編集部注目のクレジットカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

編集部注目のクレジットカード「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAとアメリカン・エキスプレスが初めて提携、2009年10月から発行を開始したANAマイルを実質無期限に貯めることができるクレジットカードです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

実はこのカードを発行することは2009年9月にリリースされていましたが、実際にカードのスペックはほとんど明らかにされておらず、2009年10月の正式リリース時にそのスペックの高さが判明。マイラーからの申込みが殺到、一時カードの発行が遅れたこともありました。

現在は人気が落ち着いてきており、発行当初のようにカード発行が大幅に遅れるという事はありませんが、繁忙期にはカード申込みから入会まで2~3週間程度かかる、人気のクレジットカードの1つになっています。

今回の編集部注目のクレジットカードは、この話題のカードANAアメリカン・エキスプレス・カードをご紹介したいと思います。

現在発行されているANAアメリカン・エキスプレス提携カードは、ANAアメリカン・エキスプレス・カードとANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの2種類です。
この2枚のカードに既存のANAカードの中で最もお得と言われているANAJCB一般カードを加え、サービス内容の違いを検証していきたいと思います。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード画像

ANAアメリカン・エキスプレス・カード オススメ! 公式サイトへ行く

年会費 7,000円+税
入会ボーナスマイル(ポイント) 【期間限定】クレジットカードランキングのキャンペーンページ経由でカードに入会し、利用条件を満たすと最大30,000マイル相当プレゼント!(2017年10月31日終了)
基本ポイント還元率 カード利用100円につき1ポイント※1ポイント1マイル換算
搭乗ボーナスマイル 通常のフライトマイル+10%
EDY利用でのマイル 200円につき1マイル
EDYチャージでのポイント ポイント対象外
マイルへの交換率 1ポイント1マイル(1%還元)
マイル移行手数料 6,000円+税※ポイント移行コース登録手数料
ポイント有効期限 有効期限なし
※ポイント移行コース登録時(登録しない場合、翌々プログラム年度末日まで)
ボーナスポイント
  • ANAグループで利用するとポイントが1.5倍
  • ANAカードマイルプラス提携店、または対象品を購入するとポイントとは別にマイルを自動加算
空港ラウンジ 国内外のラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能
※利用可能空港:新千歳/仙台/羽田第1/羽田第2/成田国際第1/成田国際第2/小松/中部国際/大阪国際/関西国際/神戸/広島/新北九州/福岡/鹿児島/那覇/ハワイ・ホノルル/ソウル・仁川
国内・海外旅行傷害保険 国内最高2,000万円/海外最高3,000万円
その他の付帯サービス
ショッピング・プロテクション
カードで購入した商品の破損・盗難等の損害を購入日から90日間、年間最高200万円まで補償
オンライン・プロテクション
インターネット上での不正利用による損害を全額補償
グローバルホットライン
海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介を、通話料無料のコレクトコールで24時間対応
カードの盗難・紛失時の緊急再発行
カードを盗難・紛失した場合、国内外問わず、要望に応じて通常翌営業日以内に無料でカードを緊急再発行

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード画像

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 公式サイトへ行く

年会費 31,000円+税
入会ボーナスマイル(ポイント) 【期間限定】もれなく最大50,000マイル相当プレゼント!
基本ポイント還元率 カード利用100円につき1ポイント※1ポイント1マイル換算
搭乗ボーナスマイル 通常のフライトマイル+25%
EDY利用でのマイル 200円につき1マイル
EDYチャージでのポイント ポイント対象外
 
マイルへの交換率 1ポイント1マイル(1%還元)
マイル移行手数料 無料
ポイント有効期限 有効期限なし
※ポイント移行コース登録時(登録しない場合、翌々プログラム年度末日まで)
ボーナスポイント
  • ANAグループで利用するとポイントが2倍
  • ANAカードマイルプラス提携店、または対象品を購入するとポイントとは別にマイルを自動加算
空港ラウンジ 国内外のラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能
※利用可能空港:新千歳/仙台/羽田第1/羽田第2/成田国際第1/成田国際第2/小松/中部国際/大阪国際/関西国際/神戸/広島/新北九州/福岡/鹿児島/那覇/ハワイ・ホノルル/ソウル・仁川
国内・海外旅行傷害保険 国内最高5,000万円/海外最高1億円
その他の付帯サービス
手荷物無料宅配サービス
海外旅行からの帰国時、空港から自宅までカード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送
リターン・プロテクション
カードで購入した商品の返品を万一購入店が受け付けない場合、アメリカン・エキスプレスに返却することで購入代金を会員口座に払い戻し(1商品3万円、年間最高15万円まで)
キャンセル・プロテクション
急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気・ケガによる入院などで、予約していた旅行をキャンセルした場合、キャンセル費用の損害を補償
ショッピング・プロテクション
カードで購入した商品の破損・盗難等の損害を購入日から90日間、年間最高500万円まで補償
オンライン・プロテクション
インターネット上での不正利用による損害を全額補償
グローバルホットライン
海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介を、通話料無料のコレクトコールで24時間対応
カードの盗難・紛失時の緊急再発行
カードを盗難・紛失した場合、国内外問わず、要望に応じて通常翌営業日以内に無料でカードを緊急再発行

