クレジットカードとEdy

クレジットカードランキング
HOME >  マメ知識一覧 > クレジットカードとEdy クレジットカード豆知識 8

Tips8.クレジットカードとEdy

最近はクレジットカードに電子マネーを搭載するカードが数多く発行されていますが、中でも最も人気が高いのがEdy搭載型のクレジットカードです。

数ある電子マネーの中でもEdyは最も普及しており、クレジットカードが使えない場所でもEdyが使えるケースは少なくありません。Edy搭載型クレジットカードを持っておけば、クレジットカードの活用範囲がぐっと広がることは間違いありません。

特にEdyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを上手く活用すれば一挙両得です。

ちなみに以前はEdyのチャージにクレジットカードを活用することで、実質無料でほとんどのカードのポイントを貯めることができましたが、クレジットカード会社の多くがこの裏技を禁じ(※1)たため今ではEdyチャージでポイントが貯まるカードは数が非常に少なくなってきています。
※1:楽天、オリコ、JCB、三井住友VISAに加え、三菱UFJニコスもEdyチャージの際のクレジットカードへのポイント付与を中止。

お得な使い方を追求するのであればポイントが貯まるEdy搭載型クレジットカードを利用するか、Edy搭載型クレジットカードのEdy部分に、Edyチャージでポイントが貯まる他のクレジットカードでチャージするという方法が最も有効です。

下記は編集部がお薦めするEdy搭載型クレジットカードとEdyチャージでポイントが貯まるクレジットカードの組み合わせです。これからEdy搭載型クレジットカードを作ろうと考えている方は参考にして頂ければと思います。

ちなみにクレジットカード会社に問い合わせたところ、現在のところサービスに変更の予定はないとのことですが、今後どうなるかはわかりません。クレジットカードをお得に活用したい方は、この裏技が通用している今のうちにしっかりとメリットを享受しましょう。

1枚でEdy機能とチャージでのポイント付与を両立

ANA JCBワイドゴールドカード

このサイトへいく

年会費
14,000円+税
入会キャンペーン
ANA JCBカードに新規入会し、条件を満たすと最大で10,000マイルプレゼント!(9月30日まで)
Edyチャージ
でのポイント
200円につき1マイル
(※通常の半分)
その他の特典
  • 国内最高5,000万円、海外最高1億円の旅行傷害保険が無料付帯
  • ANAグループの空港内免税店が10%OFF
  • IHG・ANAホテル及びANAホテル朝食無料&ウェルカムドリンクサービス(※国内のみ)
備考
クレジットカード単体でEdy機能を搭載、且つチャージでもポイントを貯める事ができる数少ないカードの一つ。カードのスペックも充実しており、マイルを貯めたい方にはお薦めできるが、高額な年会費がネック。
カード申し込み
ANA JCBワイドゴールドカードのサイトへいく
2枚の組み合わせで威力を発揮 オススメ!

楽天カード

このサイトへいく

年会費
永年無料
入会キャンペーン
楽天カードに新規入会し、条件を満たすと5,000ポイント以上(5,000円相当)プレゼント
Edyチャージ
でのポイント
チャージによる付与はなし
その他の特典
  • 楽天市場で利用すると常に2%ポイント還元!
  • 家族カード年会費無料
  • 楽天でのショッピングを補償する楽天あんしん保険無料付帯
備考
Edy機能を搭載しているカードの中でもポイント還元率の高さはトップクラス。Edyチャージでポイントを貯める事はできないが、それ以外に目立った弱点はない。家族カードも年会費無料で作る事ができる。
カード申し込み
楽天カードのサイトへいく
2枚の組み合わせで威力を発揮 オススメ!

NTTグループカード

このサイトへいく

年会費
永年無料
Edyチャージ
でのポイント
1000円につき10ポイント
(※満額付与)
その他の特典
  • EdyはもちろんSuicaやICOCAのチャージでもポイントを満額付与
  • 出光SSでガソリン代が最大リッター40円OFFになる出光キャッシュバックシステム
  • エステ・カラオケ・飲食店の利用料金が割引になるクラブオフが無料付帯
備考
Edyチャージでポイントが貯まるカードは他にもあるが、年会費無料で且つ満額ポイントを付与するカードはほとんどない。Edy以外の電子マネーでもポイントを貯めることができるため、利便性は極めて高い。年会費永年無料という点も評価できる。
カード申し込み
NTTグループカードのサイトへいく

知ってトクする! マイルが貯まるカードランキング&お得なクレジットカードランキング

マイルが貯まるカードランキング

JALカード
カードに入会すると初回搭乗の際1,000~5,000マイルもらえる。フライトで利用すると区間基本マイル+10~25%のボーナスマイルを付与。家族でマイルを合算できる点もJALカードの大きな魅力。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
入会で1,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA SUICAカード
他のANAカード同様マイルを貯めることができ、さらにSUICAも利用できるのでJRや私鉄の利用もこの一枚で済ませられる。関東圏に住んでいる人には有力な一枚。
マイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カード
マイルアップメンバーズに入会する事で、通常は1,000円につき5マイルのところにボーナスマイルが10マイル加算され、15マイル貯めることができる。ユナイテッド航空を利用する人はもちろん、スターアライアンス系列の航空会社を多く利用する人には十分価値のあるカード。
ダイナースクラブカード
1ポイント100マイル換算で7つの航空会社のマイルに交換することができる。ポイントに有効期限がないため実質無期限でマイルが貯まる。

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。