クレジットカードランキング 最新ニュース 第26回

Amazonクレジットカードで送料無料に。Amazonの配送料を節約できるおすすめカードとは?

GOODのハンドジェスチャーをしている人の画像

ネット通販大手のAmazonでは、2016年4月6日より一部の配送料が有料化されました。 これは、Amazonが発送する商品の注文金額が2,000円未満(税込)の場合、350円(税込)の配送料が発生するというものです。

ただし、Amazonが配送する書籍やAmazonギフト券は購入額に関わらず送料無料。また、1配送の中にAmazonが配送する書籍を含む場合もこれまで通り送料無料となります。

とはいえ、たまたま欲しい本や物がない場合は、配送料350円を支払わなければならなかったり、他に購入したい物が出てくるまで目当ての商品の購入を見合わせたりと、歯がゆい思いをするケースもあるでしょう。

Amazonを送料無料で利用するもう一つの方法としては、年会費3,900円のAmazonプライム会員になる方法があります。
Amazonプライム会員になると、Amazonの送料が無料になるほか、当日配送や日時指定などの配送サービスも無料利用可能。そのほか音楽ダウンロード(Amazon Prime Music)、TV・映画などの視聴(Amazonプライム・ビデオ)、写真のクラウド保存(プライムフォト)といったサービスも無料で利用できるようになります。

3,900円という金額を安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれですが、Amazonプライムの年会費を1か月あたりに換算すると、325円とAmazonの通常配送料よりも安くなります。
月に1回程度のペースで書籍以外の少額アイテムを購入する機会が多い(=配送料350円の対象になりやすい)人の場合は、Amazonプライムの加入で元が取れる計算です。

年3,900円のAmazonプライムが無料付帯する「Amazon MasterCard ゴールド」

Amazonプライムにさらにお得に加入したい場合は、Amazonが発行するクレジットカードの特典を利用すると良いでしょう。

Amazon MasterCard ゴールドのHP画像

Amazon MasterCard ゴールドには、無料でAmazonプライムが付帯。さらに、入会キャンペーンとして3,000円相当のAmazonポイントをもらうことができ、Amazon.jpでのカード利用で2%のAmazonポイントが付与されます(Amazon.jp以外のカード利用では1%のAmazonポイントを付与)。
年会費が10,800円かかる点がネックですが、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」への登録で年会費を半額(5,400円)にすることができます
さらにカード明細をWEB上で発行する「カードご利用代金WEB明細書サービス」を利用するると、次年度の年会費が1,080円(税込)差し引かれ、最大6,480円の割引を受けることが可能。

「マイ・ペイすリボ」を利用する際は、リボ払い登録後にカード会社のWebサイト上で、リボ払いの支払額とカード利用上限額(リボ利用の上限額)を同じ額に設定すれば、リボ払い手数料を取られることなく、年会費割引を受けることができます。

これらの割引を受けた場合のAmazon MasterCard ゴールドの実質年会費は4,320円
Amazonプライムの年会費に+420円で、最大2%のAmazonポイント還元を受けられる計算になります。
420円分のポイント還元を受ける場合、Amazonでの利用(2%還元)であれば年間21,000円以上のカード利用で元を取ることが可能

Amazonを頻繁に利用する人やAmazonの配送料有料化でAmazonプライムへの加入を検討している人は、Amazonプライム特典が付帯し、さらに2%のポイント還元も受けることができるAmazon MasterCard ゴールドを検討してみてはいかがでしょうか。

Amazon MasterCard ゴールド

Amazon MasterCard ゴールド 公式サイトへ行く

年会費 10,800円(税込)※カード利用状況により翌年の年会費最大6,480円割引(実質年会費4,320円)
ポイント 【Amazon】カード利用100円につき2Amazonポイント(還元率2.0%)、【通常】100円につき1Amazonポイント(還元率1.0%)
付帯サービス・特典
  • Amazonプライム会員年会費(3,900円)無料
  • 海外旅行傷害保険・国内旅行保険(ともに最高5,000万円)
  • ショッピング補償(最高300万円)
  • 全国の主要空港ラウンジサービス利用可

Amazon MasterCard ゴールド