Apple Pay徹底解剖!~ApplePayの仕組みと登録できるおすすめのクレジットカード~

Apple Pay徹底解剖!~ApplePayの仕組みと登録できるおすすめのクレジットカード~

2016年10月25日から、Apple社の決済サービス『Apple Pay(アップルペイ)』が日本でもスタートしました。
リリース初日からSuicaのサーバーにつながりにくくなるほどの人気を集めており、今後もますます利用者が拡大していくことは間違いないでしょう。
そこで今回は人気急上昇中の決済サービス「Apple Pay」に注目。これから初めて使う人にもわかりやすく解説します

Apple Payとは? Chapter1

Apple Pay(アップルペイ)とは、iPhone7やAppleWatchで利用できる決済サービスのこと。
Apple Payにクレジットカードを登録すると、店頭の端末にiPhoneをかざすだけで、電子マネー決済ができるようになります
また、Apple PayはSuicaにも対応しているため、改札にiPhoneをタッチし、Suicaカードの代わりとして、利用することも可能です。

Apple Payがあれば、さながら財布のように、様々なクレジットカードやSuicaカードをiPhoneの中に入れることができるようになります。
iPhoneが財布と違うのは、店頭でクレジットカードを取り出す必要がないこと。iPhoneを端末にさっとかざすだけで、クレジットカードから電子マネー決済で支払いが完了することができる点でしょう。

Apple Pay支払いイメージ画像

ここで注意したいのは、Apple Payの店頭支払いは『電子マネー』決済になるということ。iPhone7には端末にかざすだけで決済ができる「FeliCa」というチップが搭載されていますが、実はFeliCaはクレジットカード払いに対応していません
そこで、まず電子マネーで支払い、電子マネーの利用分をApple Payに登録したクレジットカードへ請求するという2つのステップを踏んでいます。

支払いで利用する電子マネーは自分で選択でき、2016年10月時点ではiD、QUICPay、Suicaの3種類が用意されています。

コラム Apple Payのオンライン決済

Apple Payはショッピングサイトでの決済にも利用することができます。じゃらんnetやminnneなどのサイトではApple Payの指紋認証でクレジットカード払いを行うことが可能です。

Apple Payとオサイフケータイの違い Chapter2

「ケータイで電子マネーの支払いができるサービス」といえば、『おサイフケータイ』をイメージする人も多いのではないでしょうか?両者は端末にかざして支払いができるという点は同じですが、いくつか異なる点があります。

01 利用できるスマホ端末が異なる
おサイフケータイが搭載されているのはandroid端末のみ。一方Apple PayはApple社の端末のみ対応しています。
02 Apple PayのiD、QUICPay支払いには、指紋認証が必要
Apple Payでは、iD、QUICPayで支払いを行う際、ホームボタンに指を当て指紋認証を行います。これにより、iPhoneが盗難・紛失した場合でも、取得者に勝手に使われてしまう可能性が軽減します。
※Suicaは指紋認証なし
03 Apple Payは読み取るだけでカード登録
Apple Payでクレジットカードを登録するには、クレジットカードをカメラで読み取るだけでOK(Suicaはスマホを上に乗せスキャン)。カードの登録が非常に楽だといえるでしょう。
04 電子マネーの登録はApple Payが簡単
おサイフケータイは、電子マネーを利用する際、それぞれアプリをダウンロードし申し込みを行う必要がありました。しかし、Apple Payでは、1つのアプリにクレジットカードを登録するだけで利用することができ、利便性が上昇しています。
05 電子マネーの種類はおサイフケータイ有利
Apple Payはリリース時点で3つの電子マネーにしか対応しておらず、電子マネーの数ではおサイフケータイが上回っています。

それぞれ長所短所があるものの、Apple Payの利便性はおサイフケータイに勝るとも劣りません。今までおサイフケータイのためにandroid端末を選んできたという方もこれからはiPhoneが選択肢に加わることでしょう。

