クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードが持つ便利な機能の一つにキャッシングがあります。クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカード会社がカード保有者に対して、個々に設定した与信枠の範囲内で自由にお金を貸し付けてくれるサービスの事です。つまり、クレジットカードさえあれば、与信枠の範囲内で自由に現金を引き出すことができます。但し、無償で貸してくれる訳ではありません。返金する際は、引き出した現金に対してクレジットカード会社が定める金利を上乗せし、支払うことになります。

例えば、給料前に10万円をキャッシングし、10日後に一括返済した場合を見てみましょう。
※利息の金利は年率換算18%とします。

10万円×(10/365*0.18)=493.15円
※つまり、返金する際は10万493円返済することになります。

また、クレジットカードの利用限度額とキャッシング可能額は必ずしも同じではありません。一般的にはキャッシング限度額はクレジットカードの利用限度額より低く設定されています。カードの利用明細等に利用可能額に関する記載がありますので、チェックしておきましょう。

下記は主なクレジットカードのキャッシング金利の一覧表です。各カード会社が設定しているキャッシング利率は同じではありません。また、クレジットカードの利用実績が豊富な人に対しては、更に低い金利で優遇する場合もあります。

P-oneカード<スタンダード>

P-oneカード<スタンダード>画像

キャッシング利率
(年率換算)
14.95%~17.95%

オリコカードUPty

オリコカードUPty画像

キャッシング利率(年率換算)
18%

JCBカード(一般)

JCBカード(一般)画像

キャッシング利率
(年率換算)
18%

ライフカード

ライフカード画像

キャッシング利率
(年率換算)
15~18%

また、単純にお金を借りたい場合は、カードローンのほうがはるかに金利は低くなります。(※詳細はカードローンランキング参照)クレジットカードのキャッシングは、大きなお金を長く借りるより、小さなお金を短期間借りる場合に適しているといえるでしょう。

キャッシングを利用する際、大切なのは計画性と使い過ぎないということです。返済についても、自分自身でルールを決めてきっちり守るようにしましょう。