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA・JCB一般カード

ANA・JCB一般カード 公式サイトへ行く

年会費 2,000円+税
入会ボーナスマイル(ポイント) 1,000マイル
基本ポイント還元率 カード利用1,000円につき1ポイント
※1ポイント5マイルor10マイル換算
搭乗ボーナスマイル 通常のフライトマイル+10%
EDY利用でのマイル 200円につき1マイル
EDYチャージでのポイント ポイント対象外
マイルへの交換率 1ポイント5マイル(0.5%還元)、年間5,000円+税のマイル交換手数料を払うと1ポイント10マイルにアップ(1%還元)
※ボーナスポイント、優待ポイントは1ポイント3マイル
マイル移行手数料 1ポイント5マイルの場合無料、1ポイント10マイルに交換率をアップさせる場合5,000円+税
ポイント有効期限 2年間
ボーナスポイント
  • 年間カード利用額に応じてポイント還元率が最高25%アップ(※カード利用50万円以上10%、100万円以上20%、300万円以上25%)
  • ANAカードマイルプラス提携店、または対象品を購入するとポイントとは別にマイルを自動加算
空港ラウンジ 付帯せず
国内・海外旅行傷害保険 国内海外共に最高1,000万円
その他の付帯サービス
  • ANAの国内線、ANA・エアーニッポン国際線およびエアージャパン便での機内販売が10%引き
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での買い物が10%引き
  • ANA通信販売(ANA SKY SHOP等)での買い物が7%引き
  • IHG・ANA共同ブランドホテルおよびANAホテル宿泊料金がベストフレキシブル料金(※)から更に5%引き

ANA・JCB一般カード

入会特典

まず、注目したいのがANAアメリカン・エキスプレス・カードが実施している期間限定の入会特典です。期間中にANA・アメリカン・エキスプレス・カードに新規入会すると、クレジットカードランキング限定でANAからの入会ボーナスマイル1,000マイルを付与。さらに入会から3か月以内に5万円円以上カードを利用するとアメックスから2,000ポイントボーナス、60万円カードを利用するとさらに17,000ポイントプレゼント。さらにカード利用40万円までポイントが2倍になるので最大4,000ポイントボーナス、これらの特典に通常のカード利用でもらえる6,000ポイント(※60万円利用時)を合算すると、合計で最大30,000マイル相当をGETできます。(※上位カードのANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、最大50,000マイル相当をプレゼント

ポイント制度

次に注目したいのがポイントの有効期限です。ANAJCB一般カードはOkiDokiポイントの有効期限が2年間、ANAアメリカン・エキスプレス・カード もポイント移行コースに登録しない場合は翌々プログラム年度末日までですが、ポイント移行コースに登録するとポイントが無期限になります。

飛行機

つまりANAのマイルを実質有効期限なしで貯めることができるのです。これはマイルをじっくり貯めて上位のマイル特典を狙いたい人にとって非常に大きなメリットです。例えば、特典で東京―パリ間のファーストクラスの往復航空券に交換する場合、必要なマイル数は120,000マイル、二人だと240,000マイルになります。これを数年で貯めるのは困難ですが、ポイントに有効期限がなければ目標に届くまでじっくりポイントを貯めることができます。
また、ポイント交換は自由なので、もしマイルが必要になれば、必要な分だけポイントをマイルに交換するという使い方も可能です。

この他のANAカードにはない独自のポイント制度もANAアメリカン・エキスプレス・カードの大きな魅力と言えるでしょう。

付帯サービス・保障

それでは最後に付帯サービスと保障面を見ていきます。まず一番の違いは空港ラウンジサービスでしょう。ANAアメリカン・エキスプレス・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード共に空港ラウンジサービスが付帯。更に1枚のカードで同伴者も1名まで無料で利用できます。空港ラウンジサービスが付帯するANAカードは他にもありますが、同伴者も1名まで無料になるのは、ANAアメリカン・エキスプレス・カード以外ありません。

ラウンジ

保障面の充実度もT&Eに強いアメリカン・エキスプレス提携カードならではです。国内・海外旅行傷害保険の手厚さに加え、カードで購入した商品の破損・盗難等による被害を補償するショッピング・プロテクション、インターネット上での不正利用による損害を全額補償するオンライン・プロテクションが付帯。ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、カードで購入した商品が返品できない場合の損害を補償するリターン・プロテクションや急な用事でチケットをキャンセルした場合のキャンセル費用を補償するリターン・プロテクション、海外旅行からの帰国時、手荷物を1個無料で自宅まで宅配してくれる手荷物無料宅配サービス等、更に手厚いサービスを利用できます。

まとめ

ANAアメリカン・エキスプレス提携カードのサービス内容、いかがでしたでしょうか?

特筆すべきは基本サービスの高さに加え、非常にお得な入会キャンペーンを実施している点でしょう。特にANAアメリカン・エキスプレス・カード は、アメリカン・エキスプレス提携カードとしては破格の7,000円+税という年会費ながら、充実した入会特典、マイルサービス、無料空港ラウンジ、保障等を兼ね備えており、コストパフォーマンスの高さは数あるクレジットカードの中でもトップクラスです。

唯一注意すべき点は、カードへの入会申し込みが殺到しているため、カードの入会審査・発行に時間がかかるところでしょう。(※クレジットカードランキング編集長もカード発行開始の翌日に申込みましたが、発行まで3週間を要しました。)

ANAのフライト利用や海外旅行等の予定があり、カードへの入会を検討されている方は早めに申し込んでおいたほうが良いでしょう。

まだ発行から間もないカードですが、クレジットカードとしての総合力を考えるとANAマイラーにとって最も有力な選択肢の一つと言えるでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード 期間限定キャンペーン(2017年10月31日終了)

キャンペーン画像

クレジットカードランキングのキャンペーンページ経由で期間中にANA・アメリカン・エキスプレス・カードに新規入会し、カードの利用条件を満たすと、もれなく最大30,000マイル相当プレゼント!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのサイトへいく