅行に間に合ってよかった。やっぱり海外ではクレジットカードがあると安心だし、かなり活躍してくれました(笑)無知と言うのは恐ろしい。(26才・男・会社員)

クチコミをもっと見る

中立の口コミ
概ね他に口コミされている方の意見に同意しますが、メインのクレジットカードとして使う分にはもう少しポイント還元率が高くなって欲しい。永久不滅ポイントと言う事で、ポイントに有効期限がない点は魅力ですが、3年でも良いので個人的にはポイント還元率を上げてほしい。(31才・男・メーカー勤務)
ホームページに書いてる通り、店頭で無事、即日発行できました。本当にその日のうちにクレジットカードが作れると思っていなかったので率直に驚きました。ただ今となってアメックスのほうが良かったかなぁと思ったりしてます。同じセゾンでも審査のラインが違うという事なので、アメックスで落ちたら意味なかったし、良かったとは思うのですが、ないものねだりですね^^;(25才・男・会社員)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

総合4.6

即日発行対応
5.0
カード審査
4.5
割引・ポイント
4.5
付帯サービス
4.5
人気
4.5

キャンペーン情報

期間中にセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードに新規入会すると、クレジットカードランキング限定でもれなく600ポイント(3,000円相当)キャッシュバック!(2017年1月31日終了)

詳細open

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、信販大手クレディセゾンとアメリカン・エキスプレスが提携し、発行する即日発行に対応したクレジットカード。カードの年会費は初年度無料、次年度以降もカードを年1回以上利用すると無料となっており、アメリカン・エキスプレスの提携カードの中でも破格の設定。またETCカードも最短で即日発行できる。
カードを即日発行するための流れはセゾンカードと同様で、インターネットから申し込み、店頭受け取りを選択、確認電話に対応した後に審査、発行という流れになる。カードの受け取りも同様に最寄りのセゾンカウンターで可能。
セゾンカードとの一番の違いはカードブランドがアメリカン・エキスプレスになるという点だろう。付帯サービスもセゾンカードの基本サービスに加え、海外利用分はポイント2倍、アメリカン・エキスプレス提携店舗優待、エクスペディア料金優待、オンラインでの不正利用を補償するオンライン・プロテクション等、アメリカン・エキスプレス提携カードならではの特典が付帯する。
即日発行に対応したアメリカン・エキスプレスブランドのカードはほぼないので、アメリカン・エキスプレスを持っていないユーザーであれば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは魅力的な1枚だろう。

特徴open

即日発行する方法
①インターネットで申込み→ ②確認の電話を受領→ 審査結果メールを確認→ 全国のセゾンカウンターでカードを受け取り
ETCカード即日発行
可能※ただし郵送で1日~2日時間がかかる場合有り
カードブランド
アメリカン・エキスプレス
年会費
初年度無料、次年度以降1050円※但し年1回以上カードの利用がある場合無料
ETCカード年会費・発行手数料
無料

