富裕層向けのクレジットカード「Luxury Card(ラグジュアリーカード)」とは?

クレジットカードランキング 最新ニュース 第32回

富裕層向けのクレジットカードが日本に初上陸!その特典やサービス内容は?

Luxury Card HP画像

米国で富裕層向けクレジットカードを発行する「Luxury Card(ラグジュアリーカード)」が、マスターカードと提携。マスターカードブランドの中でも最高峰のステータスを誇る「World Elite Mastercard」を搭載したクレジットカードの発行を、日本で初めて開始しました。

そこで今回のクレジットカードニュースは、日本に初上陸した富裕層向けクレジットカード「ラグジュアリーカード」に注目。カードの種類や、サービス内容をご紹介します。

ラグジュアリーカードのラインナップは、ゴールド、ブラック、チタンの3種類。その全てが金属です。それではまず、全てのカードに共通したサービスをチェックしていきます。

ラグジュアリーカード共通サービス

  • グローバル・コンシェルジュサービス:専任のコンシェルジュが世界中のカード会員のあらゆるニーズに24時間365日体制で対応
  • ポイント還元:国内利用分はカード利用金額1,000円につき1ポイント、海外利用分は2ポイント付与。また提携航空会社のマイルに1ポイント3マイル換算で移行可能。
  • トラベルサポート:世界中の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が付帯。さらに国際線での出発もしくは帰国時に荷物を最大3個まで無料で宅配できる手荷物宅配無料サービスも利用可能
  • ダイニングサポート:ラグジュアリーカードが厳選した人気レストランのコース料理をアップグレード。さらに世界中の人気レストランと提携し、カード会員向けに特別な優待を提供
  • ライフスタイルサポート:家事代行サービスを優待価格で提供。全国20万人の医師から、専門医が選定した名医を紹介する名医紹介サービスを利用可能。
  • 「LUXURY MAGAZINE」の送付:世界の富裕層向けに、厳選した最新情報をご紹介する会員限定情報誌

以上がラグジュアリーカード共通のサービスです。これらのサービス内容から考えると、ラグジュアリーカードは、一般的なプラチナカードと同等以上のサービスを提供していると言えそうです。

それでは次にカード別年会費と特典をチェックします。ラグジュアリーカードは、ステータスの高い順にゴールド、ブラック、チタンとなっています。日本ではゴールドカードよりもチタン、ブラックのほうがステータスが高いイメージがありますが、ラグジュアリーカードではゴールドが最上位となる点には注意が必要です。

Mastercard® Titanium Card

Mastercard® Titanium Card 公式サイトへ行く

年会費 5万円+税(家族会員1万5千円+税)
特徴 チタンを使用した金属製クレジットカード。国内カード利用分は最大1.5倍、海外利用分は2倍のボーナスポイントを付与。最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が付帯。

Mastercard® Titanium Card

Mastercard® Black Card

Mastercard® Black Card 公式サイトへ行く

年会費 10万円+税(家族会員2万5千円+税)
特徴 表面にマットブラックステンレス、背面にカーボン素材を使用した金属製クレジットカード。国内カード利用分は最大2倍、海外利用分は2倍のボーナスポイントを付与。予約困難なお店の席を確保するサービスを利用可能。ハワイアン航空のエリート会員ステータス「Pualani Gold」を提供。

Mastercard® Black Card

Mastercard® Gold Card

Mastercard® Gold Card 公式サイトへ行く

年会費 20万円+税(家族会員5万円+税)
特徴 24金仕上げの金属製クレジットカード。国内カード利用分は最大3倍、海外利用分は2倍のボーナスポイントを付与。ハワイアン航空のエリート会員ステータス「Pualani Platinum」を提供。さらに国立新美術館の企画展を同伴者1名まで無料で鑑賞可能。

Mastercard® Gold Card

ラグジュアリーカードは最も年会費が安いもので5万円+税、最上位のゴールドカードは何と20万円+税となっており、一般的なプラチナカードをはるかに上回る年会費が設定されています。

またそれぞれのカードが特別な金属を使用。他とは異なるクレジットカードを持ちたい富裕層にとって、シンプルで高級感のあるデザインは大きな魅力と言えるでしょう。

サービス面を見ると、現時点ではその多くが他のプラチナカードでも利用できるものに収まっていますが、ブラックカード、ゴールドカードに付帯するハワイアン航空のエリート会員資格は要チェックです。このサービスは他のカードにはない独自サービスであり、ハワイアン航空を利用する機会がある方であれば、大きなメリットと言えるでしょう。

日本ではまだ一般的とはいえない富裕層向けクレジットカードですが、実は海外では券面にダイヤをあしらったクレジットカードも発行されており、富裕層向けクレジットカードというジャンルが確立しています。今回のラグジュアリーカードの参入を機に、富裕層向けクレジットカードの文化が日本でも根付くかどうかは、カード発行会社が日本の富裕層が求める特別なサービスを提供できるかどうかにかかっているといえるでしょう。

クレジットカードランキングでは、今後も富裕層向けクレジットカードの動向をしっかりウォッチしていく予定です。