初めてカードを作る学生、未成年、主婦必見!クレジットカードの作り方とおすすめの1枚

クレジットカードの作り方!初めてカードを作る学生、未成年、主婦におすすめの1枚は?

クレジットカードの作り方!初めてカードを作る学生、未成年、主婦におすすめの1枚は?

はじめに

「新しい生活がスタートするのでクレジットカードを作っておきたい」、「ネットショッピングをすることが増えたので決済用のクレジットカードを発行したい」、「日々のお買い物でお得にポイントを貯めて家計を節約したい」等、さまざまな理由からクレジットカードを初めて作ろうと考えている方も多いはず。

ただ、初めてクレジットカードを作る際は、誰もがどのクレジットカードを作れば良いかわからないものです。

そこで、クレジットカードランキングが初めてクレジットカードを作る学生、未成年、主婦の方のために、「クレジットカードの作り方」をわかりやすく解説。クレジットカードを作るうえで必要になるものや、カード発行のための審査や利用限度額に加え、おすすめの1枚もご紹介します。

クレジットカードの作り方を知りたいと考えている学生や未成年、主婦の方は本特集をぜひチェックしてみてください。

クレジットカードの作り方!初めてカードを作る方が知っておきたいポイント

まずはクレジットカードを初めて作る際に知っておきたいポイントを解説します。
そもそもクレジットカードはどこで作ることができるのか、カードを作るときに必要なものは何か、未成年や学生、主婦でもカードを作れるのか、という3点に注目。

これからクレジットカードを作ろうと考えている未成年の方や学生、主婦の方は、まず以下の3点を確認しましょう。

クレジットカードを初めて作る前に その1
カードはどこで作れる?

クレジットカードは、作りたいカードによっても異なりますが、「店頭」もしくは「ネット」「郵送」にて申し込み、作成することができます

店頭の場合は、マルイやルミネ、伊勢丹、イトーヨーカドー、イオン、ANAなど、ネットではなく実社会でビジネスを行っており、店頭にカードカウンターを設置している企業の店頭で申し込みを行います。ネットの場合は、作りたいカードの公式サイトにアクセス、カード入会フォームに必要な情報を入力し、審査に追加するとカードが発行されます。郵送の場合は、作りたいカードの申込書を取り寄せ、必要書類を揃えて郵送することでカードの申し込みが可能。ネット申し込みや郵送申し込みの場合、カードの審査と発送に多少時間がかかる点には注意しておきましょう。

クレジットカードを初めて作る前に その2
必要なものは?

クレジットカードを作る際に必要なものは以下の3つ。

  • 本人確認書類
  • 銀行口座
  • 申込者本人の住所

本人確認書類は、免許証、マイナンバーカード、パスポート等、公的な書類が必要になります。顔写真入りの証明書を用意しておくのがおすすめです。顔写真入りの証明書を持っていない場合でも、健康保険証や住民票の写し、公共料金の領収書などをあわせて提出することで、申し込みを行うことができるカードも。
社員証や学生証は身分証明として使えない点には注意しましょう。

また、クレジットカードを作る際は、カードによる支払いを引き落とすための銀行口座が必要です。銀行口座に登録した印鑑が必要になる場合もあるので、申込時に念のため用意しておくと良いでしょう。

ネット申込や郵送申込の場合だけではなく、店頭申し込みの場合も、住所確認が必要となります。住所氏名が記載されている公共料金/社会保険料/税金等の領収書等を持参しましょう。

クレジットカードを初めて作る前に その3
未成年、学生、主婦でもカードを作れる?

学生、未成年、主婦の方でもクレジットカードを作れるのか、ケース別に解説します。また、カードを作るためのポイントも解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

学生でもクレジットカードは作れる?

. 18才以上であれば学生でもクレジットカードは作ることは可能です(※ただし、高校生は不可)。18才、19才で申し込む場合は保護者の同意を得ましょう。20歳以上であれば、親権者の同意も必要ないため、申し込みも簡単です。学生が初めてクレジットカードを作る場合は、学生専用に発行されているクレジットカードに申し込むのがおすすめ。審査に通りやすい点に加え、学生ならではの特典を受けることができます。

ちなみに、初めてクレジットカードを作る学生の場合は、利用限度額は基本的に10万円の場合が多く、学生カードの場合は最大でも30万円程度となっています。

未成年でもクレジットカードは作れる?

