クレジットカードランキング 最新ニュース 第37回

オリコポイントがPontaポイントとの相互交換に対応

2017年4月25日に、オリコカードを発行する信販大手オリコが、自社のポイントサービスオリコポイントと、共通ポイントサービス「Ponta」が相互交換を開始することを発表しました
ポイントの交換比率は1対1となっており、オリコポイントをそのままPontaポイントに移すことができます。

コンビニ・画像

ちなみにオリコカードはポイントサービスが少し特殊で、暮らスマイルとオリコポイントという二つのポイントが存在しています。

一般的なオリコカードは、カードを利用すると、暮らスマイルと呼ばれるポイント(※スマイル)が貯まり、このスマイルをオリコポイントに交換することができます。 このポイントは一方通行の関係で、暮らスマイルは1スマイルを5オリコポイントに交換できますが、オリコポイントを暮らスマイルに交換することはできません。

オリコは様々なカードを発行していますが、ほとんどのカードが暮らスマイルを採用しており、Pontaポイントに交換する場合、暮らスマイルで貯めたスマイルを一度オリコポイントに交換した後で、Pontaポイントへ交換するという手続きが必要になる点には注意しましょう。

≪ 暮らスマイルとオリコポイント、Pontaポイントの交換フロー ≫

暮らスマイル→(交換比率 1対5)オリコポイント⇔(等価交換 1対1)Pontaポイント

  • 暮らスマイルからオリコポイントへは1スマイルが5ポイント。ただしオリコポイントから暮らスマイルへの交換は不可
  • オリコポイントとPontaポイントは相互交換可能。交換比率は1対1

最後にオリコポイントを直接貯めることができ、且つポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードランキング編集部がおすすめするのは「オリコカード・ザ・ポイント」です。一般的なオリコカードの基本ポイント還元率は0.5%ですが、オリコカード・ザ・ポイントは常に一般カードの2倍の設定。つまりどこでカードを利用しても、1%ポイントを貯めることができるのです

さらにオリコカード・ザ・ポイントであれば、カード入会から6か月間はポイント還元率が2%にアップ。またオリコモールを利用すると通常の獲得ポイントに0.5%特別加算。電子マネーもiDとQUICPayをダブル搭載しており、Apple Payにも対応するなど、とにかくポイントを貯めやすい点が最大の特徴です。
ちなみにこれだけサービスが付帯していて、年会費が永年無料という点も見逃せません。

オリコカード・ザ・ポイント画像

オリコカード・ザ・ポイント 公式サイトへ行く

年会費 永年無料
入会条件 原則として18才以上の方(高校生は除く)
家族カード 無料
ETCカード 無料
電子マネー iD、QUICPay
Apple Pay 対応済み
ポイント還元率 カード利用100円につき1オリコポイント(1%還元)
主な特典
  • カード入会から6か月間、ポイント還元率2%
  • オリコモールの利用で通常の獲得ポイントに0.5%特別加算

オリコカード・ザ・ポイント

オリコポイントが貯めやすいということは、イコールPontaポイントを貯めやすいということであり、現時点では最もおすすめできるクレジットカードの1つです。

まだPontaとの相互交換は始まったばかりですが、クレジットカードランキングが実施するPontaクレジットカードのランキングでも、今後はオリコカードが台風の目になりそうです。
オリコユーザーもPontaユーザーも相互交換サービスを上手く活用し、ポイントを無駄にすることなく使い切りましょう!