共通ポイントを比較!Tポイント、Ponta、楽天ポイントの三つ巴合戦に新勢力現る

クレジットカードランキング
HOME >  特集一覧 > 共通ポイント比較―図と表でわかりやすく解説

Money共通ポイント比較―図と表でわかりやすく解説

共通ポイントとは、ポイントを発行している店舗だけではなく、提携先店舗でも貯めることができるポイントの総称です。ポイントを貯める&使える範囲が広いことから、意識せずに共通ポイントを利用している方も多いでしょう。
共通ポイントは会計の際にポイントカードを提示するだけでも加算されますが、さらに効率よくポイントを貯めたい人は共通ポイントが貯まるクレジットカードの利用がオススメ。ポイントカード機能つきのクレジットカードを利用することで、ポイントカードの提示によるポイント、クレジットカード利用によるポイントの二重取りが可能です。
本特集では共通ポイントの特徴を比較した上で、共通ポイントがどんどん貯まるおすすめのクレジットカードをご紹介。共通ポイント選びに迷っている方、効率よくポイントを貯める方法が知りたい方は要チェックです。

共通ポイント比較【1】Tポイント~共通ポイントの先駆者~

Tポイント交換図

比較ポイント (1) 共通ポイントトップクラスの提携先店舗数
Tポイントの一番の魅力は豊富な提携先店舗。2015年12月末の時点で提携店舗数は約45万店と他の共通ポイントと比較して頭一つ抜けており、コンビニやファミレス、ガソリンスタンドなど日常生活の様々なタイミングでポイントを貯めることができます。
比較ポイント (2) Yahoo!、ソフトバンクに強い
Tポイントは2012年にYahoo!ポイントを吸収統合。これにより、Yahoo!ショッピングやヤフオク!などYahoo!系列のサービスでTポイントが貯まる&使えるように。さらにソフトバンクモバイルの決済方法にTポイントが導入されたことで、携帯代を支払う際も活用できるようになりました。

Tポイントが貯まる&使える店

コンビニ
ファミリーマート、スリーエフ
ネットショッピング
Yahoo!ショッピング
ガソリンスタンド
ENEOS
食べ物
ガスト、ドトール、ロッテリア
通信・携帯
ソフトバンク
電子マネー
楽天Edy、Tマネー

Tポイントがお得に貯まるオススメのクレジットカード

Yahoo!カード

このサイトへ行く

年会費
無料
Tポイント還元率
【通常】
1%(100円につき1P)
【Yahoo!ショッピング、LAHACO】
3%(100円に付き3P)
Tポイントカード機能
電子マネー機能
×
特典
【ETCカード】年会費540円(税込)
【家族カード】年会費無料
【ショッピングガード保険】最高100万円
【紛失・盗難保障】×
【海外旅行傷害保険】×
【その他】TSUTAYA機能を追加可能
特徴
クレジットカード利用100円につきTポイントが1P貯まるクレジットカード。Tポイントが付与されるクレジットカードの中でも特に還元率が高く、メインカードとして使用できる1枚。
さらに、Yahoo!ショッピングでの利用は還元率が3倍のとなりさらにお得。
Tポイントを貯めている人ならまず真っ先にチェックしたい。

共通ポイント比較【2】dポイント~高還元率が魅力の携帯キャリア系共通ポイント~

dポイント交換図

比較ポイント (1) ローソン、マックで貯まる&使える 携帯料金の充当にも
dポイントはローソン、マックで100円につき1P貯まります。貯めたポイントは1P=1円換算でローソン、マックでの支払いに使用可能。ドコモの携帯料金に充当することもできます。
比較ポイント (2) 特約店のポイント上乗せに旨味あり
NTTドコモが発行するクレジットカード「dカード」で決済すると、ローソンやマックなどの特約店でdポイントの上乗せや割引などの優待を受けることができます。さらに、ENEOSで2%、JAL国内航空券で2%(※dポイントクラブサイト経由の場合3%)のdポイントが付与。毎日のガソリン補給や、旅行の手配の際に利用することで、効率よくポイントを貯めることができるでしょう。
比較ポイント (3) ドコモユーザーはクレジットカード必携
dポイントはドコモユーザーに有利な共通ポイント。ドコモの携帯料金の支払いに年会費無料のdカードを利用するだけで、1,000円につき10P(還元率1%)が付与されます。さらに、年会費10,000円(税抜)のdカードGOLDを選択すれば、1,000円につき100P(還元率10%)をゲット。1P=1円として利用できるため、毎月1万円、携帯料金を支払っている場合、年間12,000円分のdポイントを得ることができます。その他にもドコモユーザーに嬉しい特典が付帯しているため、以下で紹介するクレジットカードの特典をチェックしてみてください。

