Visa LINE Payクレジットカードに注目!そのメリットとデメリットやおすすめの使い方は?

クレジットカードランキング 最新ニュース 第72回

Visa LINE Payクレジットカードのメリットとデメリットとは?ポイント還元率の高さとキャンペーンに注目

Visa LINE Payクレジットカードが申込みを開始!

コミュニケーションアプリ「LINE」を提供する株式会社LINEは、同社が初めて発行するクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」の申込み受付を、2020年4月23日から遂に開始。大きな注目を集めています。

今回のクレジットカードランキングのニュースは、還元率と利便性の高さで話題になっているVisa LINE Payクレジットカードを徹底解説!Visa LINE Payクレジットカードのキャンペーン内容やメリット・デメリット、2020年5月1日にリリースされたLINE payの新サービスについてわかりやすく解説します。さらに、コスパの良いお得なクレジットカードを探している人向けに、クレジットカードランキング編集部おすすめのカードを1枚、厳選してご紹介

Visa LINE Payクレジットカードに入会を検討している人はもちろん、お得なクレジットカードを探している人も、ぜひ本ニュースの内容を最後までチェックしてみてください。

Visa LINE Payクレジットカードとは?
キャンペーン内容や申込み方法をチェック

Visa LINE Payクレジットカードは、LINE pay、Visa、三井住友カードが提携し、発行するクレジットカード。2020年4月23日より申込受付をスタートさせており、赤もしくは青のスタイリッシュなデザインが魅力の、Visa東京2020オリンピック限定券面(数量限定)を採用しています。

年会費は1,375円(税込)で、初年度無料。2年目以降は年1回以上のカード利用で無料に。ETCカード・家族カードの追加が可能ですが、それぞれ別途年会費(家族カードは2枚目以降)が必要です。また、カード本体にはVisaタッチ決済機能が搭載されており、ローソンやマクドナルドなどの対応店では、端末にカードをタッチするだけで支払えます

Visa LINE Payクレジットカード最大の特徴は、LINE payアカウントと連携してさまざまなサービスが利用できるのはもちろん、初年度限定キャンペーンでポイント還元率3%という高還元率を実現している点。還元上限が設けられていないので、キャンペーン期間中(2021年4月30日まで)は、カードを使った分だけお得にLINEポイントを貯めることができます。LINE payユーザーの人には、特に嬉しいサービス・機能が多数採用されている1枚です。

Visa LINE Payクレジットカードの基本情報
年会費 1,375円(税込)
※初年度無料、2年目以降は年1回以上の利用で無料
ポイント LINEポイント3%還元(還元上限なし)
※2021年4月30日までのキャンペーン期間限定(基本還元率は1%)
追加可能カード
  • ETCカード:年会費500円(税別)
    ※初年度年会費無料、利用時は翌年無料
  • 家族カード:1人目は無料、2人目以降は400円(税別)
付帯機能 Visaタッチ決済

Visa LINE Payクレジットカードへの申込みはスマートフォンからのみ受付可能で、LINE payアカウントが必須。専用ページにアクセスし、ページ下部にある「カードの申込みをする」をタップします。あとはカード申し込みの流れに沿って必要事項を入力すれば、申込みは完了。手続きは全てオンラインで完了します。所定の審査・手続きの後に発行されたカードは、忘れずにLINE payアカウントに登録しておきましょう。

Visa LINE Payクレジットカードの申込み方法
申込み受付期間 2020年4月23日から
カード申込みの流れ
  1. 専用ページよりカード申込み ※スマホのみ対応、LINEアカウントが必要
  2. カード発行 ※マイナンバーもしくはマイナンバー通知カード+免許書等、本人確認書類が必要
  3. LINE payアカウントにクレジットカード登録

Visa LINE Payクレジットカード
3つのメリットと2つのデメリット

本チャプターでは、2020年5月1日から大幅リニューアルされたLINE payの新サービスと合わせ、Visa LINE Payクレジットカードの3つのメリットと2つのデメリットについて解説。
Visa LINE Payクレジットカードに入会を検討している人は、本チャプターの内容も参考に、カードのメリットを十分に享受できそうか見極めましょう。

Visa LINE Payクレジットカードのメリット その1
ポイント還元率が圧倒的に高い

LINE payクレジットカード最大のメリットは、そのポイント還元率の高さにあります。通常1%のポイント還元率が、初年度(〜2021年4月30日)は3%までアップ。還元上限が設けられていない点も大きな魅力
また、次年度以降(2021年5月1日〜)もお得なキャンペーンを開催する予定です。LINE payユーザーの人はもちろん、お得なクレジットカードを持ちたい人は、利用を検討する価値のある1枚と言えるでしょう。

Visa LINE Payクレジットカードのメリット その2
カード経由でチャージ&ペイが利用できる

Visa LINE PayクレジットカードはLINE Payアカウントと連携することで、2020年5月1日からスタートするLINE payの新サービス「チャージ&ペイ」を利用できるようになります。これまでのように事前に銀行口座やコンビニで残高をチャージする必要がなく、LINE payアカウントに登録したVisa LINE Payクレジットカードから直接チャージが可能
今までLINE payのチャージ方法に不便さを感じていたユーザーには、特に嬉しい機能の一つです。