. 未成年がクレジットカードを作る場合には条件があり、以下の条件を満たすことでクレジットカードを申し込むことができます。

  • 申し込み者本人が18歳以上であること
  • 高校生不可
  • 親権者の同意があること

2021年2月現在、日本のカード会社では、高校生にはクレジットカードを発行していません
18歳以上の未成年の場合は、学生専用のクレジットカードなどを発行できますが、18歳以下・高校生の場合は、それらのカードも発行不可。
18歳以下・高校生の場合は、クレジットカードとほぼ同等の機能が利用できる「デビットカード」や「バンドルカード」の利用がおすすめです。未成年や高校生でも問題なく作ることができるため、チェックしておくと良いでしょう。
両親が利用しているクレジットカードの「家族カード」を発行するという選択肢もありますが、家族カードの発行対象者も18歳以上の高校生以外となっている場合が多いため注意しましょう。ちなみに、海外留学などの理由がある場合、アメックス含む一部のカード会社では18才以下であっても家族カードを発行しています。

主婦でもクレジットカードは作れる?

. 主婦の方でもクレジットカードを作ることはできます。ほとんどのカード会社では、審査の際に配偶者(扶養者)など家族の年収を含めた「世帯年収」や預貯金の情報を確認するため、パートや専業主婦の方でも、自分が被扶養者で扶養者に十分な収入があれば、クレジットカードは申し込み可能です。

また、家族カードを発行するという選択肢も。本会員に信用があるため、クレジットカードの発行に際し、審査はありません。家族カードとはいえ、本会員とほぼ同等のサービスを受けることができるほか、カードによっては発行費用や年会費が無料となるため、クレジットカードをお得に利用したいと考えている方は、家族カードの利用も検討しましょう。

クレジットカードの作り方は?店頭、ネット、郵送の3パターンを解説

クレジットカードを作るには、3つの方法があります。
初めてクレジットカードを作る方は、自分が作りたいと考えているクレジットカードはどの発行方法なのかを確認しましょう。

  • 店頭
  • ネット
  • 郵送

以下では、店頭、ネット、郵送の3つのパターン別にクレジットカードの作り方を解説します。チェックしてみてください。

クレジットカードの作り方
店頭で作る場合

クレジットカードを店頭で作る場合は、まず百貨店や大手駅ビル等のクレジットカードが発行できるお店(クレジットカードの発行カウンター)へ行きましょう。カウンターでクレジットカードを新規発行したい旨を伝えれば、その場で申し込み・発行が可能。申し込み情報を記入し、その場で審査を受け、審査に通ればカードを受け取ることができます。

店頭発行では、スタッフの説明を受けながらカードが発行できる点がメリット。クレジットカードを初めて作る方も安心して申し込むことができます。また、カードによっては即日発行が可能な点も魅力。

ちなみに、店頭でクレジットカードを作る際は、本人確認書類など、必要なものを事前に確認し、準備しておく必要があります。必要書類が揃っていない場合は、カードを発行することができない場合がある点には注意しましょう。

クレジットカードの作り方
ネットで作る場合

ネット申し込みが可能なクレジットカードを選べば、自宅のPCやタブレット、スマホなどから簡単にクレジットカードを作ることができます。

ネットでクレジットカードを作る場合は、作りたいと考えているカードを発行しているカード会社の公式サイトにアクセスし、ネットから必要事項を記入して申し込みます。本人確認書類は、スマホなどで撮影し、画像をアップロードして添付すればOKです。申し込み完了後、審査が行われ、審査に通過するとクレジットカードを発行。発行されたクレジットカードは、最初に指定した住所に2週間程度で郵送されます。

