クレジットカードランキング 最新ニュース 第17回

プラチナカードのメリット

ゴールドカードを上回るステータスを誇るプラチナカード。ゴールドカードと比較すると、年会費が2~15万円と高額になる分、充実した特典を用意している点が大きな特徴です。今回はそんなプラチナカードのメリットをわかりやすく解説。プラチナカードにはどんな特典があるのか詳しく説明します。

 空港ラウンジのプライオリティ・パス

ラウンジ画像

空港のラウンジは、限られた人だけが利用できる、特別な待合室。軽食や飲み物を楽しみながら、出発までの時間を過ごすことができます。一般的にゴールドカードには、この空港ラウンジを無料で利用できる特典が付属していますが、対象となるのは国内空港と海外数箇所の空港のみ。
一方、多くのプラチナカードでは、なんと世界600箇所の空港ラウンジを無料で利用できる、「プライオリティ・パスプレステージ」が付帯。海外への出張や旅行がより快適になるのは間違いありません。

 コンシェルジュサービス

ステータスカードの代名詞ともいえるコンシェルジュサービスは、プラチナカードにおいても、ほとんどのカードに付帯。ゴールドカードと比較すると、受付時間が24時間になり、依頼できる内容の幅も広がるなど、サービスの質もレベルアップしていることが多いです。「接待に使えるような新宿のバーを探して」「駅近でルームサービスが充実したホテルを予約して」など自分で行うには手間がかかるようなことも気軽に頼めるため、多忙な人にとって非常に大きなメリットとなるでしょう。

 ホテルやレストランなどの優待特典

ホテルやレストランでの優待特典は、プラチナカードの大きなメリット。例えば、抜群のステータスと信用度を誇るアメリカン・エキスプレスのプラチナカードは、ホテルの部屋のアップグレード、アーリーチェックイン&レイトチェックアウトサービスを無料で受けられるファインホテル・アンド・リゾートが付帯。また、席が空いている場合には航空券の無料アップグレードを行うことも可能です。 優待サービスは年会費の金額に左右されることが多く、年会費が高額なほど優待サービスは充実します。

 ポイント還元率

プラチナカードによっては、ポイント還元率もメリットの1つ。
例えばコスパが高いプラチナカードとして有名なセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードでは、マイル還元率1.1%とプロパーカードよりも高い還元率でマイルが貯まるのが特徴。
プラチナカードの年会費は2万円~14万円程度と高額なため、ポイントだけで元をとることは難しいですが、ポイントを賢く貯めることができれば、格安な料金で上記の特典を利用することが可能です。

プラチナカードに向いている人、向いていない人

ホテル画像

プラチナカードの一番の特徴は、高額な年会費に見合った充実の特典。これは言い返せば、ポイント重視のクレジットカードとは異なり、特典を利用する機会によって、メリットの多さが決まるということです。
場合によっては、ワンランク下のゴールドカードのままの方がコスパが高い可能性もあり、プラチナカードの入会を検討している人は、自分が利用する特典が、年会費に見合っているかを必ず確認した方が良いでしょう。

コラム:プラチナカードを手に入れるためには?

プラチナカードを手に入れる方法は、招待(インビテーション)を受けるパターンと、自分から申し込むパターンの2種類があります。プラチナカードによってどちらの方法を採用しているか異なり、招待制の場合は、まずゴールドカードで実績を積むことが大切です。一方申し込み制プラチナカードも最近では増えており、招待制のカードに劣らない特典を提供。これからプラチナカードを手に入れたいと考えている人は、まずそれぞれのカードの発行条件と特典を確認してみましょう。