クレジットカードランキング 最新ニュース 第46回

クレジットカードの分割払い、リボ払いの違いは?賢い利用方法と注意点

分割払いとリボ払い・画像

クレジットカードの支払い方法は、大きく分けると「一括払い」「分割払い」「リボ払い」の3種類があります。クレジットカードの利用をスタートしたばかりの方や、これからクレジットカードを作ろうと考えている方の中には、「分割払いの方が一回で支払う金額が少なくなるので、お得では」「分割払いとリボ払いの違いがわからない」という方も、数多くいらっしゃるはず。
そこで今回のクレジットカードランキングのニュースは、クレジットカードの分割払いとリボ払いとの違いと賢い利用方法、また注意点について、わかりやすく解説します。

分割払いとリボ払いの違い

分割払い

分割払いとは、クレジットカードの支払い方法の1つで、支払いを何度かに分割して行うことです。分割払いを指定すると、支払い総額に対して、分割回数で割った料金を毎月支払えばOK。例えば3万円の商品を購入して、3回払いを選択した場合、月々の支払いは1万円。3ヵ月間で全ての支払いが完了する仕組み(※分割払い手数料に関しては後述)になっています。
支払い回数には、「3回払い」「12回払い」「24回払い」などがあり、各クレジットカード会社が指定する選択肢の中から、好きな支払い回数を選択することが可能です。また、分割払いは審査が必要ないため、誰でもすぐに利用可能な点も、ポイントの一つ。
利用方法は、店頭で買い物をした場合、「〇回払いでお願いします」と店員の人に伝えるだけ。また、ネットショッピングの場合も、支払い回数を選択できるため、希望の回数を選びましょう。

リボ払い

対してリボ払いは、支払い回数が決まっておらず、支払いが完了するまで毎月同じ金額を払い続ける仕組みを採用しています。例えば、3万円の商品を購入して、月々5,000円ずつの支払いに設定していた場合、30,000円÷月5,000円=6ヵ月で支払いが終わる(※リボ払い手数料に関しては後述)ことに。リボ払いは、支払い金額を変更することや繰り上げ返済はできますが、支払い回数の指定はできない点が、分割払いとの大きな違いでしょう
利用は分割払いと同じように、リボ払いで支払う旨を伝えれば利用可能です。また、一部のリボ払い専用カードは、通常のカード決済をするだけで、全ての支払いが自動的にリボ払いになります。

分割払いとリボ払いの注意点

この2つの支払い方法を選ぶ際、気を付けなければいけないのが、手数料の支払い。分割払い、リボ払い共に支払う回数が多ければ多いほど、手数料は高くなる点には注意が必要です。
例えば、年会費無料の「楽天カード」を利用して、3万円の買い物を3回払い/12回払い/24回払いにした場合、月々の支払いと支払い総額は以下のようになります。

分割払い

3回払い
1ヵ月の支払い金額 30,000÷3=月10,000円
手数料 100円あたり2.04%=月612円
1ヵ月あたりの支払い金額 10,000+612=10,612円
手数料も含めた支払い総額 31,836円
12回払い
1ヵ月の支払い金額 30,000÷12=月2,500円
手数料 100円あたり8.16%=月2,448円
1ヵ月あたりの支払い金額 2,500+2,448=4,948円
手数料も含めた支払い総額 59,376円
24回払い
1ヵ月の支払い金額 30,000÷24=月1,250円
手数料 100円あたり16.32%=月4,896円
1ヵ月あたりの支払い金額 1,250+4,896=6,146円
手数料も含めた支払い総額 147,504円

また、リボ払いの場合、手数料は支払い残額に対して計算されるため、一番最初の支払いがもっとも高くなります。支払いは、多くの場合1ヵ月5,000円が最低額です。

リボ払い

月15,000円支払った場合
支払い回数の合計 2回
手数料 実質年利15%(合計562円)
手数料も含めた支払い総額 30,562円
月10,000円支払った場合
支払い回数の合計 3回
手数料 実質年利15%(合計750円)
手数料も含めた支払い総額 30,750円
月5,000円支払った場合
支払い回数の合計 6回
手数料 実質年利15%(1,311円)
手数料も含めた支払い総額 31,311円

分割払いやリボ払いの手数料は、1回ずつの支払いは少なく感じますが、総額にすると無視できない金額になります。無駄な手数料を払いたくない方は、無理に高額な買い物をせず、できるだけ一括で払うよう心掛けましょう。
また、どうしても必要になったため、分割払いやリボ払いを利用する方は、事前に総額でいくら払うのか、月々の支払いに無理はないか、しっかり把握し、お金が手元に入った段階で繰り上げ返済することが大切です。

一括払いも分割払いも可能!編集部おすすめの、お得なクレジットカード

楽天カード・画像

楽天カード 公式サイトへ行く

年会費
無料

楽天の子会社である「楽天カード」が発行する、クレジットカード。分割払い、リボ払いへの対応はもちろん、購入した商品をあとから分割払いにする、あとから分割にも対応している。通常のカード利用は還元率1%だが、楽天市場で利用すると常時4%までアップ。さらに、キャンペーンを利用すると、最大で8%になる。
また、最大2,000万円を保障する海外旅行傷害保険、ネット上で楽天カードが不正利用された場合の損害を補償する「ネット不正あんしん制度」など、保障が充実している点も嬉しい。クレジットカード初心者から上級者まで、幅広くおすすめできるクレジットカードだろう。