編集部注目のクレジットカード

Yahoo! JAPAN JCB カード

編集部注目のクレジットカード「Yahoo! JAPAN JCB カード」

Yahoo!Japan JCBカードは、検索エンジン大手「Yahoo!Japan」とJCBカードが提携し、発行するクレジットカードです。

Yahoo! JAPAN JCBカード

これまではYahoo!Japan JCBカードを利用するとYahoo!ポイントが貯まっていましたが、2013年7月1日にYahoo!ポイントとTポイントが統合され、一本化。今後はYahoo!Japan JCBカードの利用でTポイントが貯まっていきます

これまでもお得度の高いクレジットカードとして、Yahoo!Japanのサービスを利用するユーザーを中心に高い評価を獲得していたYahoo!Japan JCBカードですが、貯まるポイントがTポイントに変更される事によって利便性が飛躍的に向上。クレジットカードファンの間でも大きな注目を集めています。

今回の編集部注目のクレジットカードは、Yahoo!Japan JCBカードにフォーカスし、ライバルとなるPontaとの比較も含め、検証していきたいと思います。

まずはポイントサービスの代名詞となりつつある「Tポイント」と、その対抗勢力「PONTA」を比較してみたいと思います。

Tポイント画像

Tポイント

利用できる店舗数 6万3,000店
提携企業数 103社
主な提携先 TSUTAYA、Yahoo!Japan、ネットオフ、毎日新聞、シダックス、エクスペディア、ファミリーマート、ZOZOTOWN、ENEOS、ガスト、牛角、ドトール、洋服の青山、アイシティ他
会員数 4,644万人
特徴 TSUTAYAを軸にネットサービスのYahoo!Japan、コンビニのファミリーマート等、幅広い提携企業先を誇る。利用できる店舗数、提携企業数はPontaを圧倒。

Ponta画像

Ponta

利用できる店舗数 2万1,900店
提携企業数 69社
主な提携先 LAWSON、GEO、ネットプライス、AOKI、NTT西日本・東日本、ビックカメラ、大戸屋、ケンタッキー、ピザハット、和民、シェル石油、日産レンタカー、Gaba他
会員数 5,547万人
特徴 コンビニのLAWSON、レンタル大手GEOを軸に、ビックカメラ、ケンタッキー等、人気企業が多数加盟している。

利用できる店舗数

利用できる店舗数を比較すると、TポイントはPontaの約3倍と現時点ではTポイントがPontaを圧倒。提携企業数に関してもTポイント優位の状況が続いています。主な提携先に関しては両ポイントサービス共に日本を代表する様々な企業が参画しており、甲乙つけがたいですが、Tポイント陣営にYahoo!Japanが加わったことでTポイントが一歩リードと言えるかもしれません。

会員数

会員数に関してはPontaがTポイントを上回りますが、加盟店数、提携企業数等、様々な情報から考えても、現時点でTポイントの会員数がPontaの会員数に負けているとは考え難く、Tポイントが重複ユーザーを1人とカウントし、アクティブユーザーを公表しているのに対してPontaに関しては重複ユーザーの名寄せを行っていない事から、実際に大きな差はないのではないかと思われます。

これらの情報を考慮し、TポイントとPontaの総合力を比較すると、現時点ではTポイントに優位性があると言えるでしょう。

それでは次にYahoo!JapanJCBカードのスペックを検証していきます。下記はYahoo!Japan JCBカードとPontaカードの中でも最も高い人気を誇るJMBローソンPontaカードVisaを比較した表です。

Yahoo! JAPAN JCBカード

Yahoo! JAPAN JCBカード 公式サイトへ行く

年会費 1,312円(初年度年会費無料)※前年度カードショッピング合計額が20万円(税込)以上の場合、次年度も無料
ETCカード 無料
家族カード 初年度無料※次年度以降、本会員が年会費無料条件を満たしている場合無料。満たしていない場合420円
基本ポイント 100円につき1ポイント
(※ポイント還元率1%)
オススメ
その他のポイントサービス
  • Yahoo!ショッピングで利用すると常にポイント3倍、土曜日は5倍。さらに条件を満たすとポイント最大27倍
付帯サービス
  • Yahoo!プレミアムへの新規登録で、プレミアム会員費最大3カ月無料
  • ヤフオクを配送本人確認不要で出品可能
  • Yahoo!かんたん決済の手数料が最大50%OFF
付帯保障
  • Yahoo! JAPAN JCBカードを利用して購入した商品を90日間、最高200万円まで補償するショッピングガード保険
  • インターネットで購入した商品で身に覚えのない請求を補償するJCBでe安心
入会キャンペーン Yahoo!Japan JCBカードに新規入会し、条件を満たすとTポイントをもれなく5,000ポイント以上プレゼント!

