mastercard titanium(チタン)

クレジットカードランキング
HOME >  マメ知識一覧 > mastercard titanium(チタン) クレジットカード豆知識 25

Tips25.mastercard titanium(チタン)

クレジットカードはカード発行会社によってさまざまなランクが設定されています。一般的にはクレジットカードには下記のランクがあります。

◆ 学生カード ◆

◆ 一般カード ◆

◆ ヤングゴールドカード ◆

◆ ゴールドカード ◆

◆ プラチナカード ◆

◆ ブラックカード ◆

上記のような流れでカードのステイタスがランクアップしていきます。ただしクレジットカードによっては発行されないカードやさらに細かい階級を設けているケースもあります。

例えば世界で最も発行枚数が多いクレジットカードブランドの一つ「MasterCard」では下記のようなカードランクが設定されています。

◆ スタンダード(※学生カード含む) ◆

◆ ゴールドカード ◆

◆ プラチナカード ◆

◆ チタンカード ◆

◆ ワールドカード ◆

スタンダードカード、ゴールドカード、プラチナカード、ワールドカードに関しては複数のクレジットカード会社から発行されていますが、チタンカードについては、2012年10月現在、日本では三井住友トラストクラブが発行するSuMi TRUST CLUB リワードカードのみとなっています。

ちなみにこのSuMi TRUST CLUB リワードカードはMastercardの区分でいうとプラチナカードの上に位置し、MasterCardが提供するVIP向けサービス「Taste of Premium」が利用できるにも関わらず、年会費は3,000円+税と破格の設定になっています。プラチナカードの一般的な年会費が21,000~52,500円である事を考えてもこの年会費の安さは驚異的と言えるでしょう。

クレジットカードコレクターの中でも非常に珍しいとされるMaterCard titanium(チタン)の保有を目指すのであればSuMi TRUST CLUB リワードカードは外すことができない選択肢になっています。

またSuMi TRUST CLUB リワードカードはMastercardのチタンクラスという魅力に加え、土日はポイントが3倍、空港ラウンジサービスが無料等、クレジットカードとしての実力もしっかり兼ね備えています。

クレジットカードコレクターはもちろん、これからクレジットカードを作ろうと思っている人にとっても選択して損はないカードと言えるでしょう。

● 日本で唯一のMasterCard Titunium(チタン)カード ●

SuMi TRUST CLUB リワードカード

このサイトへいく

カード紹介
三井住友トラストクラブが発行するMasterCard Tituniumクラスのクレジットカード。年会費は3,000円+税。MasterCardのVIP向けサービス「Taste of Premium」の利用に加え、空港ラウンジや国際線手荷物優待宅配サービスも利用可能。ポイントも海外は2倍、土日は3倍貯まるなど効率が良い。

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&プラチナカードランキング

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

プラチナカードランキング

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード
プラチナカードの中で申込みを受け付ける数少ないカード。年会費は21,000円と安く、サービス内容は他のプラチナ同様ハイクラス。世界中の空港が使えるプライオリティパスが付帯
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード
国内最大のカード会社MUFGが発行するプラチナカード。21,000円という破格の年会費設定ながらプライオリティ・パスが付帯。海外利用分はポイントが2倍になる
三井住友VISAプラチナカード
三井住友VISAが発行する発行するクレジットカード。プラチナカードの中ではサービスの充実度はトップクラス。プラチナ・クラブサービスに加え、レストラン優待等も利用可能
ダイナースプレミアムカード
世界最初のクレジットカード会社、ダイナースクラブが発行するプラチナカード。入会審査が非常に厳しいため、ダイナースを持つことこそが真のステータスと言う人も多い。
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
海外で絶大な威力を発揮するアメックスのプラチナカード。アメックス利用者の中から実績に応じて招待される。航空券の無料アップグレードや購入商品保障が付帯。