卒業旅行に使えるクレジットカードはどれ?学生は要チェック!のおすすめクレジットカード3選+α

クレジットカードランキング
HOME >  特集一覧 > 卒業旅行に持っていきたいクレジットカードは?

Money卒業旅行に持っていきたいクレジットカードは?使えるクレジットカード3選+α

3月に卒業を控え、記念の卒業旅行を計画している学生の方も多いでしょう。
卒業旅行・・・特に海外へ行く場合は、クレジットカードを1枚持っておくと便利です。現金を多めに持ち歩かなくてすむうえ、スキミング等で不正利用の被害に遭った場合も、損害額をカード会社が補償してくれる点が強み。また、クレジットカードを持つためには、カード会社の審査を通る必要があり、海外では一種の身分証明の役割も果たしています。

新社会人になってからも、ショッピングや旅行・帰省時などクレジットカードが役立つ機会は多いもの。
そこで本特集では、学生におすすめの「卒業旅行に使えるクレジットカード」をご紹介。それぞれのクレジットカードの特徴をしっかり押さえて、自分に合った1枚を選びましょう!

学生ならではの特典を満喫!卒業旅行に使えるクレジットカード3選+α

1. 学生専用ライフカード

海外でのショッピング利用額の5%分がキャッシュバックされる学生専用クレジットカード。海外旅行保険も自動付帯(カードを所持しているだけで付帯)。学生専用の問い合わせ窓口があり、トラブル時には日本語での相談も可能。卒業後は通常のライフカードに切り替わり、学生専用特典がなくなる。通常カードになっても、年会費無料と高いポイント還元率はそのまま

  • 学生専用 海外でのショッピング利用額5%をキャッシュバック※要事前登録
  • 学生専用 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(賠償責任2,000万円、治療費用200万円、携行品損害20万円等)
  • 学生専用 ライフデスク…学生専用の問い合わせ窓口(日本語対応)
通常のライフカード特典
  • 年会費無料
  • 誕生日月ポイント5倍
  • Edyチャージでポイントが貯まる
  • ポイント有効期限5年間
卒業後は?
  • 通常のライフカード(年会費無料)に切り替え。ポイント特典はそのままだが、キャッシュバックや海外旅行保険などの学生専用特典がなくなる。

公式サイトを確認する

2. JALカードnavi(学生専用)

JALが発行する学生用クレジットカード。ショッピングマイル・プレミアムやツアープレミアムなどの有料サービスが無料で付帯し、もらえるマイル数がアップする。在学期間中は年会費無料でマイルの有効期限も無期限。自動付帯の海外旅行傷害保険も賠償責任や治療費用などが追加される。卒業後は通常のJALカードに切り替わり、学生専用特典がなくなる。

  • 学生専用 ショッピングマイル・プレミアム(通常3,240円)が無料。100円=1マイル(特約店は2マイル)貯まる
  • 学生専用 特典航空券を最大6割引(往復6,000マイル)で交換可能
  • 学生専用 ツアープレミアム(通常2,160円)が無料。提携ツアーで通常50%のマイル積算が100%に※要申込
  • 学生専用 マイル有効期限が在学中無期限
  • 学生専用 搭乗実績等に応じて最大2,000マイル、JAL国際線搭乗で片道300マイル、語学検定合格で500マイル
  • 学生専用 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(賠償責任2,000万円、治療費用50万円、携行品損害15万円等)
通常のJALカード特典
  • フライト利用時ボーナスマイル+10%
  • 毎年の初回搭乗時1,000マイル
  • 特典航空券の必要マイルをディスカウント
  • 最高1,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
卒業後は?
  • 普通カードへ自動継続。継続時ボーナスマイル(2,000マイル)。年会費は2,160円(税込)となるが初年度は無料。

ANAに乗る機会が多いなら…ANA VISAカード(学生用)

公式サイトを確認する

3. エポスカード

丸井グループが発行する年会費無料クレジットカード。海外旅行傷害保険が充実しており、一般的な年会費無料クレジットカードにはない個人賠償責任保険や疾病治療費用も付帯。マルイ系列店舗や提携店でのカード利用で割引を受けられる。学生専用クレジットカードではないため卒業後も特典内容は変わらず、年会費も無料

エポスカード特典
  • 年会費無料
  • ショッピング利用200円=1ポイント(提携店やネットショッピングでポイントアップ)
  • 電子マネー(楽天Edy、モバイルSuica、スターバックスカード)へのチャージでポイントが貯まる
  • マルイの店舗・通販が年4回10%OFF
  • 優待店舗(7,000店舗)で割引orポイントアップ
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(賠償責任2,000万円、疾病治療費用270万円、携行品損害20万円、緊急医療アシスタンスサービス等)
卒業後は?
  • 卒業後も同内容の特典を継続利用可能(年会費無料)。

公式サイトを確認する

卒業旅行に持参するクレジットカードは、年会費無料で海外利用時の特典が充実しているものがおすすめです。 卒業後も同じクレジットカードを利用する場合は、社会人になってからの使い方も視野に入れてみましょう。
たとえば、普段あまり海外へ行くことがないようであれば、学生専用ライフカードはおすすめ。ショッピング割引や海外旅行傷害保険などの学生特典は卒業とともに消失しますが、一般カードに切り替わっても年会費無料で高いポイント還元率を維持できます。