口コミopen

いい口コミ
アメックスブランドでほぼ唯一?即日発行に対応したクレジットカードではないかと思います。出張先が米国の場合はやはりアメックスブランドのほうが信頼度は高いです(まぁ最近はVISAやMASTAERも大概使えますが)。今のところ即日発行できるのはセゾンブランドなので、あとはその中で何を選ぶかですね。海外旅行や海外出張でカードを作りたいんだけどと言う人にはそういう説明をしています。(32才・男・旅行代理店)
本当に即日発行に対応でき、日本でも海外でも使えるクレジットカードは現時点ではセゾンしかないそうです。百貨店やスーパー等で即日入会できるカードはありますが、あくまでそれは店舗限定であり、実際には本カードが届かなければ別の店舗では使えない仕組みになっています。セゾンもセゾンとセゾン・パールアメックスでは、審査と使えるお店が違ってくるので、あとは好みだと思います。(31才・男・出版関係)
アメリカ出張の前に作りました。即日発行できるアメリカン・エキスプレスのカードは確かにこれだけ。仮発行できるクレジットカードはありますが、きちんと発行が完了したカードでなければ海外では使えないと聞いたので必然的に選択肢はこの一つに。無事発行でき、出張先のアメリカでも問題なく利用できました。(34才・男・CE)
アメリカ出張の前にアメックスがあると何かと便利と効き、アメックス・セゾンに申込みました。私の場合、申し込んでカードカウンターに行ったのがその日ではなく、翌日でしたが本当にすぐに本カードを受け取る事ができました。他の人も口コミしていますが、アメックスはアメリカでは最も権威のあるクレジットカードブランドなので、大抵の店で使えますし、お得度はかなり高いと思います。急いでアメックス系のカードを作りたい人にはこの選択しかないと思います。(37才・男・会社員)
アメックスブランドで即日発行できるカードは多分これだけではないでしょうか?セゾンとの提携カードですが、海外でのアメックスの効果はやはり絶大で特に北米ではどこでも使えるし、対応も良いです。これはカードがその人の信用の度合いを表す米国の文化によるものだと思います。海外に行く用事があってすぐにカードを作りたいという人には個人的にはセゾン・パールが一番お薦めできます。(40才・男・会社員)
中立の口コミ
他の人も口コミされていますが、セゾンブランドのアメックス提携カードですが、審査がアメックスの基準なのではないかと思います。私は他のクレジットカード(JCBブランド)を持っていて、追加で欧米に強いアメックスを追加するために申し込んだのですが審査に落ちました。ただ即日発行できるだけあり、審査に落ちたかどうかも即日わかるので、そこは良かったです。(24才・男・メーカー勤務)
アメリカだとアメックスの受けがいいと聞き、即日発行に対応しているこのカードを申し込みましたが審査に落ちました。。。セゾン系列のカードは既に持っているので、アメックス独自の審査で落ちた可能性が高いのではないかと思ってます。カードに詳しい知人によれば複数枚、同じ系列で発行しようとすると弾かれる場合があるという事ですが。。。いろいろ調べてアメックスブランドですぐに発行できるのはこれくらいだったので残念です。ただ良いカードだとは思います。(22才・男・大学生)

ルミネカード

総合4.4

即日発行対応
4.0
カード審査
4.5
割引・ポイント
4.5
付帯サービス
4.5
人気
4.5

キャンペーン情報

期間中にオンラインからルミネカードに入会すると初年度年会費無料&モバイルSuicaの登録料も無料!さらに今だけ最大6,000円相当のビューサンクスポイントがもらえる特別キャンペーン実施中!(2017年4月30日終了)

詳細open

ルミネカードはJR東日本グループのクレジットカード会社「ビューカード」が発行する即日発行に対応したクレジットカード。カードの年会費は初年度無料、次年度以降は1,000円。ETCカードの即日発効には対応しておらず、申し込みから約2週間程度必要になる。
カードを即日発行する流れは、店頭に本人確認書類を持参し、申込書を記入すると30分程度で仮カードが発行される。その際口座振替書類と返送用封筒を受け取り、後日銀行口座を登録すると、約2週間で本カードが自宅に到着する。他のカードと異なり、発行されるカードはあくまで仮カードなので、カードの利用限度額が低く、一部店舗で使えないケースがある点には注意が必要。
ルミネカードの魅力は、ルミネでのショッピング(※本やDVDでもOK)や食事で利用するといつでも5%OFFになる他、年に数回10%OFFになるキャンペーンがある点だろう。またSUICAが付帯しており、定期券としても利用できるため、JR東日本を利用するユーザーであれば利便性は高い。
発行されるカードが当初仮カードになる点やETCカードに年会費がかかる点など、他の即日発行に対応したクレジットカードと比較すると利便性は落ちるが、ルミネやJR東日本を利用するユーザーにとって魅力あるクレジットカードである事は間違いない。

特徴open

即日発行する方法
①店頭に本人確認書類を持参し、申込書に記入→ ②約30分程度で仮カード発行→ ③口座振替書類と返送用封筒を受け取る→ ④口座振替書類を返送→ ⑤約2週間後に本カードが到着
ETCカード即日発行
不可※申し込みから約2週間後に自宅へ郵送
カードブランド
VISA、Master、JCB
年会費
初年度無料、次年度以降1,000円
ETCカード年会費・発行手数料
500円

