プラチナカード比較

クレジットカードランキング
HOME >  特集一覧 > 魅惑のプラチナカードの世界

Money魅惑のプラチナカードの世界

保有する事自体が最高のステイタス、プラチナカード

前回は大人のステイタスの入り口、ゴールドカードについて徹底比較しました。
特集第3回となる今回は、保有しているだけで最高のステイタスと言われるプラチナカードについて徹底比較していきます。
「ゴールドカードも持っていないのにプラチナカードなんて・・・」
「凄い額のクレジットカード利用実績が必要になるんでしょ。」

と思っている方、そんなことはありません。
実は誰にでも取得できるチャンスがあるプラチナカードがあるんです。それでは早速、奥深いプラチナカードの世界をのぞいて見ましょう。

各社のプラチナカードを徹底比較

現在プラチナカードを発行している主な会社は、JCB、VISA、セゾン、アメリカン・エキスプレスの3社(*1)です。
*1:ダイナースクラブカードもプレミアムカードを発行しているがプラチナの上のブラックカード相当と考えられるため除外

なお上記4社のマークが入っているクレジットカードでも、他社発行の提携カードの場合、ほとんどが最高ゴールドカードまでしか発行していません。提携カードでプラチナカードを目指すなら、プラチナカードを発行しているかどうか事前に確認しておいたほうが良いでしょう。
それでは、主なプラチナカードのサービスを比較していきます。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードオススメ!

このサイトへ行く

特徴
SAISONとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するプラチナカード。プラチナカードの中では数少ない申し込み制を採用。サービス内容は招待制のプラチナカードに負けない充実度。特にプライオリティ・パスは大きな魅力的
申込条件
学生を除く20才以上で電話連絡可能な方
*条件非開示審査あり
年会費
20,000円+税※年間利用額が200万円を超えると翌年度の年会費が半額の10,000円+税に
利用限度額
原則200万円以上
プラチナカード
主要特典
  • 世界500ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パス
  • 世界300ヶ所以上の格式ある有名ホテルを会員限定特典付きでご紹介するスモール・ラクシャリー・ホテルズ
  • フランスを代表するシェフ、アラン・デュカスのレストランに特典付きで優先予約するレストラン・リザーブ
  • 国内200箇所以上のコナミスポーツの施設が年会費無料で都度料金のみで利用可能
  • 世界140ヶ国以上、7,000もの拠点で質の高いサービスを年会費無料で受けられるハーツNo.1クラブゴールド
  • セゾンマイルクラブ無料登録
  • 永久不滅ポイント

JCB THE CLASS

このサイトへ行く

特徴
世界に5つしかない「国際クレジットカードブランド」のうち日本発唯一のブランド。日本国内では会員数、加盟店数、取扱高トップ。最近プラチナカードのサービスにも力を入れている。
取得方法
JCBゴールドカード会員の中から、利用実績等に応じて招待
ゴールドカード申込
お申込みはこちら
年会費
50,000円+税
プラチナカード
主要特典
  • 国内・海外の主要空港ラウンジを利用できるプライオリティパス
  • 東京ディズニーリゾートチケットプレゼント4枚組(選択制)
  • 脳の検診まで受けられるエグゼクティブ人間ドックサービス
  • 世界の名医を紹介するベストドクターズ紹介サービス
  • レストラン予約・チケット手配が電話1本。24時間365日対応のザ・クラス・コンシェルジュデスク  他

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

このサイトへ行く

特徴
海外で抜群の知名度と信用度を誇るクレジットカード。プラチナカードのサービス内容は他社のプラチナと比較しても充実している。但し、その分年会費も高い。
取得方法
アメリカン・エキスプレスカード会員の中から利用実績に応じて招待
ゴールドカード申込
お申込みはこちら
年会費
100,000円+税
プラチナカード
主要特典
  • 国内・海外の主要空港ラウンジを利用できるプライオリティパス
  • 毎年誕生日にプレゼントをお届け
  • カードデスクで普通運賃で航空券を購入すると無料アップグレードもしくはもう1名無料
  • 電化製品等が破損した場合、使用期間に応じてカードでの購入如何に関わらず購入金額の50~100%まで補償
  • 24時間365日対応のプラチナ・デスク
  • 世界各国500件以上のホテル、リゾートの部屋をアップグレード、更に優待サービスを提供するファインホテル・アンド・リゾート

各社のサービスを見ると、ゴールドカードと比較するとサービス内容が飛躍的にアップグレードされていることがわかります。
この中でも最も人気が高く、注目に値するのがセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾンとアメリカン・エキスプレスが提携し発行するプラチナカードで、年会費が20,000円+税と脅威的に安く、かつ他のプラチナカードにひけを取らないサービスを提供していることから大きな注目を集めています。特に世界500ヶ所の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスはクレジットカードのサービスの中でも最高峰の特典の一つです。また、その他にもセゾンマイルクラブ無料や永久不滅ポイント等、お得好きをひきつける数多くの特典が用意されている点も見逃せません。さらにセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年間利用額が200万円を超えると翌年度の年会費が半額の10,000円+税になるという特典が付帯。実質ゴールドカード並の年会費で利用できるプラチナカードと言えるでしょう。

その他にもJCB THE CLASSの東京ディズニーリゾートの4枚組チケットプレゼント(※メンバーズセレクションにより選択)や、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードが実施している誕生日プレゼントやカードの利用有無に関わらず破損商品の50~100%を補償するサービスは実用度が高く、プラチナカードの大きな魅力といえるでしょう。

クレジットカード会社にとってプラチナカード保有者は特別なお客様ですから、サービスにも特別感を感じるものが数多く用意されているのも当然です。

申込みを受け付ける数少ないプラチナカード!その実力は?

