家族カードが無料になるゴールドカードは? 空港ラウンジなどのお得な特典も紹介。

クレジットカードランキング
HOME >  マメ知識一覧 > ゴールドカードを家族で使おう クレジットカード豆知識 38

Tips38.ゴールドカードを家族で使おう -家族カードが無料&空港ラウンジも利用できるクレジットカードは?-

マメ知識38画像

ゴールドカードやプラチナカード等、高いステイタスを持つクレジットカードには、海外旅行保険、ショッピングやレストランでの優待、コンシェルジュサービスといった様々な特典が付帯します。
これらのクレジットカードの特典は、本人だけではなく、家族カード会員も対象となるケースがほとんど。魅力的なサービスを家族でシェアできるのは、ハイステイタスカードならではの醍醐味でしょう。

そこで今回は、ゴールドカードやプラチナカードの家族カードに注目。家族分の年会費が無料となるコストパフォーマンスの高いカードや、空港ラウンジなどを家族利用する際におすすめのカード等をご紹介します。

家族カードを無料で発行できるゴールドカード&プラチナカードは?

ゴールドカードやプラチナカードの多くは、カードのステイタスに応じて年会費がかかります。年会費は、低いもので1万円前後、高いものでは5万円や10万円のカードも珍しくありませんが、家族カードについては、1枚目であれば無料で発行できる場合があります(2枚目以降は家族カード用の年会費がかかるケースが一般的)。

家族カードが無料となるゴールドカード&プラチナカードは、本会員1枚分の年会費で家族も同様の特典を受けることができ、おすすめです。付帯する保険やサービスなどで、自分と家族にとって使い勝手の良いものを選択すると良いでしょう。

家族カードが無料のゴールドカード&プラチナカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費
29,000円(税別)※入会キャンペーン初年度年会費無料!
家族カード
1人目:無料、2人目以降:12,000円(税別)
空港ラウンジ
  • 国内28空港・海外2空港
    ※同伴者1名も無料(家族に限らず)
  • プライオリティ・パス(国内外の空港VIPラウンジ850ヶ所以上)
    ※本会員・家族カード会員とも年会費(99米ドル)無料&年2回まで利用料(27米ドル)無料
その他の
おもなサービス
  • 海外旅行保険最高1億円
  • 国内旅行保険最高5,000万円
  • 航空便遅延補償
  • ショッピングガード年間最高500万円
  • キャンセル・プロテクション
  • オーバーシーズ・アシスト24時間無料
  • 手荷物無料宅配サービス
  • American Express Invites レストラン優待
  • JCBゴールド グルメ優待サービス

公式サイトを確認する

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード
年会費
10,000円(税別)※入会キャンペーン初年度年会費無料&最大12,500円分プレゼント!
家族カード
1人目:無料、2人目以降:1,000円(税別)
空港ラウンジ
  • 国内40空港・海外1空港
その他の
おもなサービス
  • 海外旅行保険最高1億円
  • 国内旅行保険最高5,000万円
  • 航空便遅延補償
  • ショッピングガード年間最高500万円(国内・海外)
  • ゴールド会員専用デスク
  • JCBゴールド グルメ優待サービス

公式サイトを確認する

SBIプラチナカード

SBIプラチナカード
年会費
20,000円(税別)
家族カード
1人目:無料、2人目以降:5,000円(税別)
空港ラウンジ
  • ラウンジ・キー(世界500ヶ所以上の空港ラウンジ)
    ※本会員は年6回まで無料(7回目より2,000円/回)、家族カード会員は2,000円/回(税別)
その他の
おもなサービス
  • 海外旅行保険最高1億円
  • 国内旅行保険最高1億円
  • ショッピングガード保険年間最高50万円
  • 紛失・盗難保険
  • 利用金額に応じてボーナスポイント
  • 手数料決済なしで支払える「ドル決済サービス」

公式サイトを確認する

三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカード
年会費
50,000円(税別)
家族カード
1人目:無料、2人目以降:5,000円(税別)
空港ラウンジ
  • 国内28空港
    ※同伴者1名も無料(家族に限らず)
  • プライオリティ・パス(国内外の空港VIPラウンジ850ヶ所以上)
    ※メンバーズセレクション(年1回のプレゼントサービスで選択可能)
その他の
おもなサービス
  • 海外旅行保険最高1億円(家族特約付帯)
  • 国内旅行保険最高1億万円
  • 航空便遅延補償
  • お買い物安心保険年間最高500万円(国内・海外)
  • コンシェルジュサービス
  • 総合医や専門医によるセカンドオピニオンサービス
  • 食の逸品プレゼント

公式サイトを確認する

家族カードは空港ラウンジも利用可能!

