dポイントの貯め方。Pontaポイントからの交換ワザや、dポイントが貯まるクレジットカードを紹介

クレジットカードランキング
HOME >  特集一覧 > dポイントの貯め方 ~クレジットカードやPontaの利用でdポイントを効率よく貯めよう

Moneydポイントの貯め方 ~クレジットカードやPontaの利用でdポイントを効率よく貯めよう

dポイントとは

「dポイント」は2015年12月にスタートしたNTTドコモが提供する新しいポイントサービスです。
ドコモの携帯料金の支払いやサービス利用時に貯まる「ドコモポイント」がリニューアルされ、コンビニやレストラン・書店などでもポイントを貯められるようになりました。
貯めたdポイントは、ドコモの携帯料金の支払いや商品・クーポンへの交換等にも利用することができ、貯めやすさだけではなく、使いやすさも以前のドコモポイントと比較すると大幅にアップしています

そこで本特集では「dポイントの貯め方」をわかりやすく解説。dポイントが貯まるクレジットカードや相互交換可能なPontaポイント・リクルートポイントを利用した効率的な貯め方もご紹介します。

dポイントを貯める3つの方法

「dカードGOLD」「dカード」を使ってdポイントを貯める

NTTドコモが発行するクレジットカード「dカード」は、ショッピング代金や公共料金などをdカードで支払うことでdポイントを貯めることができます。
dカードには、ノーマルランクの「dカード」と、ワンランク上の「dカードGOLD」の2種類がありますが、dポイントを活用するうえでもっとも利用価値が高いのは「dカードGOLD」です

dカードGOLDでは、カード発行後にドコモが運営する「dポイントクラブ」(無料)に入会することで自動的にゴールドステージとなり、携帯料金の支払い1,000円につき100ポイントのdポイントを貯めることができます(ポイント還元率10%)。
貯めたポイントは1ポイント=1円で携帯料金の支払いに利用可能(3,000ポイント以上100ポイント単位)。

たとえば、月々の携帯料金が1万円の場合、
携帯料金1万円×ポイント還元率10%×12か月間=12,000ポイント

1年間で12,000円相当のdポイントを獲得でき、これだけで年会費(10,000円・税抜)以上のリターンを得ることができます。
ドコモユーザーで月々の携帯料金が1万円以上の場合、実質年会費無料で持てるゴールドカードとして、非常にメリットの大きいクレジットカードです

ちなみに、dポイントクラブのゴールドステージは、dポイントクラブに入会し「dカードGOLD」を所持していれば、携帯料金を「dカードGOLD」で支払わなくても対象になります。たとえば、「dカードGOLD」を所持しつつ、ポイント還元率の高い他のクレジットカードで携帯料金を支払うことでポイントを二重取りすることも可能です

dカードGOLD

dカードGOLD
年会費
10,000円(税抜)
dポイント
  • 通常:100円=1ポイント
  • 特約店:100円=2ポイント以上
  • 携帯・ドコモ光:1,000円=100ポイントオススメ!
その他サービス
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯)オススメ!
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
  • ケータイ購入優待券プレゼント:初年度5,000円相当(次年度以降は、年間利用金額に応じて0~20,000円相当)
  • dカードケータイ補償:最大10万円オススメ!
  • 空港ラウンジ:全国28カ所
  • ローソン、マクドナルドで3%OFF(※マクドナルドは電子マネーiDでの決済時)他
キャンペーン
新規入会&エントリーでもれなく最大12,000円分の電子マネーiDキャッシュバック!(2016年12月31日まで)

公式サイトを確認する

dカード

dカード
年会費
1,250円
※初年度無料
※次年度以降も年1回のカード利用で無料
dポイント
  • 通常:100円=1ポイント
  • 特約店:100円=2ポイント以上
  • 携帯・ドコモ光:1,000円=10ポイント
その他サービス
  • dカードケータイ補償:最大1万円
  • ローソン、マクドナルドで3%OFF(※マクドナルドは電子マネーiDでの決済時)他
キャンペーン
新規入会&エントリーでもれなく最大7,000円分のiDキャッシュバック!(2016年12月31日まで)

