2枚目におすすめのクレジットカードは?ケース別で考えるおすすめ5選

2枚目におすすめのクレジットカードは?ケース別で考えるおすすめ5選

はじめに

クレジットカードを1枚だけ持ち、利用していると「このお店でポイントが貯まればお得なのに」「海外旅行の際、あまり使えなかったので海外旅行に強いクレジットカードがほしい」と思う場面が必ず出てくるものです。
日本クレジット協会が公表したデータによると、成人した日本人1人あたりのクレジットカード平均保有枚数は約2.6枚(※1)。つまりクレジットカード保有者の多くが2枚以上のカードを使いこなしていることになります

では2枚目のクレジットカードを作る際は、どういうカードが適しているのでしょうか?
クレジットカードランキング編集部では、2枚目のクレジットカードは、1枚目のメインカードに足りない部分を補ってくれるものを選ぶことをおすすめしています。クレジットカードにはポイント還元率やお得な特典、旅行保険やショッピング補償など、1枚1枚に特徴があり、使うシーンによって「お得なカード」が異なります。

そこで、今回のクレジットカードランキングの特集は、2枚目におすすめのクレジットカードを厳選、ケース別に5つのカードをピックアップしました。ネットショッピングを利用する方におすすめのクレジットカードや、海外旅行におすすめのカード、マイルが貯まるカード等、2枚目のクレジットカードを作ろうと考えている方は、本特集を参考に、自分に合ったサブカードを見つけましょう。

※1【PDF】日本のクレジット統計2017年(平成29年)版

2枚目におすすめのクレジットカード:ケース1 ネットショッピングをお得に ポイント高還元カード

ヤフーカード画像

ヤフーカード 公式サイトへ行く

2枚目におすすめのクレジットカード サービス比較
年会費 永年無料
クレジットカードブランド Visa、Mastercard、JCB
ポイント
  • カード利用100円(税込)につきTポイントを1ポイント付与
  • Yahoo!ショッピング、LOHACO利用でTポイント3倍
    (Yahoo!プレミアム会員の場合5ポイント)
  • TSUTAYA、ファミリーマート等、Tポイント加盟店でのカード提示で購入金額に応じたポイントを付与
付帯サービス・特典例
  • ショッピングガード保険:最高100万円
  • 家族カード:年会費無料で3枚まで発行可能
  • ETCカード:年会費540円(税込)
  • Apple Pay対応
  • プラチナ補償:破損補償、盗難補償、旅行に関する補償等、18種類の補償を付帯。
    月額529円(税込)
    ※初回申し込みに限り、初月無料

新規入会キャンペーン
新規入会し、条件を満たすと期間固定Tポイント最大10,000円分をプレゼント

ヤフーカードは、Yahoo!JAPANの子会社ワイジェイカードが発行する年会費永年無料のクレジットカード。
ヤフーカードの特徴は、なんといってもTポイントが非常に貯まりやすい点。他のクレジットカードと比較してもその貯まりやすさは圧倒的。

通常のカード利用では、100円(税込)につきTポイントを1ポイント付与。Yahoo!ショッピング及びLOHACO利用時のカード利用では、100円につき3ポイントと、Tポイント還元率が3倍にアップ(Yahoo!プレミアム会員の場合5ポイント)する。また、TSUTAYA、ファミリーマート等、Tポイント加盟店でヤフーカードを提示すると、購入金額に応じたポイントを獲得でき、ポイントの二重取りができる点も大きな魅力

付帯サービスは、ショッピングガード保険が無料付帯し、購入方90日以内の破損・盗難等は最高100万円の補償を受けられる。また、月額529円(税込)で、破損や盗難、旅行に関する補償等、18種類の補償を付帯させる「プラチナ補償」をつけることも可能。

またヤフーカードは、随時新規入会キャンペーンを実施しており、新規入会し、条件を満たすと期間固定Tポイント5,000円分以上獲得できる。Yahoo!ショッピング、LOHACO等ネットショッピングをよく利用する方、Tポイントをお得に貯めたい方は、2枚目のクレジットカードとしてぜひ作っておきたいおすすめのカードと言えるだろう