口コミopen

いい口コミ
他の人がクチコミされている通りで、即日発行はできますが、他店で使うためには1週間位は待つ必要があります。ただカードとしての使い勝手はかなり良くて、SUICAが搭載されているのでポイントを貯めやすく、ルミネ商品券への還元率がかなり高いので年会費分は元を取れると思います。ルミネで利用した時のお得度は当たり前ですが、群を抜いてます。(28才・女・広報)
海外ですぐに使いたいという人でない場合は、ルミネカードがおすすめ。店頭ですぐに作れてすぐにルミネで5%OFFの特典が利用できます。さらにSUICAがついているのでSUICAのチャージでもポイントが貯められるのでお得度が高いです。他の人も口コミされてますが、ネットで入会キャンペーンをやってるときは店頭のキャンペーンより特典が良いので、私はそのタイミングで作りました。(27才・女・営業)
本当に即日発行してどこででも使える訳ではありませんが、店頭で入会して1週間程度でカードが届いたのでカードの発行スピードは他のクレジットカードより早いと思います。店頭でもキャンペーンをやっていますが、オンラインから入会したほうがお得なので少し入会まで余裕がある人向けのカードだと思います。(30才・男・飲食)
発行できるカードは本カードが届くまでルミネでしか使えないというデメリットはありますが、それでもルミネの10%OFFキャンペーン期間中であれば年会費は確実に元が取れるし、お得度はかなり高いですバーゲン時期であれば5,000円や1万円得できる事もあります。レストランや横浜であれば本も10%OFFになったりしますよ。(27才・女・企画)
中立の口コミ
ルミネ店頭で即日発行できるのでルミネで買い物したい人には最強カードである事は確か。ただ店頭よりもネットで加入したほうが特典が全然良いので、ネットで申し込んだほうがお得度は圧倒的に高いです。即日発行してもらったカードが他のお店でそのまま使える訳ではないので、そこは注意しないといけないと思います。(28才・女・営業)
確かにルミネの店頭で即日発行できますが、ルミネでしか使えないのと、大きな買い物を使用とするとルミネでも使えない(私の場合は10万円が上限でした)ので、かなり用途が限定されるクレジットカードだと思います。ルミネカード自体は良いカードだと思いますが、そこは注意したほうが良いですね。(27才・女・会社員)
悪い口コミ
確かに店頭で即日発行できますが、それは他の百貨店などのクレジットカードと同じです。基本的にはその場でしか使えないですし、後日郵送するかその場でもらった用紙に記入して引き落とし口座を登録しないと本カードが使えませんし、結局他のお店で使えません。本当に今週中にどこでも使えるクレジットカードがいるという場合には向いていません。(27才・女・営業)

PARCOカード

総合4.4

即日発行対応
5.0
カード審査
5.0
割引・ポイント
4.0
付帯サービス
4.0
人気
4.0

キャンペーン情報

インターネット経由でPARCOカードに申し込むと、PARCO各店で利用できるご優待券500円分をもれなくプレゼント!

詳細open

PARCOカードは、信販大手クレディセゾンと全国にショッピングモールを展開するPARCOが提携し、発行する即日発行に対応したクレジットカード。カードの年会費は永年無料。ETCカードも最短で即日発行できる。
カードを即日発行する流れはセゾンカードと同様でインターネットから申し込み、店頭受け取りを選択、確認電話に対応した後に審査、発行という流れになる。カードの受け取りも同様に最寄りのセゾンカウンターで可能。
セゾンカードとの違いは付帯するサービスがPARCO向けに特化している点だろう。PARCOカードの一番の魅力は、カード入会から1年間、パルコ施設およびオンラインモール「PARCO-CITY」でのショッピングがいつでも5%OFFになる点。また該当の店舗でのカードの利用額が年間10万円を超えると翌年度も5%割引が継続され、会員制リゾートホテル「ラフォーレ倶楽部」をメンバー料金で利用できる。またポイントを無期限で貯める事ができ、ショッピングの支払いに充当できる点もPARCOカードの魅力の一つ。
即日発行できるカードが必要で、PARCOを利用する機会があるという人はPARCOカードも有力な選択肢の一つになるだろう。

