セディナカード

クレジットカードランキング
HOME >  編集部注目のクレジットカード > セディナカード

Cardセディナカード

セディナカード

セディナカードは、OMCカード、セントラルファイナンス、クォークの3社が合併して誕生したCedyna(セディナ)が発行する新しいクレジットカードです。

現在発行されているのは、年会費永年無料のセディナカードと、年会費2,000円のゴールドカードとして注目を集めるセディナカードゴールドの2種類。今回はこの2つのカードのサービス内容をチェックし、大手カード会社とのサービスの違いについても徹底検証していきたいと思います。

セディナカード

このサイトへ行く

カード入会条件
18歳以上で電話連絡可能な方(※高校生を除く)
年会費
永年無料
家族カード
永年無料
ETCカード
発行手数料・年会費永年無料
入会特典
  • 該当するセディナカードにWeb経由で新規入会し、入会後条件を満たせばもれなく最大6,000ポイントプレゼント
国内・海外旅行保険
ショッピング保険(購入日から180日間)
最高50万円
 
カード紛失盗難保険
カード紛失・盗難により受けた被害を60日前までさかのぼり全額補償
ポイント
200円につき1ポイント※1ポイント1円換算・有効期限2年
ポイント特典
  • セディナモール加盟店の利用でポイント最大30倍
  • カード入会から3ヶ月間(加入月を含め最大4か月間)はポイント3倍
  • 年間のカード利用額に応じて翌年のポイントが最大2倍
  • ETC利用料はポイント1.5倍
  • 携帯電話料金はポイント1.5倍
  • 海外利用分はポイント1.5倍
  • 年間(1~12月)のカード請求額50万円ごとに100ポイントプレゼント
  • 【ゴールドカード限定】毎月第3日曜日に加盟店でカードショッピングするとポイント10倍(AOKI、ニトリ、安楽亭、メガネスーパー)
セディナモール加盟店
楽天、Yahoo!ショッピング、ニッセン、ショップチャンネル、無印良品、ビックカメラ、ダイエー、松坂屋他
カード申込
セディナカードのサイトへいく
セディナカードゴールド

セディナカードゴールド

このサイトへ行く

カード入会条件
18歳以上で電話連絡可能な方(※高校生を除く)
年会費
1,905円+税
家族カード
477円+税
ETCカード
発行手数料・年会費永年無料
入会特典
  • 新規入会でもれなく1,000ポイント
  • 誕生日月はポイント2倍
国内・海外旅行保険
最高2,000万円
ショッピング保険(購入日から180日間)
最高150万円
 
カード紛失盗難保険
カード紛失・盗難により受けた被害を60日前までさかのぼり全額補償
ポイント
200円につき1ポイント※1ポイント1円換算・有効期限2年
ポイント特典
  • セディナモール加盟店の利用でポイント最大30倍
  • カード入会から3ヶ月間(加入月を含め最大4か月間)はポイント3倍
  • 年間のカード利用額に応じて翌年のポイントが最大2倍
  • ETC利用料はポイント1.5倍
  • 携帯電話料金はポイント1.5倍
  • 海外利用分はポイント1.5倍
  • 年間(1~12月)のカード請求額50万円ごとに100ポイントプレゼント
  • 【ゴールドカード限定】毎月第3日曜日に加盟店でカードショッピングするとポイント10倍(AOKI、ニトリ、安楽亭、メガネスーパー)
セディナモール加盟店
楽天、Yahoo!ショッピング、ニッセン、ショップチャンネル、無印良品、ビックカメラ、ダイエー、松坂屋他
カード申込
セディナカードゴールドのサイトへいく

まず2つのカードの基本サービスをチェックします。

カードへの入会条件は、「18才以上で電話連絡可能な方」と比較的ハードルが低く、年会費も、セディナカードは永年無料、セディナカードゴールドも1,905円+税と破格の設定になっています。
特にセディナカードは、ETCカードに加え、家族カードも無料で発行できるなど、カード発行条件は数あるクレジットカードの中でもトップクラスと言えるでしょう。

次にカードの付帯保障を見ていきます。セディナカードには年間最高50万円、セディナカードゴールドには年間最高150万円のショッピング保険が付帯、国内・海外旅行保険はセディナカードゴールドのみに付帯し、金額は最高2,000万円までとなっています。
セディナカードに国内・海外旅行保険が付帯しないのは残念ですが、年会費無料でショッピング保険が付帯するカードがほとんどないことを考えると、付帯保障も平均以上と言えるでしょう。

それでは最後にポイントサービスについて見ていきます。

基本ポイントは一般カード、ゴールドカード共に200円につき1ポイントの付与、プレゼント交換のレートは1ポイント1円換算となるため、基本ポイント還元率は0.5%です。このレートはJCBや三井住友VISAカードといった大手カード会社のポイント還元率とほぼ同じ。ただし、セディナカードはボーナスポイントの獲得機会の多さ、ポイントの貯めやすさで大手カード会社が発行するカードを大きく上回ります。