dポイントが貯まる&使える店

コンビニ
ローソン
ネットショッピング
dマーケット
ガソリンスタンド
ENEOS
食べ物
マクドナルド
通信・携帯
NTTドコモ
電子マネー
iD

dポイントがお得に貯まるオススメのクレジットカード

dカード

このサイトへ行く

年会費
初年度無料(2年目以降、1回でも使用すれば無料)
dポイント還元率
【通常】
1%(100円につき1P)
【dポイント特約店】
2%(100円につき1P)
【ドコモ携帯・通信料金】
1%(1000円につき10P)
dポイントカード機能
電子マネー機能
特典
【ETCカード】年会費無料(年に1回以上利用した場合)
【家族カード】年会費無料(年に1回以上利用した場合)
【ショッピングガード保険】年間100万円
【海外旅行傷害保険】×
【その他】購入から1年以内の不慮の事故による携帯の買い替え費用をサポート
特徴
年会費無料でdポイントがお得に貯まるクレジットカード。
還元率が優れており、通常のショッピングでの還元率は1%。さらに、ローソンやマックではdカードの利用で3%の割引、、ENEOS、JALではポイントが1%上乗せされる。ETCカード・家族カードが無料な点も嬉しい。

 

dカード ゴールド

このサイトへ行く

年会費
10,000円(税抜)
dポイント還元率
【通常】
1%(100円につき1P)
【dポイント特約店】
2%(100円につき1P)
【ドコモ携帯・通信料金】
10%(1000円につき100P)
dポイントカード機能
電子マネー機能
○(iD)
特典
【ETCカード】年会費無料
【家族カード】1枚目年会費無料(2枚目以降1,000円)
【ショッピングガード保険】年間300万円
【海外旅行傷害保険】最大1億円
【その他】
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 携帯購入優待券5,000円分(2年目以降利用金額に応じて最大2万円)
  • 購入から3年以内の不慮の事故による携帯の買い替えを最大10万円まで補償
特徴
ドコモユーザーであれば必ず保有を検討したいゴールドカード。
年会費は1万円と他のゴールドカードと比較してやや低めだが、ドコモユーザー向けの特典が充実。
なかでもドコモの携帯・通信料金の支払いで10%ポイントが還元される点は他のクレジットカードにはない大きな強み。さらに携帯の購入・買い替えの際にも補助を受けられる点も嬉しい。
海外旅行傷害保険、国内空港ラウンジ無料、USJラウンジの抽選など旅行に役立つサービスも揃っており、メインカードとして活躍が期待できる。

共通ポイント比較【3】Pontaポイント~リクルートポイントを取り込み勢力拡大~

Pontaポイント交換図

比較ポイント (1) ローソン、昭和セル石油、ゲオなど約10万店舗が加盟
Pontaポイントの加盟店はローソン、昭和セル石油をはじめ、ケンタッキー、HMVなど多業種に渡ります。Tポイントの加盟店と比較するとラインナップこそ劣りますが、還元率ではPontaの方が有利。1%~2%還元の店舗が多数存在するため、日常的に使用する店舗がPontaを導入している場合、効率よくポイントを貯めることができるでしょう。
比較ポイント (2) リクルートサービスでPontaが貯まる
2016年2月から、リクルート系のサービスでPontaポイントが貯まる&使えるように。ホットペッパービューティーや旅行サイトじゃらんなどの利用で1~2%のPontaポイントが付与されます。また、1リクルートポイント=1Pontaポイントで相互交換が可能なため、リクルート系のクレジットカードでゲットしたリクルートポイントをPontaポイントへ交換するという使い方もおすすめです。

Pontaポイントが貯まる&使える店

コンビニ
ローソン
ネットショッピング
ボンパレモール、オイシックス、じゃらん
ガソリンスタンド
昭和シェル石油
食べ物
大戸屋、ケンタッキー、ピザハット
通信・携帯
電子マネー
楽天Edy、nanaco、Suica

Pontaポイントがお得に貯まるオススメのクレジットカード

リクルートカード

このサイトへ行く

年会費
無料
Pontaポイント還元率
【通常】
1.2%(100円につき1.2P)
【リクルート系サービス】
2.2~4.2%
※リクルートポイントをPontaポイントへ等価交換可能
Pontaポイント機能
×
電子マネー機能
×
特典
【ETCカード】年会費無料
【家族カード】年会費無料
【ショッピングガード保険】年間200万円
【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
【その他】楽天Edy、nanaco、Suicaチャージもポイント対象。
特徴
Pontaポイントをお得に貯める際に、第一の選択肢となるクレジットカード。
リクルートカードはリクルートポイントが貯まるカードだが、Pontaポイントへ簡単に等価交換が可能なため、Pontaポイント目的で利用する人も多い。
年会費無料にも関わらず、1.2%還元を実現しており、他のPonta系カードと比較しても還元率は頭1つ抜けている。
ただし、ローソンでの還元率優遇、Pontaポイントカード機能はないため、実店舗での利用はPontaポイントカードかJMBローソンPontaカードVisaと併用すると良いだろう。