特徴open

即日発行する方法
①インターネットで申込み→ ②確認の電話を受領→ 審査結果メールを確認→ 全国のセゾンカウンターでカードを受け取り
ETCカード即日発行
可能※ただし郵送で1日~2日時間がかかる場合有り
カードブランド
VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス
年会費
永年無料
ETCカード年会費・発行手数料
無料

口コミopen

いい口コミ
確かに即日発行できました。パルコを選んだ理由は、私と言うより妻がパルコを使う機会が多いのでお得度が高いと判断したからです。パルコを使わないのであれば別のカードの方が良いと思います。私が調べた限り、セゾンが発行するクレジットカードの一部が即日発行に対応しているようです。他にも書いてありますが、そのお店だけで使えるのか、外部でも使えるのかがすごく重要なので、外部でも使えるカードを作りたい場合はセゾンを選んでおいたほうが確実だと思います。(32才・男・SE)
パルコで即日作りましたが、ネットから申し込んで即日本カードを受け取れる方法があるというのは全く知りませんでした。ここの説明に書いてある通りですが、パルコユーザーであればお得度はかなり高いので持っておいた方が良いと思います。ただ海外旅行保険が目当てで入るカードではないので、今日中に本カードを作らなければ!というようなカードではない気はします。(27才・女・広報)
その日のうちにカードが発行できるのは知っていましたが、即日他の場所でも使えるカードと言う事はカード発行後に知りました。通常2週間位はカード発行にかかるものなので、急いでクレジットカードが必要と言う人にはかなり利便性は高いですね。他にもセゾン系のカードで発行できるものがあるみたいですが、あとは自分がよく利用するカードを選ぶと良いと思います。(25才・女・営業)
中立の口コミ
私が初めて作ったクレジットカードです。本当に即日発行でき、他店舗でも使えました。このカードが初めてだったこともあり、他のクレジットカードを作る際、2週間も3週間もかかり、逆に驚きました。PARCOで買い物していた際はメインでしたが、最近はあまりPARCOに行かなくなったので、他のカードがメインになっているのでこの評価で。クレジットカードがすぐにいるという人で、PARCOで買い物する機会がある人は、セゾンよりこのカードのほうがお得で良いとは思います。(29才・女・広報)

エポスカード

総合4.3

即日発行対応
4.0
カード審査
5.0
割引・ポイント
4.0
付帯サービス
4.0
人気
4.5

キャンペーン情報

【期間限定】WEBからエポスカードに新規入会すると、もれなく2,000円相当のエポスポイントプレゼント!

詳細open

エポスカードはマルイグループのクレジットカード会社「エポスカード」が発行する即日発行に対応したクレジットカード。カードの年会費は永年無料だが、デザインカードを選択すると発行手数料が500円かかる。ETCカードの即日発行には対応しておらず、申し込みから10日~2週間程度必要となる。
カードを即日発行する流れは、マルイの店頭に本人確認書類と銀行口座番号、銀行届出印を用意した上で来店し、必要書類に記入すると審査が行われ、問題がなければ30分程度でカードを店頭で受け取る事ができる。
エポスカードの魅力はカード発行から1ヶ月間、マイルでの買い物が何でも10%OFFになる点。さらに年4回の会員限定サービス時にも10%OFFになる。またマルイのネット通販「マルイウェブチャンネル」でも10%OFFになる。
カードブランドはVISAに限定されるがマイルを利用する機会が多いユーザーや、ETCカードの発行を急いでいないユーザーであればエポスカードも選択肢の一つだろう。

特徴open

即日発行する方法
①店頭に本人確認書類を持参し、申込書に記入※引き落とし先口座番号と銀行届出印を用意→ ②約30分程度でカード発行
ETCカード即日発行
不可※申込みから10日~2週間後に自宅へ郵送
カードブランド
VISA
年会費
無料※デザインカード発行手数料500円
ETCカード年会費・発行手数料
無料