ゴールドカードやプラチナカードの家族カードを利用すると、家族も無料で空港ラウンジを利用することができます。対象となる空港ラウンジの種類や数は、カードのブランドによって異なり、多くのクレジットカードは国内空港のラウンジをメインとしています。
海外の空港をメインで利用したい場合は、「プライオリティ・パス」が付帯するゴールドカード&プラチナカードがおすすめ

また、ANAやJALのマイルを貯めている方であれば、アメリカンエキスプレス・カードが航空会社と提携・発行するクレジットカードに注目してみましょう。アメックスでは、自社ブランドの空港ラウンジを同伴者1名まで(家族に限らず)無料で利用することができます。

プライオリティパスが付帯するゴールドカード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費
20,000円(税別)
家族カード
1人目:無料、2人目以降:3,000円(税別)
空港ラウンジ
  • プライオリティ・パス(国内外の空港VIPラウンジ900ヶ所以上)
    ※本会員、家族会員とも無料付帯
その他の
おもなサービス
  • 海外旅行保険最高1億円
  • 国内旅行保険最高5,000万円
  • ショッピングガード保険年間最高300万円
  • 国内・海外渡航便遅延保険
  • 犯罪被害傷害保険最高1,000万円
  • 手荷物無料宅配サービス
  • プラチナ・コンシェルジュサービス
  • 24時間健康・介護相談サービス

公式サイトを確認する

同伴者1名まで空港ラウンジが利用できるクレジットカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
年会費
7,000円(税別)
家族カード
2,500円(税別)
空港ラウンジ
  • 国内28空港、海外2空港
    ※同伴者1名も無料(家族に限らず)
その他の
おもなサービス
  • 海外旅行保険最高3,000万円
  • 国内旅行保険最高2,000万円
  • ショッピング・プロテクション年間最高200万円まで
  • オンライン・プロテクション
  • 空港クロークサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • ポイント移行コース(6,000円+税)利用でポイントが無期限に
  • 入会・継続・フライト利用時ボーナスマイル

公式サイトを確認する

JAL アメリカン・エキスプレス・カード

JAL アメリカン・エキスプレス・カード
年会費
6,000円(税別)※初年度無料
家族カード
2,500円(税別)
空港ラウンジ
  • 国内28空港、海外2空港
    ※同伴者1名も無料(家族に限らず)
その他の
おもなサービス
  • 海外旅行保険最高3,000万円
  • 国内旅行保険最高3,000万円
  • 手荷物空港宅配サービス(帰国時のみ)
  • 海外アシスタンスサービス「ハローデスク」
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム(3,000円+税)でJALマイル2倍
  • 入会&継続後の初搭乗・フライト利用時にボーナスマイル

公式サイトを確認する

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&マイルが貯まるカードランキング

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

マイルが貯まるカードランキング

JALカード
カードに入会すると初回搭乗の際1,000~5,000マイルもらえる。フライトで利用すると区間基本マイル+10~25%のボーナスマイルを付与。家族でマイルを合算できる点もJALカードの大きな魅力。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
入会で1,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA SUICAカード
他のANAカード同様マイルを貯めることができ、さらにSUICAも利用できるのでJRや私鉄の利用もこの一枚で済ませられる。関東圏に住んでいる人には有力な一枚。
マイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カード
マイルアップメンバーズに入会する事で、通常は1,000円につき5マイルのところにボーナスマイルが10マイル加算され、15マイル貯めることができる。ユナイテッド航空を利用する人はもちろん、スターアライアンス系列の航空会社を多く利用する人には十分価値のあるカード。
ダイナースクラブカード
1ポイント100マイル換算で7つの航空会社のマイルに交換することができる。ポイントに有効期限がないため実質無期限でマイルが貯まる。