さて、ここまでご紹介したプラチナカードは、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを除き、全てが招待制、つまりゴールドカード等で豊富な利用実績があり、カード会社からの招待を受け、はじめて持つことができるものばかりです。

ここで「プラチナカードを持つのはやっぱり難しそう・・・」と思った方、諦めてはいけません。実はオンラインで申し込むことができ、かつ他のプラチナカードに勝るとも劣らないのサービスを提供しているプラチナカードがまだいくつかあるのです。

それは、プラチナカードホルダーからも注目を集め、高い評価を獲得しているのが三井住友VISAプラチナカードです。

三井住友VISAプラチナカードは、国内のクレジットカード会社の中でトップクラスの知名度と人気を誇る三井住友VISAカードが発行するプラチナカードで、高いステイタスとバランスの良いサービスが人気を集めています。ホテルの部屋が自動的にアップグレードされるプラチナホテルズや国内の高級ホテルのコース料理が1名無料になるプラチナグルメクーポン、半年間のカード利用額が50万円を超えると、半年間のカード支払額の0.5%相当額(※2,000円以上最高3万円まで)をVISAギフトカードでプレゼントするサービスなど、他のプラチナカードと比較してもお得なサービスが充実しています。

プラチナカードを作るのであれば、申し込みを受け付けているセゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードや三井住友VISAプラチナカードが有力な選択肢になる事は間違いありません。

三井住友VISAプラチナカード

このサイトへ行く

特徴
クレジットカードの認知度では国内トップ。国際ブランドとしての知名度も高い。プラチナカード発行の歴史も古くサービスも充実している。
取得方法
三井住友VISAゴールドカード会員の中から、利用実績等に応じて招待
ゴールドカード申込
お申込みはこちら
年会費
50,000円+税
プラチナカード
主要特典
  • 国内・海外の主要空港ラウンジを利用できるプライオリティパス(選択制)
  • 世界25カ国、100のコースがいつでも利用できるプラチナゴルフサービス
  • 世界中のホテル、リゾート、スパ等を優先的に利用できるプラチナ・クラブサービス
  • 世界各国100件以上の高級レストランで様々な特典・サービスが受けられるボナペティ・クラブサービス
  • 24時間365日対応のVISAプラチナ専用デスク
  • 日本オリジナルサービスとしてホテル、レストランの優待、海外航空券をプラチナ会員価格で提供

プラチナカードの世界、いかがでしたでしょうか?

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードからスタートしてプラチナカードへグレードアップ、そして究極のセンチュリオン(ブラック)を目指すもよし、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード、SuMi TRUST CLUB プラチナカードでいきなり憧れのプラチナカードからスタートするもよし、プラチナカードを目指す方法はあなた次第です。

自分のライフスタイルに合ったプラチナカードを見つけ、最高のクレジットカードライフをおくりましょう!

プラチナカードランキングはこちら

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&クレジットカードの裏技

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

編集長がこっそり教えるクレジットカードの裏技「リボ払いを利用した裏技」

リボ払いとは
リボ払いとは、あらかじめ決められた金額を毎月払っていくクレジットカードの支払い方式です。
リボ払いはさらに次の3種類の支払い方法に分かれます。
①定額式・・・あらかじめ決められた金額を月々の支払額とする方法
②定率式・・・残高の一定割合を月々の支払額とする方法
③残高スライド定額式・・・残高に応じて月々の支払額が変動する方法

クレジットカード各社はリボ払いに力を入れています。例えば、オリコカードUPty iDは保障が充実、三井住友VISAカードはリボ払いを利用すると年会費を優遇する等、様々な特典を用意していることがよくあります
ただし、ここに注意しなければいけない点があります。
②、③の方法でリボ払いすると支払いに一定の金利手数料がかかります。①については定額分を超えた額に対して金利手数料がかかります。
リボ払いとっておきの裏技
そこでとっておきの裏技をこっそりお伝えします。リボ払い専用カードの中には、①の定額方式の金額を自由に設定できるものがあります。
そのカードを作り、限度額一杯に金額を設定しておけば手数料のいらない1回払い専用カードになるのです。(※具体的には、カードを申し込む際は任意のリボ払い額に設定、カード発行後、カードデスク(フリーダイヤル)に連絡し、リボ返済額を利用可能枠と同額に設定すればOK)。しかもリボ払い専用カードならではの手厚い保障や優遇ポイントはそのまま
(ちなみに私はポイント還元率トップクラスのオリコカードUPty iDでこの裏技を活用しています。)
リボ払い専用カードを作る場合はこのテクニックが使えるかどうか確認してから作りましょう。