ネット申し込みはクレジットカードの作り方の中でも最も手軽で簡単な方法です。クレジットカードを初めて作る方にもおすすめです。

クレジットカードの作り方
郵送で作る場合

数あるクレジットカードの中には、郵送申し込みに対応しているものも。

郵送でクレジットカードを作る場合は、ネットもしくは店頭、郵送書類等で、作りたいクレジットカードの郵送申込書を取り寄せましょう。申し込み書類に記入し、本人確認書類の写しを同封して郵便で返送します。申込書がカード会社に到着すると、審査が行われ、通過するとクレジットカードを発行。受け取りの際に本人確認が必要な場合も。

ちなみに、郵送申し込みは、カードの申し込みから発送までにやや時間がかかります。通常審査に2週間程度、さらに郵送期間を含めると、申込書類の取り寄せからカードの発行まで3週間~1か月ほどかかる点には注意しておきましょう。

初めてカードを作る学生、未成年、主婦におすすめの1枚は?

ここでは、学生、未成年、主婦が初めて作るのにおすすめのクレジットカードをご紹介します。
年会費やポイント還元率、カードに無料で付帯する保険や特典等、それぞれのカードの特徴をチェックし、自分に合ったクレジットカードを見つけましょう!

初めてカードを作る学生におすすめのクレジットカード

学生が初めてカードを作る場合は、学生専用カードもしくは20代の若年層向けに発行されているカードがおすすめ
ちなみに、若いうちからクレジットカードを使うことで、クレジットヒストリーが蓄積され、社会的な信用を得ることができます。カードの利用状況によっては、利用限度額アップやゴールドカードや、プラチナカードへの招待状が届くことも。

三井住友カードデビュープラス 画像

三井住友カードデビュープラス公式サイトへ行く

年会費 1,350円(税込)
※初年度無料。次年度以降も前年1回以上の利用で無料
申し込み資格 18歳~25歳の方 ※高校生を除く
ポイント還元率 1%
…カード利用200円(税込)につき2ポイント
★入会後3カ月はポイントが5倍
付帯保険・補償
  • 会員補償制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償可能
その他の特典
  • 対象店舗を最大3つまで登録し、ポイントを通常+0.5%還元
  • スマホアプリ「Vポイント」を利用可能

入会キャンペーン
新規申し込み+カード利用で最大11,000円相当をプレゼント

三井住友カードデビュープラス(以下、「デビュープラス」)は、三井住友カードが発行する学生におすすめのクレジットカード。18歳~25歳限定のカードとして様々な特典を用意しており、初めてクレジットカードを作る学生から人気を集めている。年会費は通常1,350円(税込)だが、初年度は無料。また、次年度以降も年1回以上の利用で無料になる。

デビュープラスの特徴は、三井住友VISAが発行する他のカードの2倍ポイントが貯まる点。三井住友のクレジットカードは、通常200円(税込)のカード利用につき「Vポイント」を1ポイント付与するのに対して、デビュープラスは200円(税込)につき2ポイント貯まる。さらにカード入会から3ヵ月間は、ポイントが5倍にアップ。貯まったVポイントは、dポイントに1Vポイント=1dポイントで交換できる他、Amazonギフト券にも1Vポイント=1円相当で交換可能。また、1ポイント=0.6円相当でキャッシュバックにも充当できる。

この他にもコンビニやマクドナルドでのポイント優待も。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでの支払いにデビュープラスを利用すると、ポイントが通常のポイントに加えて+2%還元される。

また、三井住友カードが指定する約60店舗から好きなお店を3つ選び、登録しておくことで、そのお店でのカード利用時にポイントが通常のポイントに加えて+0.5%還元されるお得なサービスも提供。よく利用するお店のポイントを自分で選び、ポイント還元率をアップさせることができる。

デビュープラスは、学生が発行できるクレジットカードの中でも、屈指のお得度を誇るおすすめの1枚。クレジットカードを作るのが初めてという学生の方は、まずチェックしておきたいクレジットカードの1つ。