Apple Payの始め方 Chapter3

Apple Payを利用する際は、以下の準備が必要です。

  • 対応端末を用意する(iPhone7、Apple Watch Series 2)
  • クレジットカード、Suicaカードを登録する

手順が済んだら、Apple Payの準備は完了。
店頭で「○○(電子マネーの名前)で支払います」と伝え、指紋認証後に端末へかざすと支払いが完了します(Suica支払いの場合は指紋認証必要なし)。スリープ状態から復帰させる必要も、設定画面を立ち上げる必要もありません。
開始するまでの手順は非常にシンプルですが、クレジットカードに関しては注意点が。2016年10月時点現在Apple Payに登録できるクレジットカードは13社に限られており、現在保有するクレジットカードが使えない可能性があるのです。まずは手持ちのクレジットカードの対応状況をしっかり確認しておきましょう。

Apple Payに対応しているクレジットカード Chapter4

Apple Payに登録できるのは、提携している13社のクレジットカードです(2016年10月時点)。どのクレジットカードを選ぶかによって、支払いに利用できる電子マネーが異なります。

Apple Payに登録できるクレジットカード会社

iD支払いと紐付け可能
  • イオンフィナンシャルサービス
  • NTTドコモ
  • 三井住友カード
  • ソフトバンク・ペイメント・サービス
QUICPay支払いと紐付け可能
  • JCB
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス
  • セブン・カードサービス
  • KDDIフィナンシャルサービス
  • トヨタファイナンス
  • 楽天カード
Suicaチャージ可能
  • 提携13社のクレジットカード
    ※VISAブランドは不可

手持ちのクレジットカードが利用できる場合、そのカードをApple Payに登録するのも良いですが、Apple Payの導入後はクレジットカードの使用頻度が高まる可能性が高いため、この機会にApple Payに適したお得なクレジットカードを選ぶのもおすすめです

以下の条件を満たすものが、Apple Payに適しているおすすめのクレジットカードになります。

01 還元率が高い
今まで現金で支払っていた出費をApple Payで補うことにより、クレジットカード支払いの増加が予想されます。そこでゲットできるポイントを逃さないよう、高還元率のクレジットカード(還元率1%以上)を選択しましょう。
02 電子マネーの利用にボーナスがある
クレジットカードによっては、電子マネーで決済をする(チャージする)際に、特別なポイントが付与されるものがあります。このようなクレジットカードを選ぶことで、通常のクレジットカード支払いよりも、Apple Payがお得になります。

また、電子マネーの使い勝手を考えると、加盟店舗が最も多いiDと、チャージの還元率が高いSuicaが有利。この2つを利用できるクレジットカードがおすすめです。

Apple Payに対応したおすすめのクレジットカード

dカード画像

dカード
iD支払いで特典あり!

年会費 0円
※年間の利用が一切なかった場合、次年度1,250円
還元率
  • 1.0%(100円につき1ポイント)
その他
  • iD支払いでマクドナルドが3%オフ
  • 入会で最大5,000円分のiDマネープレゼント
特徴 NTTドコモ発行のクレジットカード。NTTドコモがiDを提供している関係で、iD利用者向けに様々な特典を用意している。
Apple Pay特別キャンペーン

dカード

ビュー・スイカカード画像

ビュー・スイカカード
Suicaチャージで還元率1.5%!

年会費 515円
※Web明細で600ポイントゲット。実質無料
還元率
  • ショッピング・公共料金の支払い:0.5%(1,000円につき2ポイント(5円相当))
  • Suicaチャージ1.5%(1,000円につき6ポイント(15円相当))
その他
  • オートチャージでも1.5%付与
  • QUICPay支払いも可能
特徴 SuicaをApple Payで利用するなら、チャージは必ずビューカードで。チャージ1,000円ごとに15円相当のポイントが還元される。
Apple Pay特別キャンペーン

ビュー・スイカカード

まとめ

「Apple Pay徹底解剖!~ApplePayの仕組みと登録できるおすすめのクレジットカード~」はいかがでしたか?
Apple Payを導入すれば、買い物が今まで以上に便利・お得になること間違いなし。この機会にApple Payの利用を検討してみてください。