みんなのクレジットカードの保有枚数は?カードを利用する理由、カードの平均利用額をご紹介します

クレジットカードランキング
HOME >  クレジットカードランキング ニュース バックナンバー > クレジットカードランキング ニュース 第35回

Newsクレジットカードランキング ニュース 第35回

みんなのクレジットカードの保有枚数は?JCBが最新の調査結果を発表!

国内最大手のクレジットカード会社JCBが、2017年2月17日に2016年度版のクレジットカードに関する総合調査を発表しました。本調査は毎年JCBがカードブランド問わず、カード利用者向けに実施しているもので、クレジットカード業界では、カードユーザーの動向を反映する指標として毎年大きな注目を集めています。

今回のクレジットカードランキングニュースは、最新の調査結果に注目。みんなのクレジットカードの保有枚数や、カードを利用する理由、カードの平均利用額をご紹介します。

1. みんなのクレジットカード保有枚数は?

本調査によるとクレジットカードの保有枚数は、平均すると3.2枚という結果になりました。その一方で実際の保有枚数のデータを見ると、面白い結果が出ています。

図1:クレジットカード保有枚数(2016年)

図1:クレジットカード保有枚数(2016年)

この結果を分析すると、クレジットカード保有枚数は平均すると3.2枚になるものの、実際のクレジットカード保有枚数で一番多いのは2枚、次いで1枚、その次が3枚、5枚となることがわかります。また7枚以上保有するクレジットカードホルダーが全体の7%もいるのは驚くべきことです。3.2枚という平均保有枚数は、このようなクレジットカードホルダーの存在が全体の平均を押し上げた結果と言えるでしょう。

2. みんながクレジットカードを利用する理由は?

それでは次にメインとして利用しているクレジットカードを選んだ理由をご紹介したいと思います。以下はクレジットカードの利用理由の上位5位を抜粋したものです。

1位:ポイントやマイルが貯めやすいから 46%
2位:入会金・年会費が他社と比較して安いから(無料含む) 33%
3位:日常的に利用している銀行・郵貯などの口座を利用できる 16.2%
4位:自分のよく利用するお店で割引などのサービスがあるから 13.2%
5位:ポイント交換商品が良いから 12.1%

この結果を見るとクレジットカード利用者がポイント(マイル)還元率と年会費の有無を最も重視していることがよくわかります。実際にクレジットカードランキングが実施しているランキングの中でも最も人気があるのは、得するクレジットカードランキングです。
この二つが他の項目に2倍近い差をつけていることを考えると、この傾向はしばらくは変わらないでしょう。

チェック得するクレジットカードランキング

3. みんなのクレジットカード利用金額は?

最後にみんなのクレジットカード利用金額を見ていきます。本調査では2016年のメインカードのクレジットカード利用額は平均4万9,300円、サブカードのクレジットカード利用額は平均1万4,700円となりました

この数値は2014年を境に低下しています。2015年、2016年と景気は回復基調にあると言われる中、クレジットカードの利用額が減少しているのは、不可解な兆候と言えるでしょう。昨今の決済手段の多様性を考えると、一部ユーザーが電子マネーやデビットカードといった他の決済手段に流れた可能性は否めません。

その一方で2017年にはApplePayやAndroidPayといったクレジットカードを必要とする新しい決済手段がさらに普及する可能性があります。これらの決済手段が普及すると、コンビニなどでクレジットカードがさらに使いやすくなることから、2017年にはクレジットカードの利用額が反転し、増加する可能性もあるでしょう。

今回のクレジットカードニュースは最新の統計データから、クレジットカードの利用動向を分析しました。詳細は参考ページの「クレジットカードに関する総合調査」でダウンロードできるので、興味がある方はチェックしてみてください。

クレジットカードランキング編集部は、お得で便利なクレジットカードの利用をみなさんにおすすめしています。2017年はお得で便利なクレジットカードの紹介にさらに力を入れ、みなさんにお届けする予定です

今月だけではなく、来月もクレジットカードランキングのニュースを是非チェックしてみてください。

得するクレジットカードランキング&マイルが貯まるカードランキング

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

マイルが貯まるカードランキング

JALカード
カードに入会すると初回搭乗の際1,000~5,000マイルもらえる。フライトで利用すると区間基本マイル+10~25%のボーナスマイルを付与。家族でマイルを合算できる点もJALカードの大きな魅力。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
入会で1,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA SUICAカード
他のANAカード同様マイルを貯めることができ、さらにSUICAも利用できるのでJRや私鉄の利用もこの一枚で済ませられる。関東圏に住んでいる人には有力な一枚。
マイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カード
マイルアップメンバーズに入会する事で、通常は1,000円につき5マイルのところにボーナスマイルが10マイル加算され、15マイル貯めることができる。ユナイテッド航空を利用する人はもちろん、スターアライアンス系列の航空会社を多く利用する人には十分価値のあるカード。
ダイナースクラブカード
1ポイント100マイル換算で7つの航空会社のマイルに交換することができる。ポイントに有効期限がないため実質無期限でマイルが貯まる。