口コミopen

いい口コミ
丸井で欲しいものが合った時に作ったカードですが、即日発行でき、その場でクレジットカードとして使えて請求を後回しできたのは便利でした。普通に持ち合わせでは足りなかったのでキャッシングしないと買えない状況だったので、クレジットカードなら翌月に請求を回せて、借り入れする必要がないというメリットは大きかったです。ただ丸井以外は使えないというのはその通りで海外で使う事もできなければ、本カードができるまではこのカードでのキャッシングも当然できません。即日渡されるのはあくまで丸井限定のクレジットカードです。(31才・男・会社員)
昔はどうかは知りませんが2015年5月時点で、ネットで申込み、店頭で即日発行してもらう事ができる数少ないクレジットカードです。セゾン同様にどこでも使える事ができるので利便性も高いし、エポスカードは審査がそれほど厳しくないカードの代表なので利便性も高いです。ETCカードも発行できます。(31才・男・会社員)
いわゆる昔の赤いカード(マイルカード)です。マルイの店頭でも普通に即日発行できますが、それでは外部では使えないので、外部で使おうと思ったら全ての書類を添えて店頭で発行してもらう必要があります。私の場合お店が混んでいたという事もあり、3時間位はかかりました。(27才・男・会社員)
中立の口コミ
即日発行できるクレジットカードはマルイでのみ使えます。その後のカードが届くのも1週間くらいだったので早いと思いますが、このランキングの趣旨を考える限り、これがベストという選択肢ではないかと思います。ただマルイのカードは年会費無料の割に限度額も大きく、使い勝手は良いと思います。(27才・男・企画)
よくも悪くもマルイの赤いカード。他のクレジットカードと比較するとカード発行までの日数は短いと思います。またポイント還元率もカード利用額が多い人であれば相当高くなります。カードブランドの信頼と実績も一番なので、掲載する価値はあるかと思います。(35才・女・営業)
悪い口コミ
マルイの赤いカードは誰もが知ってる、もしくは社会人の多くが一度は即時発行したことがあるクレジットカードだと思います。発行審査が早く、審査も厳しくないので周りでも持っている人が多く、キャッシングもできるのでそれを使っている人も新卒時代多かったです。ただクレジットカードの限度額が上がり難いし、他の人も口コミしているようにマルイでしか使えないので、クレジットカード機能含め本当の即日発行とは言えないという点に関しては知っておかないと、大きな買い物をしたい、海外で買い物をしたいというような人には向いていないので注意しましょう。(39才・男・広告代理店)

VIAO(ビアソ)カード※最短翌営業日発行

キャンペーン情報

【期間限定】期間中にVIASOカードへ新規入会し、入会日から3カ月後の月末までに15万円以上カードを利用すると、もれなく9,000円相当のVIASOポイントをプレゼント!さらに登録型楽Payに登録すると、1,000円相当のポイント、合計でもれなく最大10,000円相当プレゼント!

詳細open

VIASOカードは三菱UFJニコスが発行するポイント還元率の高さが魅力のクレジットカード。即日発行には対応していないが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行など、指定の金融機関に口座を保有している場合は、オンラインで支払い口座の設定ができ、審査が完了すると最短翌営業日でカードを発行できる。年会費は本人、家族会員共に永年無料。ETCカードも年会費無料で発行できるが、発行手数料のみ1,080円(税込)必要になる。
VIASOカードの魅力は、クレジットカードの発行スピードの速さに加え、数あるクレジットカードの中でもトップクラスのポイント還元率を実現している点だろう。基本ポイント還元率は1,000円につき5ポイント(5円相当:ポイント還元率0.5%)だが、携帯・PHSの利用料金、ETCカード利用分、プロバイダ利用料はポイント還元率が2倍にアップ。さらにVIASOeショップ経由でカードを利用すると、利用金額1,000円毎にさらに5~100ポイント(ポイント還元率0.5~10%)を付与。ポイント還元率が最大10.5%にアップする。ちなみにVIASOeショップへの参加店舗は楽天市場(1%プラス還元)、Amazon(0.5%プラス還元)、Yahoo!ショッピング(1%プラス還元)、ニッセン(2%プラス還元)と大手ECサイトが軒並み参加しているので、ECサイトでよくショッピングする人は要チェックだろう。
付帯保障も年会費無料カードながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と年間最高100万円までカードで購入した商品の破損、盗難による損害を補償するショッピングパートナー保険が付帯しており、海外旅行もしくは出張目的でクレジットカードの発行を希望するユーザーにとっては大きな魅力がある。
VIASOカードは、即日発行はできないものの、最短で翌日発行できる数少ないクレジットカードの一つとして、検討する価値は十分あるだろう。