公式サイトを確認する

Pontaポイントを貯めてdポイントに交換

Pontaポイントはローソンやケンタッキーフライドチキン、昭和シェル石油など全国10万の提携店舗で貯まる共通ポイントです。
dポイントとは相互交換が可能で、Ponaポイントからdポイントへは100ポイント以上100ポイント単位で交換可能(※ただし、dポイントからPontaポイントへ交換する場合は手数料として250ポイント必要)。
Pontaポイントはdポイントよりもサービス開始が早いぶん提携店舗の数が多く、ポイント獲得機会が多い点が最大のメリットです

ローソンや大戸屋・HMVなどPontaポイントの提携店をよく利用する人や、携帯料金はそれほど高くないけれどもdポイントを利用して携帯電話代に充当したいという人は、Pontaポイントが貯まるクレジットカードを利用し、dポイントに交換する方法がおすすめです。

JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisa
年会費
永年無料オススメ!
ポイント
  • 通常:1,000円=5ポイント
  • ローソン&ローソンストア:100円=2ポイント
dポイントへの交換
1Pontaポイント=1dポイント
※100ポイント以上100ポイント単位
その他サービス
  • Pontaポイントを「Loppiお試し引換券」へ交換可能
  • JALマイルと相互交換可能
キャンペーン
ローソン&ローソンストア100でPontaポイントとJALマイルがダブルで貯まる!(2017年2月28日まで)

公式サイトを確認する

Ponta Premium Plus

Ponta Premium Plus
年会費
2,000円
※初年度無料
※次年度以降も年間5万円以上のカード利用で無料
ポイント
  • 通常:100円(税込)=1ポイント
  • 7月・12月:利用額10万円以上で100円=1.5ポイント、利用額20万円以上で100円=2ポイント
dポイントへの交換
1Pontaポイント=1dポイント
※100ポイント以上100ポイント単位
その他サービス
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(自動付帯)オススメ!
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • カードが届いた月から2カ月間のカード利用額に応じて最大6,000ポイントプレゼント
  • 加盟店でのカード提示でPontaポイント付与
キャンペーン
カード到着後のプレゼント応募&Web会員登録で最大8,500ポイントが貯まる!

公式サイトを確認する

リクルートポイントを貯めて、Pontaポイントに交換し、dポイントに交換

リクルートポイントは、リクルートが発行する「リクルートカード」を利用することで貯まるポイントです。リクルートポイントは、Pontaポイントとの相互交換に対応しており、1リクルートポイント=1Pontaポイントとして交換可能。※Pontaポイントからdポイントへは100ポイント単位

リクルートカードは、高いポイント還元率を誇るクレジットカードの一つで、通常でも1.2%、リクルートが運営する「じゃらん」「ホットペッパー」「ホットペッパービューティー」「ポンパレ」などのサービス利用時は、さらに1~3%還元率がアップします
特に旅行・グルメ・美容などのエンターテイメント系に強く、これらのサービスを頻繁に利用する場合は、dカードやPontaカードと比較しても、効率よくポイントを獲得できるでしょう。

【裏ワザ!】リクルートカードとdカードGOLDの2枚使いでポイントを大量ゲット
「リクルートカード」と「dカードGOLD」は、併用することでさらに効率よくポイントを貯めることができます。「dカードGOLD」を所持してdポイントクラブのゴールドステージ特典(dポイント10%還元)を受けつつ、携帯料金を「リクルートカード」で支払うことで、さらに1.2%のリクルートポイントを獲得可能。貯めたリクルートポイントは「ホットペッパー」などのリクルート系列のサービスに利用できるほか、Pontaポイントに交換して活用したり、Pontaポイント経由でdポイントに交換し、携帯料金の支払いに充当したりと様々な使い方ができます。

リクルートカード

リクルートカード
年会費
永年無料オススメ!
ポイント
  • 通常:1.2%(100円=1.2ポイント)オススメ!
  • リクルート系列のサービス:+1~3%(100円=2.2~4.2ポイント)
  • モバイルSuica、nanaco、楽天Edyへのチャージ:1.2%(100円=1.2ポイント)オススメ!
dポイントへの交換
1リクルートポイント=1Pontaポイント=1dポイント
※リクルートポイント→Pontaポイント:1ポイント単位
※Pontaポイント→dポイント:100ポイント単位
その他サービス
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
キャンペーン
新規入会&カード利用で、もれなく最大6,000円分のポイントプレゼント!