卒業後も旅行や帰省等で飛行機を利用する機会が多いようであれば、航空会社のマイルカードも検討してみましょう。一般カードに切り替わると年会費がかかるようになりますが、初年度は年会費無料なので、一年間でカードの利用頻度やマイルの貯まり具合等を見極めるのも一つの方法です。
JALカードnavi(学生専用) ANA VISAカード(学生用)

海外旅行保険を重視するのであれば、エポスカードも選択肢の一つになるでしょう。マルイ系列店舗での割引も充実しているため、最寄り駅やターミナル駅等でマルイを利用する頻度が高い場合は、卒業後もメリットが大きいクレジットカードの一つです。

アメリカへの卒業旅行なら米国内の優待が充実したアメックスブランドを検討してみよう
アメリカ方面への卒業旅行を検討している場合は、アメックス(アメリカン・エキスプレス)発行のクレジットカードもおすすめです。
アメックスは、別名をT&E(トラベル&エンターテイメント)カードとも呼ばれ、旅行や娯楽系の優待が充実しているカード・ブランドの一つ。
また、アメリカでは特にクレジットカードの審査が厳しく、カードを持つこと自体がステイタスにもなっています。アメックスの信用はその中でも最高クラスに当たるため、日本で利用する以上にクレジットカードの持つ力を実感できるでしょう。
セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 初年度年会費無料&次年度以降1,080円(年1回のカード利用で無料)
  • 海外利用でポイント2倍(1,000円=2ポイント)
  • アメックス会員限定の割引特典(特に旅行関連の割引が充実)
  • 海外の主要都市に日本語対応のヘルプデスクあり
  • 毎月5日と20日は西友・LIVINで5%OFF
  • 卒業後は?→学生専用ではないため卒業後も継続利用可能

まとめ

学生時代の記念になる卒業旅行。社会人になってからの糧にするためにも学生である今しかできない卒業旅行は、ぜひ経験しておきたいことの一つです
学生向けクレジットカードは、学生ならではのお得な特典を多数用意しているうえ、旅行保険など万一のときに頼りになるサポートも付帯しています。卒業旅行の目的地に海外を選んだ方は、学生向けの特典が充実したクレジットカードを上手に活用し、学生時代の思い出作りに役立ててみてはいかがでしょう。

合わせて読みたい

知ってトクする! マイルが貯まるカードランキング&クレジットカードの裏技

マイルが貯まるカードランキング

JALカード
カードに入会すると初回搭乗の際1,000~5,000マイルもらえる。フライトで利用すると区間基本マイル+10~25%のボーナスマイルを付与。家族でマイルを合算できる点もJALカードの大きな魅力。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
入会で1,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA SUICAカード
他のANAカード同様マイルを貯めることができ、さらにSUICAも利用できるのでJRや私鉄の利用もこの一枚で済ませられる。関東圏に住んでいる人には有力な一枚。
マイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カード
マイルアップメンバーズに入会する事で、通常は1,000円につき5マイルのところにボーナスマイルが10マイル加算され、15マイル貯めることができる。ユナイテッド航空を利用する人はもちろん、スターアライアンス系列の航空会社を多く利用する人には十分価値のあるカード。
ダイナースクラブカード
1ポイント100マイル換算で7つの航空会社のマイルに交換することができる。ポイントに有効期限がないため実質無期限でマイルが貯まる。

編集長がこっそり教えるクレジットカードの裏技「リボ払いを利用した裏技」

リボ払いとは
リボ払いとは、あらかじめ決められた金額を毎月払っていくクレジットカードの支払い方式です。
リボ払いはさらに次の3種類の支払い方法に分かれます。
①定額式・・・あらかじめ決められた金額を月々の支払額とする方法
②定率式・・・残高の一定割合を月々の支払額とする方法
③残高スライド定額式・・・残高に応じて月々の支払額が変動する方法

クレジットカード各社はリボ払いに力を入れています。例えば、オリコカードUPty iDは保障が充実、三井住友VISAカードはリボ払いを利用すると年会費を優遇する等、様々な特典を用意していることがよくあります
ただし、ここに注意しなければいけない点があります。
②、③の方法でリボ払いすると支払いに一定の金利手数料がかかります。①については定額分を超えた額に対して金利手数料がかかります。
リボ払いとっておきの裏技
そこでとっておきの裏技をこっそりお伝えします。リボ払い専用カードの中には、①の定額方式の金額を自由に設定できるものがあります。
そのカードを作り、限度額一杯に金額を設定しておけば手数料のいらない1回払い専用カードになるのです。(※具体的には、カードを申し込む際は任意のリボ払い額に設定、カード発行後、カードデスク(フリーダイヤル)に連絡し、リボ返済額を利用可能枠と同額に設定すればOK)。しかもリボ払い専用カードならではの手厚い保障や優遇ポイントはそのまま
(ちなみに私はポイント還元率トップクラスのオリコカードUPty iDでこの裏技を活用しています。)
リボ払い専用カードを作る場合はこのテクニックが使えるかどうか確認してから作りましょう。