特徴open

入会条件
原則18才以上で安定継続収入のある人
年会費
永年無料※家族カードも無料
利用限度額
10万円~100万円
旅行保険
海外最高2,000万円(利用付帯)※携行品の破損にも対応
ショッピングガード
年間最高100万円(国内/海外)※楽Pay登録期間中のみ自動付帯
空港ラウンジ
付帯せず
プラチナへの道
-
その他特典
最短で翌営業日発行、基本ポイント還元率は0.5%、携帯電話・PHS・ETC・プロバイダ利用料金はポイント2倍(ポイント還元率1%)、楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazon・ニッセン等、大手ショッピングモールが参加するVIASOeショップ経由でカードを利用すると、ポイント還元率が最大10.5%にアップ!

口コミopen

いい口コミ
カードに申込み、審査完了の通知が翌日。実際にカードが自宅に届くまで申込から3日でした。セゾンカードの場合はセゾンカードで即日受け取れるみたいなのでさすがに叶いませんが、1週間位余裕がある場合は、VIASOカードも選択肢になるかと思います。VIASOカードにした理由はMASTERカードブランドでお得度の高いカードにしたかった、海外利用分ポイント2倍に惹かれたからです。今後海外で使う機会が多い人やネットショッピングする人はこのカードは良いかと思います。キャッシュバックも自動なので手間ないですしね。(39才・男・旅行代理店)
私は月曜日に申込み、カードを受け取ったのが金曜日でした。水曜日か木曜日に不在票を確認したので、他の人が口コミしているように、最短だと3日位で受け取れそうです。即日発行は難しいですが、カードの受け取りまで猶予ある場合は選択肢になりますね。多分即日クレジットカードが欲しいという人のほとんどは海外旅行か、車の利用でETCカードがお得だからという理由ではないかと思うのですが、海外旅行の場合はポイント還元率(海外での優待)やカードブランドがポイントになるともいます。ETCカードを即日欲しい場合はもう今はセゾンカードしかありませんね。(28才・男・ITコンサル)