公式サイトを確認する

まとめ

特集「dポイントの貯め方」いかがでしたでしょうか。
ドコモポイントがdポイントにリニューアルされたことで、提携店舗が拡大し、ポイントの相互交換も可能になるなど、ドコモのポイントサービスは大幅に利便性がアップしています。

特に携帯料金をポイントで支払える点はdポイントの大きな魅力。3,000ポイント以上100ポイント単位という利用条件はあるものの、dカードGOLDを活用すれば3,000ポイントのハードルも容易に超えることができるため、dポイントを利用して携帯料金を大幅に節約することも可能です。

毎月の携帯料金の支払額が大きいドコモユーザーや、dポイント&Pontaポイントの提携店で買い物する機会が多い人は、dポイントが貯まる各種のクレジットカード・提携サービス等を利用して、dポイントをお得に貯めましょう。

知ってトクする! マイルが貯まるカードランキング&クレジットカードの裏技

マイルが貯まるカードランキング

JALカード
カードに入会すると初回搭乗の際1,000~5,000マイルもらえる。フライトで利用すると区間基本マイル+10~25%のボーナスマイルを付与。家族でマイルを合算できる点もJALカードの大きな魅力。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
入会で1,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA SUICAカード
他のANAカード同様マイルを貯めることができ、さらにSUICAも利用できるのでJRや私鉄の利用もこの一枚で済ませられる。関東圏に住んでいる人には有力な一枚。
マイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カード
マイルアップメンバーズに入会する事で、通常は1,000円につき5マイルのところにボーナスマイルが10マイル加算され、15マイル貯めることができる。ユナイテッド航空を利用する人はもちろん、スターアライアンス系列の航空会社を多く利用する人には十分価値のあるカード。
ダイナースクラブカード
1ポイント100マイル換算で7つの航空会社のマイルに交換することができる。ポイントに有効期限がないため実質無期限でマイルが貯まる。

編集長がこっそり教えるクレジットカードの裏技「リボ払いを利用した裏技」

リボ払いとは
リボ払いとは、あらかじめ決められた金額を毎月払っていくクレジットカードの支払い方式です。
リボ払いはさらに次の3種類の支払い方法に分かれます。
①定額式・・・あらかじめ決められた金額を月々の支払額とする方法
②定率式・・・残高の一定割合を月々の支払額とする方法
③残高スライド定額式・・・残高に応じて月々の支払額が変動する方法

クレジットカード各社はリボ払いに力を入れています。例えば、オリコカードUPty iDは保障が充実、三井住友VISAカードはリボ払いを利用すると年会費を優遇する等、様々な特典を用意していることがよくあります
ただし、ここに注意しなければいけない点があります。
②、③の方法でリボ払いすると支払いに一定の金利手数料がかかります。①については定額分を超えた額に対して金利手数料がかかります。
リボ払いとっておきの裏技
そこでとっておきの裏技をこっそりお伝えします。リボ払い専用カードの中には、①の定額方式の金額を自由に設定できるものがあります。
そのカードを作り、限度額一杯に金額を設定しておけば手数料のいらない1回払い専用カードになるのです。(※具体的には、カードを申し込む際は任意のリボ払い額に設定、カード発行後、カードデスク(フリーダイヤル)に連絡し、リボ返済額を利用可能枠と同額に設定すればOK)。しかもリボ払い専用カードならではの手厚い保障や優遇ポイントはそのまま
(ちなみに私はポイント還元率トップクラスのオリコカードUPty iDでこの裏技を活用しています。)
リボ払い専用カードを作る場合はこのテクニックが使えるかどうか確認してから作りましょう。