Visa LINE Payクレジットカードのメリット その3
LINEポイントクラブでもっとお得に

チャージ&ペイと同じく、2020年5月1日にスタートしたLINE payの新サービス「LINEポイントクラブ」。Visa LINE Payクレジットカードでの、チャージ&ペイ利用が1~3%のポイント還元対象となっており、過去6か月のあいだに獲得したLINEポイントの総量を基準に「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つにランク分け。ランクに応じて、コンビニや薬局、飲食店に加え、オンラインショッピングなどで使える様々な「特典クーポン」を獲得できます
カード利用に応じてLINEポイントが貯まるだけではなく、さらに利用実績に応じたお得なクーポンも貰えるのは、Visa LINE Payクレジットカードの大きな魅力の一つ。カードのメリットを最大限享受するためにも、LINE payの新サービスを上手く活用しましょう。

※LINEポイントクラブのサービス開始に伴い、従来のコード決済やLINE Payカードなどの支払い方法はLINEポイント還元の対象外になる点には注意が必要。

Visa LINE Payクレジットカードのメリット その1
年会費がかかる

Visa LINE Payクレジットカードの年会費は1,375円(税込)。初年度のみ年会費無料ですが、2年目以降から年1回以上カード利用がないと年会費が発生するように。また、ETCカードや家族カード(2枚目以降)を発行した場合は、それぞれ別途年会費が必要になります。
もともとクレジットカードをあまり使わないという人や、とにかく年会費無料でコスパの良いクレジットカードを持ちたい人には、あまりおすすめできない1枚と言えます。

Visa LINE Payクレジットカードのメリット その2
付帯保証が弱い

ポイント還元率の高さや、LINE payとの連携で利用できる便利なサービスが魅力のVisa LINE Payクレジットカードですが、旅行傷害保険やショッピングガード保険など、カードに付帯する保証は弱いという一面も
旅行やオンラインショッピングで使える付帯サービスの充実したクレジットカードを求める人にとって、魅力のあるクレジットカードとは言えません。

Visa LINE Payクレジットカードに入会を検討している方必見!
お得度の高いおすすめの1枚

ポイント還元率の高さとお得なキャンペーンが魅力のVisa LINE Payクレジットカードですが、実はこのカードに対抗できるほどお得なクレジットカードをJCBが発行しています。それは「JCB CARD W」です。
JCB CARD Wの特徴は、年会費永年無料ながら、基本ポイントが常時JCB一般カードの2倍以上(ポイント還元率1%以上)というポイント還元率の高さにあります。カード利用1,000円(税込)につき、2ポイント貯まり、1ポイント=3〜5円という好レートでさまざまな商品・サービスと交換可能。また、貯めたポイントは、電子マネーnanacoやTポイント、楽天ポイントなどの提携先各社のポイントに加え、ANAマイルやJALマイルへの移行にも対応。さらにセブン-イレブンやスターバックス、昭和シェル石油など、ポイント特約店でのカード利用で獲得できるポイントが大幅にアップする他、JCBのポイント優待サイト「Oki Dokiランド」経由でAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのネットショッピングを利用すると、ポイント還元率が最大20%までアップします。なお、今なら新規入会者限定で最大16,500円分のポイントが貰えるのに加え、入会後3か月間はポイント還元率が4倍(スマリボ登録で10倍)までアップするお得なキャンペーンも実施中(2020年5月31日まで)です。
さらにETCカード・家族カードも年会費無料で発行できる他、最高2,000万円の海外旅行障害保険と、最高100万円の海外ショッピングガードという手厚い保険が付帯する点も、Visa LINE Payクレジットカードにはない大きな魅力です。
JCB CARD Wは、年会費永年無料ながら、通常の2倍以上という高還元率を実現しているのに加え、年会費無料のETCカード・家族カードの発行、手厚い保障の付帯など、コスパの高さはVisa LINE Payクレジットカード以上と言えるでしょう。

JCB CARD W 画像

JCB CARD W 公式サイトへ行く

年会費 永年無料
※入会資格は満18歳39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある人
ポイント 還元率1%〜
カード利用1,000円(税込)につき2ポイント付与
主な付帯サービス
  • ETCカード/家族カード:発行手数料&年会費無料
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 海外ショッピングガード保険:最高100万円
  • Apple Pay/QUICPay搭載
  • JCBプラザラウンジが利用可能
キャンペーン 新規入会で最大16,500円&さらに今ならポイント最大20倍!(2020年5月31日まで)

JCB CARD W

Visa LINE PayクレジットカードとLINE payの新サービスを上手く活用し、お得で便利にカード生活を楽しもう!

LINEの発行する新しいクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」に注目した、今月のクレジットカードランキングのニュースはいかがでしたか?お得にVisa LINE Payクレジットカードをゲットしたい人は、初年度限定キャンペーンを実施しており、ポイント還元率が3%になっている今こそ見逃せないチャンスです。

Visa LINE Payクレジットカードは、「チャージ&ペイ」や「LINEポイントクラブ」など、2020年5月1日に大幅リニューアルされたLINE Payのサービスと合わせて使うことで、その真価を発揮します。LINE payユーザーはもちろん、少しでもお得にクレジットカードを活用したい人は、LINE payのサービスもしっかりチェックしておくといいでしょう。

LINE payをよりお得で便利にするVisa LINE Payクレジットカードに興味がある人は、本ニュースの内容も参考に、ポイント還元率が3%になるキャンペーン期間中に申込みを検討してみてはいかがでしょう。

Author : たかしま
Hayakawa所属のライター・編集者。趣味は旅行と料理。話せる言語は日本語・英語・ロシア語。旅行の予約にクレジットカードを使う頻度が高い。海外サイトもよく利用するので、クレジットカードの不正利用には気を付けている。