TポイントのCCCが新アプリをリリース。クレジットカードなどお財布の中のカード類を1つに集約

クレジットカードランキング 最新ニュース 第28回

クレジットカードやポイントカードを1つに集約できるアプリ「スマホサイフ」とは?

財布からクレジットカードが見えている画像

Tポイントで知られるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の子会社・CCC マーケティングが、財布の中のカード類をまとめられるアプリ「スマホサイフ」の提供開始を予定しています。

いつもお財布がカード類でパンパンの人や、ポイントカード等をたまたま持ち歩いていない時に限ってその店で買い物をすることになり残念な思いをしたことがある人には朗報です。
既にスマホにポイント付与やキャッシュ機能を移行するサービスも進んでいますが、結局は複数のアプリが必要となり、使用頻度の低いアプリがスマホのデータ容量を圧迫することになっています。

「スマホサイフ」の場合は、ポイントカードやスタンプカード、クレジットカード、電子マネー、キャッシュカードなどを1つのアプリに集約。店頭でバーコードやQRコードなどを提示することで、スタンプやポイントが貯まり、決済も可能となります。また、ポイントや電子マネー等の残高、各種カードの利用履歴も閲覧可能。モスバーガーやGAP(ギャップ)、日比谷花壇など、「スマホサイフ」提携企業のクーポンやお得情報も配信されます。

アプリの提供開始は7月20日からで、利用料は無料。App StoreとGooglePayの双方でダウンロードが可能になります。登録できるクレジットカードやポイントカードの種類については本リリースを待つ必要がありますが、財布の中でつい増えがちなカード類を、スマホ内の1つのアプリにまとめられるメリットは大きいでしょう
クーポンなどの配信は、アプリの利用者だけでなく提携企業にとってもCRM (顧客の満足度を上げ、企業への親密度をアップする)機能や新規顧客の獲得といったメリットがあり、今後も多くの企業が「スマホサイフ」に参加していくことが予想されます。提携企業が増えれば、それだけアプリの利便性もアップするでしょう。

クレジットカードのヘビーユーザーやTポイントユーザー、そしていつも多数のポイントカード類を持ち歩いている人は、「スマホサイフ」のリリースとその後のサービス拡充に期待しましょう。

ポイントカードやクレッジットカードなどをひとつに集約した、共通プラットフォームの役割を果たすアプリ。店頭でスマホの画面にバーコードやQRコードを表示することで、様々なカードのポイントが貯まり、Tポイントやクレジットカードでの決済も可能になる。