ヤフーカード 公式サイトへ

2枚目におすすめのクレジットカード:ケース2 日々のお買い物で活躍 スーパーでお得なカード

イオンカードセレクト画像

イオンカードセレクト 公式サイトへ行く

2枚目におすすめのクレジットカード サービス比較
年会費 無料
クレジットカードブランド Visa、Mastercard、JCB
ポイント
  • ときめきポイント:ショッピング利用200円につき1ポイント付与。イオングループ店舗での利用は200円につき2ポイント。
  • WAONポイント:電子マネーWAONでの買い物やWAONのオートチャージで200円につき1ポイント付与。
付帯サービス・特典例
  • 毎月20日、30日はイオン系列の店舗での買い物代金が5%OFF
  • イオンシネマの映画が一般通常料金から各300円引き(購入時にカード利用)
  • 55歳以上限定、毎月15日にイオングループ店舗での買い物代金が5%OFF
  • イオン銀行の普通預金の金利が0.1%にアップ
  • ショッピング保険:5,000円以上の商品の破損を180日間、年間50万円まで補償
  • Apple Pay対応

新規入会キャンペーン
Webから新規入会し、条件を満たすと最大6,000ときめきポイントをプレゼント

イオンカードセレクトは、イオングループのクレジットカード会社「イオンクレジットサービス」が発行する年会費無料のクレジットカード。
イオンカードの特徴は、イオングループで利用する際、お得になるサービスが充実している点。ポイントは、通常のショッピングでカードを利用すると200円につき1ポイント付与。イオングループの対象店舗で利用すると、ポイント還元率が2倍になる。また毎月20日、30日にはイオングループ店舗での買い物代金がカード利用時に5%OFFになる「お客様感謝デー」を実施しているほか、イオンシネマの映画が一般通常料金から各300円引き(※購入時にカード利用)、55歳以上限定で毎月15日にイオングループ店舗での買い物代金が5%OFFになる等、様々な割引特典が付帯する点も大きな魅力と言える。

さらにイオンカードセレクトには、5,000円以上の商品の破損を180日間、年間50万円まで補償するショッピング保険が無料付帯。
ちなみにイオンカードセレクトは、通常のイオンカードと異なり、カードの発行に際し、イオン銀行の口座が必要となるが、カード申し込みと同時に銀行口座の申し込みも可能。またイオンカードセレクト保有者には、イオン銀行の普通預金の金利が0.1%にアップする特典や、WAONオートチャージでのポイント付与等、通常のイオンカードと比較すると、さらにお得度がアップしている点も見逃せない。

随時新規入会キャンペーンもおこなっており、Webから新規入会し、条件を満たすと5,000ときめきポイント以上獲得できるので、普段の買い物でイオングループを利用する方であれば、2枚目のカードとして、ぜひ持っておきたい1枚だろう

イオンカードセレクト 公式サイトへ

2枚目におすすめのクレジットカード:ケース3 海外旅行用に 海外旅行保険が充実のカード

エポスカード画像

エポスカード 公式サイトへ行く

2枚目におすすめのクレジットカード サービス比較
年会費 永年無料
クレジットカードブランド Visa
ポイント
  • カード利用200円につきエポスポイントを1ポイント付与
  • 「たまるマーケット」経由のカード利用でエポスポイント2~30倍
海外旅行保険 以下の保険が無料で自動付帯
  • 障害死亡・後遺障害:最高500万円
  • 障害治療費用:200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):2,000万円(1事故の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
その他の付帯サービス・特典例
  • 全国の提携飲食店で飲食代金の割引やドリンクサービスなどの特典が受けられる
  • 人気カラオケチェーンが割引料金で利用できる
  • タイムズカーレンタルの基本料金最大15%OFF など