共通ポイント比較【4】楽天スーパーポイント~楽天商業圏の必須ポイント~

Pontaポイント交換図

比較ポイント (1) 楽天グループのサービスでどんどん貯まる
楽天スーパーポイントは楽天グループの利用で貯まるポイント。楽天系列のサービスは楽天市場以外にも、楽天ブックス、楽天トラベル、楽天モバイルなど多種多様。意識してこれらのサービスを利用することで、楽天スーパーポイントをどんどん貯めることができます
比較ポイント (2) 実店舗での利用が広がる
楽天スーパーポイントはネットの枠を超え、実店舗にも拡大しています。サークルKサンクスをはじめ、ミスタードーナツ、出光、大丸・松坂屋で楽天スーパーポイントの利用が可能です。他の共通ポイントと比較すると加盟店の数は少ないものの、今後の拡がりには大きな期待が持てます。

楽天スーパーポイントが貯まる&使える店

コンビニ
サークルKサンクス(ファミマとの統合後の対応は未発表)、ポプラ
ネットショッピング
楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベル
ガソリンスタンド
出光
食べ物
ミスタードーナツ、プロント
通信・携帯
楽天モバイル
電子マネー
楽天Edy

楽天スーパーポイントがお得に貯まるオススメのクレジットカード

楽天カード

このサイトへ行く

年会費
無料
楽天スーパーポイント還元率
【通常】
1%
【楽天グループサービス】
2%
【楽天市場】
4%
楽天ポイントカード機能
電子マネー機能
楽天Edy
特典
【ETCカード】年会費540円
【家族カード】年会費無料
【ショッピングガード保険】×
【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
【その他】-
特徴
楽天グループのサービスはもちろん、街の買い物でも威力を発揮するクレジットカード。
通常還元率は1%だが、楽天グループのサービスでは常時2%。さらにポイントアップ期間を狙えばそれ以上の還元率も期待できる。
ポイントカード機能が付帯しているため、楽天スーパーポイント加盟店ではポイントの二重取りが可能。
旅行が好きな方はワンランク上のプレミアムカードのコスパが抜群なので、こちらを検討するのも良いだろう。

「共通ポイント比較」特集はいかがでしたか?共通ポイントそれぞれに特徴があり、貯めやすさや加盟店数に違いはあるものの、普段良く使う店の共通ポイントを選ぶのがベスト。その上で、クレジットカードを活用し、積極的に貯めることを検討してみてください。

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&クレジットカードの裏技

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

編集長がこっそり教えるクレジットカードの裏技「リボ払いを利用した裏技」

リボ払いとは
リボ払いとは、あらかじめ決められた金額を毎月払っていくクレジットカードの支払い方式です。
リボ払いはさらに次の3種類の支払い方法に分かれます。
①定額式・・・あらかじめ決められた金額を月々の支払額とする方法
②定率式・・・残高の一定割合を月々の支払額とする方法
③残高スライド定額式・・・残高に応じて月々の支払額が変動する方法

クレジットカード各社はリボ払いに力を入れています。例えば、オリコカードUPty iDは保障が充実、三井住友VISAカードはリボ払いを利用すると年会費を優遇する等、様々な特典を用意していることがよくあります
ただし、ここに注意しなければいけない点があります。
②、③の方法でリボ払いすると支払いに一定の金利手数料がかかります。①については定額分を超えた額に対して金利手数料がかかります。
リボ払いとっておきの裏技
そこでとっておきの裏技をこっそりお伝えします。リボ払い専用カードの中には、①の定額方式の金額を自由に設定できるものがあります。
そのカードを作り、限度額一杯に金額を設定しておけば手数料のいらない1回払い専用カードになるのです。(※具体的には、カードを申し込む際は任意のリボ払い額に設定、カード発行後、カードデスク(フリーダイヤル)に連絡し、リボ返済額を利用可能枠と同額に設定すればOK)。しかもリボ払い専用カードならではの手厚い保障や優遇ポイントはそのまま
(ちなみに私はポイント還元率トップクラスのオリコカードUPty iDでこの裏技を活用しています。)
リボ払い専用カードを作る場合はこのテクニックが使えるかどうか確認してから作りましょう。