下記は大手クレジットカード会社のサービスとセディナカードのサービスを比較した表です。※3社を比較し、最も有利なサービスを赤字にしています。

セディナカード

このサイトへ行く

年会費
無料
旅行保険
ショッピング保険
最高50万円
基本ポイント
200円につき1ポイント
交換商品例
1,000ポイントで1,000円分のギフト券に交換可能
実質ポイント還元率
0.5%
ポイント還元率アップ対象
  • ETC利用料はポイント1.5倍
  • 携帯電話料金はポイント1.5倍
  • 海外利用分はポイント1.5倍
前年度カード利用額による特典
前年度のカード利用金額に応じて会員に5つのステージを設定しボーナスポイントを付与
  • 使ってトクトク!1.2(前年度のカード利用額が50万円以上~100万円未満)・・・翌年のポイントが20%UP
  • 使ってトクトク!1.4(前年度のカード利用額が100万円以上~150万円未満)・・・翌年のポイントが40%UP
  • 使ってトクトク!1.6(前年度のカード利用額が150万円以上~200万円未満)・・・翌年のポイントが60%UP
  • 使ってトクトク!1.8(前年度のカード利用額が200万円以上~250万円未満)・・・翌年のポイントが80%UP
  • 使ってトクトク!2.0(前年度のカード利用額が250万円以上・・・翌年のポイントが100%UP
次年度ポイント還元率(最高)
1%
 
その他の特典
  • 会員専用モール「セディナポイントモール」を経由してショッピングするとポイントが最大30倍
  • 年間(1~12月)のカード請求額50万円ごとに100ポイントプレゼント
カード申込
セディナカードのサイトへいく
JCB一般カード

JCB一般カード

このサイトへ行く

年会費
1,250円+税
旅行保険
ショッピング保険
最高100万円
基本ポイント
1,000円につき1ポイント
交換商品例
1,000ポイントで5,000円分のギフト券に交換可能
実質ポイント還元率
0.5%
ポイント還元率アップ対象
特になし
 
前年度カード利用額による特典
前年度のカード利用金額に応じてJCB STAR MEMBERSの会員のランクを設定しボーナスポイントを付与
  • スターβメンバー(前年度のカード利用額が50万円以上~100万円未満)・・・翌年のポイントが20%アップ
  • スターαメンバー(前年度のカード利用額が100万円以上~300万円未満)・・・翌年のポイントが50%UP
次年度ポイント還元率(最高)
0.65%
 
その他の特典
  • 会員専用モール「OkiDokiランド」を経由してショッピングするとポイントが最大14倍
カード申込
JCB一般カードのサイトへいく
三井住友VISAカード クラシックカード

三井住友VISAカード

このサイトへ行く

年会費
1,250円+税
旅行保険
海外最高2,000万円
ショッピング保険
最高100万円
基本ポイント
1,000円につき1ポイント
交換商品例
1,000ポイントで5,000円分のギフト券に交換可能
実質ポイント還元率
0.5%
ポイント還元率アップ対象
特になし
 
前年度カード利用額による特典
前年度のカード利用金額に応じてV1~V3までカード会員のランクを設定し、カード利用額が50万円を超えるとボーナスポイントを付与
  • V1(前年度のカード利用額が50万円以上~100万円未満)・・・50万円で50ポイント、以降10万円毎に10ポイント
  • V2(前年度のカード利用額が100万円以上~300万円未満)・・・50万円で75ポイント、以降10万円毎に15ポイント
  • V3(前年度のカード利用額が300万円以上)・・・50万円で150ポイント、以降10万円毎に30ポイント
次年度ポイント還元率(最高)
0.625%
 
その他の特典
  • 会員専用モール「ポイントUPモール」を経由してショッピングするとポイントが最大20倍
カード申込
三井住友VISAカードのサイトへいく

セディナカード画像

この表を見ると、ほぼ全てのサービスでセディナカードが大手クレジットカード会社を上回っていることがわかります。知名度では大手カード会社にかないませんが、名より実を取るクレジットカードユーザーにとって、セディナカードが有力な選択肢の一つになることは間違いないでしょう。

また、セディナカードでは、不定期ですが新規入会キャンペーンを実施しているので、興味がある方はしっかりチェックしておきましょう。

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&ゴールドカードランキング

ゴールドカードランキング

ダイナースクラブカード
ダイナースは世界で初めてクレジットカードを発行した会社。一般カードが他社のゴールドカード以上のステータスを持つと言われており、サービス内容も充実している。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
海外で抜群の知名度とステイタスを誇るゴールドカード。ハイヤーが成田空港に格安の定額料金で送迎してくれるサービス等他のカードにはないサービスが充実している。
dカード・GOLD
日本最大の通信キャリア「NTTドコモ」が発行するNTTドコモユーザー向けのゴールドカード。どこで利用しても1%という高いポイント還元率に加え、毎月の携帯料金の支払い分に関してはポイント還元率が10%にアップする。
JCBゴールドカード
世界に5つしかない「国際クレジットカードブランド」のうち唯一の日本発ブランド。20才以上で安定継続収入があることが入会基準となっており、他のカードと比較すると低い。
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAカードが発行するゴールドカード。知名度や信頼度はトップクラス。ゴールドカードとしてのサービスもバランスが取れている。

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。