その他の即日発行クレジットカードへの口コミopen

ANA VISAカード※最短で3日以内に審査終了、1週間以内に発行完了
ANAVISAカードはクレジットカードの中でも発行に時間がかからないのがウリらしく(公式サイトにも明記されてます)、最短3営業日で発行、1週間以内で届けてもらう事ができます。私も1週間で発行でき、さらに飛行機がANAだったのでしっかりマイルを貯める事も出来たのでかなりお得でした。即日発行ではないので、ちょっと該当しないかもしれませんが、1週間程度余裕があるのであれば、選択肢の一つになると思います。発行が速いクレジットカードの1つとしておすすめです。(27才・男・広告代理店)
本当にどこでも使えるクレジットカードで即日発行できるのは現時点ではセゾンのみ。むしろ3日で発行、1週間で発行できるクレジットカードですら貴重。特にマイル系のカードは審査に時間がかかる傾向があり、このカテゴリでは弱いが、なぜかANAVISAカードは本当に発行が早い。これは結構有名ですし、ANAVISAもそれをウリにしてるとのこと。関係者に聞いたのでこれは間違いありません。(29才・男・金融関連)
ANAVISAのカード発行期間が短いのはオンラインで申し込みが完結する仕組みを導入できているから。同じマイル系カードでもJALカードは1週間では到底無理です。即日発行できるクレジットカードという事なので、このカードが即日でない以上、良いという評価をするのは気が引けますが、1週間程度待てるのであれば、マイルも貯めやすいし、海外旅行保険も付帯しているし、選択肢としては良いと思います。(39才・男・会社役員)
だいたい他の人が口コミされている通りですが、ANAVISAカードはETCカードが有料という弱点があります。セゾンが評価が高いのは通常のカードに加え、ETCカードに関しても即日発行する手段があるからではないかと思います。ANAVISAは三井住友VISAカードが発行主体なので、ETCカードを発行する際、初年度は無料ですが2年目以降500円取られます。発行スピードに関しては速いですが、ここについて言及している人がいないので口コミします。(34才・男・IT関連)
JCBカード(JCB ORIGINAL SIRIES)※2016年11月から平日14時までに申し込み、オンラインで口座設定を完了した場合、最短で即日発行、翌日届けに対応
これまではセゾンカードかセゾンが発行主体のアメックス提携カードしか本当の即日発行に対応したクレジットカードはありませんでしたが(※店舗系のカードで即日発行できるところはあるが、結局はそのお店での利用に限定され、2~3週間後に本カードが届くまで他店で使えない)、JCBカードがついに即日発行、翌日届けに2016年11月から対応するようになりました。これまで他のカードは早くても1週間くらいはかかっていたので、これはすごいことだと思います。しかもJCBはWeb限定デザインがあったり、実質年会費無料で持てたりとプロパーカードの中では特典も充実しているので、急ぎでカードが必要で、その理由が海外旅行や出張目的でない場合はおすすめです。(40才・男・会社役員)
セゾンカードの場合は店舗で受け取ることで、即日発行されたカードを即日受け取り、利用することができますが、JCBの場合は即日発行、即日配送なので、どんなに早くても翌日以降の受け取りになります。また翌日受け取るためには、その際自宅にいなければいけないという点でまだセゾンカードと比較するとハードルが高いです。ただそれでも他のカードで本当に即日発行でき、すぐに使えるカードができたという意義はすごく大きいと思います。審査から発行の仕組み含め、JCBはすごいと思いました。(41才・男・IT関連)
セゾンの独壇場だった即日発行の壁をJCBが打ち破った価値は大きい。その一方でオンライン発行で郵送というフローが入る分、どうしても即日受取はできず翌日になってしまう点には注意しましょう。またセゾンはアメックスブランドを選べるので海外に強いですが、JCBの場合はアジア圏であれば使える国もありますが、欧米ではほとんど使えないと思ったほうが良いです。この点でどうしても差がつくのでこの点にも注意が必要です。(31才・男・営業)
楽天カード※1週間以内にカード発行完了の報告多数
即日発行は全然難しいですが、月曜日に申込み、即日審査が完了し、カード発送の連絡がきて、木曜日には受け取る事ができました。年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯していて、なおかつお得という観点でクレジットカードを探し、手元に届く(海外出張)まで1週間という状況だったのですが、無事受け取る事ができたので高評価です。実際には1週間程度が目安という事だったので間に合うかどうかと思っていたのですが、審査にさえ通れば、カードが届くまでは速いです。もし駄目だったらセゾンパールにしようと思っていたので良かったです。(28才・男・専門商社)
即日発行できて外で使えるカードは今の時点ではセゾンが発行するカードのみだと思うので(ほかでも店頭で即日発行できるカードはありますが、結局国際ブランドが追加されたものが後日郵送で届く仕組みがほとんど)、それ以外で迅速にカード発行に対応してくれるクレジットカードということになると楽天カードは早い。そもそも審査が厳格なものは即日発効には向いていないので、一定の基準を満たすユーザーにはカードを発行し、且つ申し込みがオンラインで完結できるカードというのが選択肢になると思う。(26才・男・金融関係)
ライフカード※オンラインで口座設定を完了した場合、1週間以内でのカード発行完了報告多数
多分現時点で本当に即日発行できるクレジットカードはセゾンカウンターで受け取る事ができるセゾンカード以外ないと思います。あとはどれだけ短期間で発行できるかという事になる訳ですが、その中でも圧倒的に期間が短いのが、Web完結申込み(つまり口座の設定をオンラインでできるもの)ができるもので、ANAVISAカード同様、ライフカードも最短3営業日で発行できると明記されています。申込時間が遅いと私のように4営業日かかる事もあると思いますが、それでも相当早いと思います。(39才・男・不動産関連)
Web完結申込で月曜日に申し込んで金曜日に受け取る事ができました。即日発行ではありませんでしたが、これまでに入ったどのクレジットカードよりも申込みから発行までの期間が短かった。しかも私の場合、クレジットカードランキングのキャンペーンを活用したので、7,000円分のポイントをもらう事ができたのでかなりお得度が高かった。予定していた海外旅行にも間に合いましたし、口コミで最短3営業日という情報を見つけて良かったです。(27才・男・IT関連)
これはライフカードだけではないかと思いますが、クレジットカードを即日発行、もしくは3日以内等、超スピードで発行するためにはWeb完結申し込みが必須で、その際に以外にネックになるのが対象となる金融機関です。2016年11月時点の情報になりますが、ライフカードは楽天銀行をインターネット口座振替先の口座として登録できません。つまり楽天銀行ユーザーはオンラインでの口座申し込みを完結できないので注意しましょう。他のカードも基本的には同じだと思うので、クレジットカードを選ぶ際、インターネット口座振替先に設定できるかどうを含め、カードを選ぶと良いと思います。(31才・男・営業)
三井住友VISAカード※オンラインで口座設定を完了した場合、約1週間程度でカード発行が終了した連絡多数
セゾンカードが即日発行できるのは全国にセゾンのカードカウンターを設置しているからで、他のクレジットカードにはそれがない時点で難しい。基本的には急ぎの場合、発行期間が短いクレジットカードを探すことになるわけだが、多分発行期間が短いクレジットカードは口座設定に1~3日、入会審査・カード発行に1~3日、到着まで1日なので、多分最短で3~4日前後、それ以外だと1週間くらいが目安になるのではないかと思います。(41才・男・会社役員)

