公共料金をクレジットカードで支払おう

クレジットカードランキング
HOME >  マメ知識一覧 > 公共料金のクレジットカード払い クレジットカード豆知識 17

Tips17.公共料金のクレジットカード払い

日本クレジット産業協会によると、平成19年度末のクレジットカード発行枚数は3億859万枚。日本の成人人口を約1億人とすると、一人当たり3.8枚のクレジットカードを持っている計算になり、10年前の2.3枚と比較すると、クレジットカードの発行枚数の伸びは顕著です。

このクレジットカードの国民生活への急速な普及を背景に、現在増加しているのが、公共料金のクレジットカード払いです。

携帯電話・PHSの料金をクレジットカードで支払える事をご存知の方は多いと思いますが、電気、ガス、水道代に加え、国民年金保険料までクレジットカードで支払えることをご存知の方は少ないのではないでしょうか?

公共料金をクレジットカード払いにする一番の魅力は、カードのポイントが変わらず付与される点にあります。

つまり、必ず支払わなければいけない料金を支払うことで得できるのです。

公共料金のカード払いは、クレジットカード保有者であれば、決して見逃せないサービスと言えるでしょう。

●クレジットカードで支払うことができる主な公共料金
カード払いに対応する会社
固定・携帯電話代
NTT西日本・NTT東日本、KDDI、ソフトバンクテレコム、au、NTTドコモ、ソフトバンク、ウィルコム、イーモバイル
電気代
東京電力、関西電力、九州電力、四国電力、中国電力、中部電力、北陸電力、東北電力
ガス代
東京ガス、大阪ガス、西部ガス、東邦ガス、北海道ガス、京葉ガス
水道料金
東京都水道局(23区のみ)、横浜市、香川県丸亀市水道局、三重県玉城町水道局
新聞代
東日本地区
朝日新聞、産経新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞
西日本地区
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞
放送受信料
NHK、スカイパーフェクTV!、WOWOW、J:COM
病院
カードマークがある各病院
国民年金保険料
社会保険事務所

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&マイルが貯まるカードランキング

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

マイルが貯まるカードランキング

JALカード
カードに入会すると初回搭乗の際1,000~5,000マイルもらえる。フライトで利用すると区間基本マイル+10~25%のボーナスマイルを付与。家族でマイルを合算できる点もJALカードの大きな魅力。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
入会で1,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA SUICAカード
他のANAカード同様マイルを貯めることができ、さらにSUICAも利用できるのでJRや私鉄の利用もこの一枚で済ませられる。関東圏に住んでいる人には有力な一枚。
マイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カード
マイルアップメンバーズに入会する事で、通常は1,000円につき5マイルのところにボーナスマイルが10マイル加算され、15マイル貯めることができる。ユナイテッド航空を利用する人はもちろん、スターアライアンス系列の航空会社を多く利用する人には十分価値のあるカード。
ダイナースクラブカード
1ポイント100マイル換算で7つの航空会社のマイルに交換することができる。ポイントに有効期限がないため実質無期限でマイルが貯まる。