クレジットカードの繰り上げ返済を活用する裏技とは?

クレジットカードランキング
HOME >  特集一覧 > クレジットカードの繰り上げ返済を活用する

Moneyクレジットカードの繰り上げ返済を活用する

  • 1クレジットカードの繰り上げ返済を活用する
  • << 前へ
  • 次へ>> 

日常の中で何気なく使っているクレジットカードですが、実は様々な裏技があります。この裏技を上手く活用することができれば、今よりさらにお得に、より便利にクレジットカードを活用することが可能です

そこで今回は、クレジットカードのプロを自認するクレジットカードランキング編集部が、様々なテクニックをこっそり伝授。クレジットカードの裏技と題して、本特集でご紹介していきます。
記念すべき第1回はクレジットカードの繰り上げ返済がテーマ。この裏技が使えるおすすめのクレジットカードの情報もピックアップしているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

クレジットカードの繰り上げ返済とは?

クレジットカードの繰り上げ返済とは、カードを利用した金額の一部または全部を、カード会社から決済が行われる前に支払うことで、カードの利用限度額を回復するための手段のことを指します
このサービスは、一部のクレジットカードで利用することができ、カード会社が指定する口座への振り込みや、インターネットの利用など、カード会社が指定する方法で利用することが可能です。

クレジットカードの繰り上げ返済を利用するメリット

クレジットカードの繰り上げ返済を利用するメリットは、大きく以下の2点に集約されます。
ここでは、そのメリットを詳しく見ていきましょう。

1. クレジットカードの利用限度額が回復する

クレジットカードの利用限度額は、カードを使えば使うほど減っていき、クレジットカード会社からの引き落としが完了すると、その分だけ限度額が回復する仕組みになっています。つまり、利用限度額いっぱいまでカードを利用すると、通常は引き落としが完了するまでカードが使えなくなるのです。

クレジットカードの繰り上げ返済を利用すれば、繰り上げ返済した分だけ、クレジットカードの利用限度額を回復することができます。これは大きな買い物をする予定があり、どうしてもクレジットカードで支払いたいという方にとって、大きなメリットと言えるでしょう。

2. 回復した利用限度額分をカード払いすることで、さらにポイントを貯めることができる

1.でご紹介したように、繰り上げ返済を利用すれば、カード会社による引き落としが完了する前に支払いを行うことで、利用限度額を回復させることができます。そして、この回復した利用限度額の枠を活用し、クレジットカードを利用することで、さらにその分のポイントを貯めることができるのです。また、電気代や水道代など、定期的な支払いをクレジットカード払いにしている方は、利用限度額いっぱいまでカードを利用してしまうと、カードによる引き落としができず、延滞が発生してしまいます。こういう時もクレジットカードの繰り上げ返済が有効です。

クレジットカードの繰り上げ返済を利用しなかった場合と、利用した場合の違いをわかりやすくまとめると以下のようになります。

パターンA クレジットカードの利用限度額が30万円で、すでに限度額までカードを利用、以降の利用を現金で支払う場合
以降現金利用したものに関してはポイントが貯まらず、定期的な支払いがある場合、カードによる引き落としができないため、支払方法の変更が必要
パターンBオススメ!
クレジットカードの利用限度額が30万円で、すでに限度額までカードを利用した後、クレジットカードの繰り上げ返済を活用し、利用限度額を回復した場合
以降もクレジットカード利用でポイントを貯めることができ、定期的な支払いがある場合も限度額が残っていれば無事引き落とすことができる

クレジットカードの繰り上げ返済を利用する方法とおすすめのクレジットカード

本チャプターでは、クレジットカードランキング編集部おすすめの繰り上げ返済に強いお得なクレジットカードをご紹介します。繰り上げ返済の方法は、クレジットカード会社によって異なりますが、ここでは、「ライフカード」「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の2枚のクレジットカードを例に、繰り上げ返済の方法をご紹介します。

年会費:永年無料

信販会社大手「ライフ」が発行する年会費無料のクレジットカード。
ポイントは、通常、カード利用1,000円につき1ポイントだが、誕生月はポイントが5倍になり、カード利用1,000円につき5ポイント貯めることができる。さらに、カード入会後1年間は、ポイントが1.5倍に。
また、ライフカードでは、「指定口座への振り込み」と「Web支払サービス」の2つの方法で繰り上げ返済に対応。特に、「Web支払サービス」は、ライフカードのホームページから「LIFE-Web Desk」にログインし、手続きを行えば簡単に利用できるので、チェックしておきたい(※ただし、「Web支払サービス」の利用には「ゆうちょダイレクト」のIDとパスワードが必要)。

繰り上げ返済の方法

指定口座への振り込み
「一括返済」と「一部入金」から選択可能。
  • 一括返済の場合…「ご一括お支払金額案内」の自動音声に従って、指定口座へ振り込み
  • 一部入金の場合…「振込予定日」「入金希望の内容」を電話窓口に連絡し、事前に入金受付の手続きを行ってから指定口座へ振り込み
Web支払サービスオススメ!
当月請求分をインターネットから繰り上げ返済できるサービス。ライフカードのホームページから「LIFE-Web Desk」にログインし、手続きを行う。また、このサービスを利用するには、「ゆうちょダイレクト」のIDとパスワードが必要。

年会費:29,000円+税
※クレジットカードランキングのキャンペーンページ経由から申し込むと初年度年会費無料

アメリカン・エキスプレスが発行するゴールドカード。年会費は29,000円+税と他のゴールドカードと比較しても高いが、その分サービスが充実。世界中の空港ラウンジを無料で利用できる他、高級レストランの食事が1名分無料になるサービスや、最高1億円まで補償する旅行傷害保険が無料付帯。またクレジットカードランキング限定で、初年度年会費が無料になるので上手く活用したい
ポイントは、毎月のカード利用合計金額100円(税込)ごとに1ポイントを付与。ポイントは、様々な航空会社のマイレージプログラムに1ポイント1マイル換算で交換できる他、ホテルグループのポイント、各種賞品への交換にも対応している。
アメリカン・エキスプレスの繰り上げ返済を利用する場合、事前にカードデスクに電話し、アメリカン・エキスプレスの振込先口座を確認。所定の口座に振込を行うことで、利用限度額を回復させることができる。 ちなみに、アメリカン・エキスプレスでは、大きな買い物をする際、事前に振込しておくことで、利用限度額を大きく超える買い物をすることも可能

繰り上げ返済の方法

指定口座への振り込み
クレジットカード裏面もしくはホームページ上に記載してあるお客様窓口へ連絡、指定の口座番号を聞き、振り込みを行う。
裏技オススメ!
アメリカン・エキスプレスでは、指定の口座番号に振込みしておくことで、利用限度額を上回る買い物も可能!

クレジットカードの裏技第1弾は、一部のカードで利用できる繰り上げ返済を活用した裏技をご紹介しました。

クレジットカードをお得に使い倒すための基本は、とにかく支払い方法をクレジットカードに統一することです。クレジットカードが利用限度額に達してしまうと、通常は現金で払うしかなくなり、その分のポイントを貯めることができません。そうした状況に陥ってしまった場合は、クレジットカードの繰り上げ返済を活用し、利用枠を回復させましょう!

また、クレジットカードによっては、この技が使えない場合があるので、今回ご紹介した繰り上げ返済に強いクレジットカードの活用がおすすめです。

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&クレジットカードの裏技

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

編集長がこっそり教えるクレジットカードの裏技「リボ払いを利用した裏技」

リボ払いとは
リボ払いとは、あらかじめ決められた金額を毎月払っていくクレジットカードの支払い方式です。
リボ払いはさらに次の3種類の支払い方法に分かれます。
①定額式・・・あらかじめ決められた金額を月々の支払額とする方法
②定率式・・・残高の一定割合を月々の支払額とする方法
③残高スライド定額式・・・残高に応じて月々の支払額が変動する方法

クレジットカード各社はリボ払いに力を入れています。例えば、オリコカードUPty iDは保障が充実、三井住友VISAカードはリボ払いを利用すると年会費を優遇する等、様々な特典を用意していることがよくあります
ただし、ここに注意しなければいけない点があります。
②、③の方法でリボ払いすると支払いに一定の金利手数料がかかります。①については定額分を超えた額に対して金利手数料がかかります。
リボ払いとっておきの裏技
そこでとっておきの裏技をこっそりお伝えします。リボ払い専用カードの中には、①の定額方式の金額を自由に設定できるものがあります。
そのカードを作り、限度額一杯に金額を設定しておけば手数料のいらない1回払い専用カードになるのです。(※具体的には、カードを申し込む際は任意のリボ払い額に設定、カード発行後、カードデスク(フリーダイヤル)に連絡し、リボ返済額を利用可能枠と同額に設定すればOK)。しかもリボ払い専用カードならではの手厚い保障や優遇ポイントはそのまま
(ちなみに私はポイント還元率トップクラスのオリコカードUPty iDでこの裏技を活用しています。)
リボ払い専用カードを作る場合はこのテクニックが使えるかどうか確認してから作りましょう。