新規入会キャンペーン
新規入会で、最大2,000円分のエポスポイントをプレゼント

エポスカードは、マルイグループのクレジットカード会社「エポスカード」が発行するクレジットカード。年会費は永年無料で、店舗での即日発行が可能。ポイントは、カード利用200円につき1エポスポイントが付与される。また年4回開催されるバーゲン「マルコとマルオの7日間」では、マルイ全店及びマルイのネット通販でのカード利用時に10%OFFになることから、エポスカードはマルイでのお買い物がお得なショッピングカードというイメージが強いが、実は海外旅行に強いクレジットカードでもある。

特に注目すべきはエポスカードに無料付帯する海外旅行保険が、他のクレジットカードと比較しても充実している点。エポスカードの海外旅行保険は、傷害保険、疾病治療保険が自動で付帯。特に傷害保険と疾病保険が非常に充実しており、障害治療費用は1事故の限度額が200万円、疾病治療費用は1疾病の限度額が270万円と、ゴールドカード並みの補償額となっている。

ちなみに、エポスカードはネットショッピングもお得に利用することが可能で、エポスカードのポイントアップサイト「たまるマーケット」を経由し、買い物をすると、エポスポイントが最大2~30倍にアップ。「たまるマーケット」には、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング等の人気ショッピングサイトだけではなく、じゃらんnetやYahoo!トラベルといった旅行予約サイト等も含め、400以上の様々なショップと提携している。また、その他の付帯特典も充実しており、全国の提携飲食店やレジャー施設を割引で利用できる等、普段の生活でお得になるシーンが多い。海外旅行用としてだけではなく、普段使いするのにも損はない2枚目に適したおすすめのクレジットカードと言えるだろう

エポスカード 公式サイトへ

学生におすすめ!

学生専用ライフカード・カード画像

学生専用ライフカード 公式サイトへ行く

学生で海外旅行に強いクレジットカードを探しているのであれば、信販会社大手のライフが発行する学生専用ライフカードもおすすめの1枚。年会費無料で、事前申し込みすると、海外旅行先でのカード利用総額の5%がキャッシュバックされる。さらに最大2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯する他、海外の交通機関、レストランについての情報提供や、パスポートやクレジットカードの盗難に遭った際にサポートが受けられる「LIFE DESK(ライフデスク)」も利用可能。貯めたポイントは、ANAマイルやAmazonギフト券、各種ギフトカードへ交換できる点も嬉しい。

学生専用ライフカード 公式サイトへ

2枚目におすすめのクレジットカード:ケース4 普段車を使う方におすすめ ガソリン代の節約ができるカード

ENEOSカードS画像

ENEOSカードS 公式サイトへ行く

2枚目におすすめのクレジットカード サービス比較
年会費 初年度無料、年1回のカード利用で次年度年会費無料
クレジットカードブランド Visa、JCB
ポイント
  • ENEOSサービスステーションでの利用(ガソリン・軽油・灯油以外)で1,000円につき20ポイント
  • 一般加盟店での利用で1,000円につき6ポイント
ガソリン値引き
  • ガソリン・軽油がいつでも2円/ℓ引き
  • 灯油は1円/ℓ引き
その他付帯サービス・特典例
  • ロードサービス
    レッカー車による移動 10kmまで無料
    路上修理 30分以内は無料
  • レンタカー優待
    全国約1,000箇所のオリックスレンタカーネットワークで10%割引
  • ETCカード年会費無料
  • 「カーコンビニ俱楽部」で車の傷・へこみの修理費用が5%割引
  • Apple Pay対応

ENEOSカードSはJXエネルギーとトヨタファイナンスが提携し発行するガソリンカード。年会費は初年度無料、年1回のカード利用で次年度も年会費が無料になる。

ENEOSは国内サービスステーション店舗が全国約10,200カ所と、国内No.1の店舗数を誇るガソリンスタンドブランドの最大手。ENEOSカードSは、ENEOSのガソリン・軽油が、カード利用時に2円/ℓ引き(灯油は1円/ℓ引き)となる。

また、ENEOSサービスステーションでのガソリン・軽油・灯油以外での利用(カーメンテ商品等のショッピング)でポイントも貯まり、1,000ポイント=1,000円で換算し、商品と交換可能。さらに、レッカー車による移動は10kmまで無料、路上修理は30分以内であれば無料と、ロードサービスが無料付帯している点はENEOSカードの大きな魅力と言えるだろう。

その他にも、ETCカードの年会費無料、カーコンビニ俱楽部」で車の傷・へこみの修理費用が5%割引、全国約1,000箇所のオリックスレンタカーネットワークを10%割引で利用できる等、車に関係する付帯サービスが充実している。

初年度年会費無料で、次年度も実質年会費無料で利用できるのに加え、ロードサービスが無料で付帯するENEOSカードSは、車を使う方はぜひ持っておきたいガソリンカード。ただしガソリンカードは特定のガソリンスタンド向けに作られているので、ENEOS、コスモ石油、エッソ、出光等、自分が良く利用するガソリンスタンドに合わせて2枚目のクレジットカードを選ぶのも良いだろう

ENEOSカードS 公式サイトへ

2枚目におすすめのクレジットカード:ケース5 飛行機・JRを利用する方に マイルが貯まるお得なカード

JALカードSuica(普通カード)画像

JALカードSuica(普通カード) 公式サイトへ行く

2枚目におすすめのクレジットカード サービス比較
年会費 初年度無料、次年度以降2,000円+税
クレジットカードブランド JCB
ポイント/マイル
  • ショッピングマイル
    カード利用200円につき1マイル付与
  • JREポイント
    通常のカード利用で1,000円につき5ポイント
    ビュープラス対象商品(きっぷや定期券の購入、Suicaへのチャージ)の支払いで1,000円につき15ポイント
    JRE CARD加盟店または優待店でのカード提示で100円につき1ポイント
ボーナスマイル
  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗毎ボーナス:フライトマイルの10%プラス
付帯サービス・特典例
  • Suica機能(オートチャージ付き)
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 当日の予約変更が可能で区間マイルも100%貯まるJALビジネス切符を利用可能
  • JALカード会員限定で国内線なら500マイル、国際線なら1,000マイル、特典航空券への交換をディスカウント

飛行機をよく利用する方は、マイルが貯まるクレジットカードを1枚は持っておきたいもの。さらに普段JRをよく利用するという場合は、空だけでなく、陸でもマイルを効率よく貯めることができるJALカードSuicaがおすすめ

JALカードSuicaは、JR東日本のビューカードがJALカードと提携し、発行するクレジットカード。
JALカード利用時に、ショッピングマイルとJREポイントを貯める事ができ、JREポイントはマイル交換にも対応。空でも陸でもマイルが貯まるクレジットカードとして高い人気を誇っている。

また、ショッピング利用時に貯まるマイルは、通常カード利用200円につき1マイル付与されるが、ショッピングマイルプレミアム(年会費3,240円)に入会すると、100円につき1マイルを付与。JREポイントは、ビュープラス対象商品の購入、Suicaへのチャージで1,000円につき15ポイント、通常のカード利用で1,000円につき5ポイント貯めることができる。

Suicaを利用する機会が多いユーザーであれば、マイルを空と陸の両方で効率よく貯めることのできるJALカードSuicaは、利用を検討する価値のある2枚目におすすめのクレジットカードと言えるだろう

JALカードSuica(普通カード) 公式サイトへ

ANAをよく利用する方にはこちらがおすすめ!

まとめ

2枚目におすすめのクレジットカードをケース別にご紹介した今回の特集はいかがでしたか?
クレジットカードにはそれぞれ特徴や強みがあり、使う場面によって最もお得なカードは異なります。
2枚目のクレジットカードは、1枚目のメインカードではカバーできない部分を補い、使いたいシーンで強みを最大限に発揮できるカードを選ぶことが重要です
これから2枚目のクレジットカードを作りたいと考えている方は、本特集を参考に、自分に合ったクレジットカードを見つけましょう。