※即日発行クレジットカードのランキングはクレジットカードランキング編集部調べです。
※掲載情報の詳細は即日発行クレジットカードを発行する各社HPにてご確認ください。内容の変更等による損害は保証できません。
※口コミ情報は投稿者の意見です。あくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

即日発行クレジットカード 編集部による総評
即日発行クレジットカードのランキング1位は、セゾンカードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードでした。どちらも信販大手セゾンが主体となって発行するクレジットカードですが、セゾンカードがVISA、Master、JCBの3種類からカードブランドを選択できるのに対して、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはアメリカン・エキスプレスのみとなっています。サービス面を見ると、アメリカン・エキスプレスが提供するサービスを利用できる分、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのほうが優位ですが、国内での利用しやすさはセゾンカードが優れています。どちらのカードを選ぶかはカードブランドの好みで決めると良いでしょう。ちなみ両カード共にETCカードの即日発行にも対応しています。
3位のPARCOカードと4位のエポスカードはいずれもそれぞれの店舗で充実した優待を受ける事ができる即日発行クレジットカードです。PARCOやマルイで良く買い物をするという人であれば、PARCOカードやエポスカードも有力な選択肢に入ってきます。
5位のルミネカードも即日発行に対応していますが、他のカードとは異なり、即日発行させるカードはあくまで仮発行であり、本カードの発行は後日になる点には注意が必要です。

即日発行に対応したクレジットカードと一言で言っても、それぞれのカードのサービス内容は全く異なります。せっかくクレジットカードを作るのであれば、急な用事が終わった後も使い続けられる1枚を見つけましょう!

即日発行クレジットカード口コミ投票!

どの即日発行クレジットカードに口コミする?※必須
点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目   点数(5点満点) 5   4   3   2   1  
口コミ ※必須
メールアドレス※必須
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)