Yahoo! JAPAN JCBカード

JMBローソンPontaカードVisa画像

JMBローソンPontaカードVisa 公式サイトへ行く

年会費 永年無料
ETCカード 無料
家族カード 発行不可
基本ポイント 1,000円につき5ポイント
(※ポイント還元率0.5%)
その他のポイントサービス
  • ローソン利用時100円につき2ポイント付与。レジで精算する毎に1ポイント
  • 2ポイント1マイルとしてJALマイルに交換可能
付帯サービス
  • Pontaポイントをローソンオリジナル特典に交換可能 オススメ
  • ローソンPontaカード限定でリボ初回手数料無料
付帯保障
  • 月300円から必要な付帯保障を追加できる「Super Value Plus」利用可能

JMBローソンPontaカードVisa

年会費

年会費はJMBローソンPontaカードVisaが永年無料に対して、Yahoo!Japan JCBカードは初年度無料、次年度以降は1,312円となっています。ETCカードに関しては両カード共に無料。家族カードに関してはYahoo!Japan JCBカードのみ発行に対応しており、年会費は初年度無料、次年度以降420円となっています。

ただしYahoo!Japan JCBカードは、年間20万円以上カードを利用すれば、本カード、家族カード共に年会費が翌年度無料になります。年間20万円という事は月平均約1万7,000円利用すれば年会費が無料になる計算です。Yahoo!Japan JCBカードをメインカードとして利用すれば、達成は難しくないでしょう。

ポイント還元率

貯金箱

ポイント還元率に関してはYahoo!Japan JCBカードはどこで利用しても100円につき1ポイント還元(※1ポイント1円換算で利用できる事からポイント還元率は1%)。対してJMBローソンPontaカードVisaは、通常のカード利用の場合、1,000円につき5ポイントとなっており、1ポイント1円換算でポイントを利用できるので、ポイント還元率は0.5%。JMBローソンPontaカードVisaは、ローソンで利用するとカード利用100円につき1ポイントとポイント還元率がアップしますが、どこで利用しても100円につき1ポイント還元のYahoo!Japan JCBカードのほうがお得度は高いでしょう。

付帯サービス・付帯保障

付帯サービスに関してはYahoo!Japan JCBカードはYahoo!Japanのサービスを利用するユーザー向けの特典が充実。JMBローソンPontaカードVisaはローソンでの商品交換にポイントを利用でき、一部の商品は交換レートが非常に良いので使い勝手と言う面ではJMBローソンPontaカードVisaのほうが上かもしれません。

付帯保障に関してはショッピングガード保険とインターネット上での不正利用を補償する保険が付くYahoo!Japan JCBカードに軍配が上がります。

まとめ

以上の点をまとめるとカードとしての基本スペックは、JMBローソンPontaカードVisa よりYahoo!Japan JCBカードのほうが上と言えます。ただし、Yahoo!Japan JCBカードには次年度以降年会費がかかる点には注意が必要です。翌年度以降の年会費が無料になる月1万7千円以上のカード利用という前提条件を満たす事ができるかどうかが、一つの判断基準と言えるでしょう。

TポイントとPontaでは使えるお店も場所も異なるので、単純に比較する事はできませんが、「どちらのポイントサービスを選ぼうか迷っている」「Tポイントをもっと効率良く貯めたい」と考えている人にとって、Yahoo!Japan JCBカードが、現時点でベストな選択肢の一つである事は間違いないでしょう。

Yahoo! JAPAN JCBカード 新規入会キャンペーン

キャンペーン画像

【期間限定】
期間中にYahoo!Japan JCBカードに入会し、カード到着後、規定の条件を満たすと合計でもれなく最大10,000ポイント以上プレゼント

Yahoo! JAPAN JCBカードのサイトへいく