公共料金のクレジットカード払い

公共料金のクレジットカード払い

日本クレジット産業協会によると、平成19年度末のクレジットカード発行枚数は3億859万枚。日本の成人人口を約1億人とすると、一人当たり3.8枚のクレジットカードを持っている計算になり、10年前の2.3枚と比較すると、クレジットカードの発行枚数の伸びは顕著です。

このクレジットカードの国民生活への急速な普及を背景に、現在増加しているのが、公共料金のクレジットカード払いです。
携帯電話・PHSの料金をクレジットカードで支払える事をご存知の方は多いと思いますが、電気、ガス、水道代に加え、国民年金保険料までクレジットカードで支払えることをご存知の方は少ないのではないでしょうか?

公共料金をクレジットカード払いにする一番の魅力は、カードのポイントが変わらず付与される点にあります。
つまり、必ず支払わなければいけない料金を支払うことで得できるのです。

公共料金のカード払いは、クレジットカード保有者であれば、決して見逃せないサービスと言えるでしょう。

クレジットカードで支払うことができる主な公共料金
カード払いに対応する会社
固定・携帯電話代 NTT西日本・NTT東日本、KDDI、ソフトバンクテレコム、au、NTTドコモ、ソフトバンク、ウィルコム、イーモバイル
電気代 東京電力、関西電力、九州電力、四国電力、中国電力、中部電力、北陸電力、東北電力
ガス代 東京ガス、大阪ガス、西部ガス、東邦ガス、北海道ガス、京葉ガス
水道料金 東京都水道局(23区のみ)、横浜市、香川県丸亀市水道局、三重県玉城町水道局
新聞代 東日本地区
朝日新聞、産経新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞
西日本地区
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞
放送受信料 NHK、スカイパーフェクTV!、WOWOW、J:COM
病院 カードマークがある各病院
国民年金保険料 社会保険事務所