三井住友カードデビュープラス

Pick Up
海外旅行や日々のお買い物で活躍 20代~30代向けのクレジットカード

初めてカードを作る学生の方は、海外旅行傷害保険や海外ショッピングガード保険などの保険が無料で付帯しているクレジットカードもおすすめです。特に、これから新社会人となる学生の方で、初めてクレジットカードを作ろうと考えている方は、以下のカードもチェックしてみてください。

JCB CARD W 画像

JCB CARD W公式サイトへ行く

年会費 永年無料
申し込み資格 18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方
※高校生を除く学生の方も申し込み可能
ポイント還元率 1%
…月間のカード利用1,000円(税込)につき2ポイント
付帯保険・補償
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 海外ショッピングガード保険:最高100万円
その他の特典
  • ETCカード、家族カードの年会費無料
  • Apple Pay対応
  • QUICPay搭載
  • JCBプラザラウンジ利用可能
  • JCB旅行ガイドアプリ利用可能

JCBカードWは、JCBが発行する20代、30代限定のクレジットカード。海外旅行傷害保険、海外ショッピングガード保険が無料付帯するほか、カード利用でお得にポイントを貯めることができ、初めてクレジットカードを作る20代を中心に高い人気を誇っている。ちなみに、入会に際し、39歳以下という年齢制限があるものの、解約しない限りカードは自動更新され、40歳以降も継続して利用することができる。

ポイントは、月間のカード利用1,000円(税込)につき、2ポイント貯まり、1ポイント=3~5円換算でさまざまな商品・サービスと交換できる。さらにポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を経由し、AmazonやYahoo!ショッピング等のネットショッピングを利用するとポイントが最大20倍にアップする点も魅力。海外旅行傷害保険や海外ショッピングガード保険が無料付帯し、海外旅行や海外出張にも役立つクレジットカードとなっている点も嬉しい。

初めてクレジットカードを作る学生・新社会人の方や、ネットショッピング等でポイントを効率的に貯めたいという方はチェックしておきたいクレジットカードだろう。

JCB CARD W

初めてカードを作る未成年におすすめのクレジットカード

未成年の場合、18歳以上(高校生を除く)であれば、クレジットカードを作ることができますが、18歳未満の場合は、通常はクレジットカードを申し込むことができません。そのため、18歳未満の未成年や高校生の場合は、デビットカードもしくはバンドルカードを作るのがおすすめ。デビットカードもバンドルカードも入会審査がないため、カードを簡単に発行することができます。

ちなみに、バンドルカードは、アプリで簡単に利用を開始することができるプリペイド式のバーチャルカードです。手軽に発行することができますが、月間のチャージ上限額が決まっており、ポイントを貯めることができない(キャッシュバックがない)、海外の実店舗では利用できない等の理由から、未成年でクレジットカードを作りたいと考えている場合はデビットカードを作るのがおすすめです。

以下では、初めてカードを作る未成年の方におすすめのデビットカードをご紹介します。

GMOあおぞらネット銀行 VISAデビット付キャッシュカード 画像

GMOあおぞらネット銀行 VISAデビット付キャッシュカード公式サイトへ行く

年会費 無料
申し込み資格 日本在住で15歳以上の方(※高校生可)
ポイント還元率 0.6%(キャッシュバック)
★カスタマーステージによって最大1.5%までアップ
付帯保険・補償
  • 取引ごとにワンタイムパスワードを発行
  • トランザクション認証、指紋認証
  • 振込限度額設定
  • ATM利用限度額設定
  • VISAデビットにおける限度額設定
その他の特典
  • 世界中のVISA加盟店で利用可能
  • 外貨普通預金の金利が高い

入会キャンペーン
無料口座開設完了後2ヵ月間の利用金額に応じて最大5,000円をプレゼント

GMOあおぞらネット銀行 VISAデビット付きキャッシュカードは、GMOあおぞらネット銀行とクレジットカードの国際ブランド「VISA」が提携し、発行するデビットカード。年会費は永年無料で、未成年・高校生のカード発行にも対応している。GMOあおぞらネット銀行への無料口座開設と同時に、デビットカードを発行可能。

GMOあおぞらネット銀行 VISAデビット付きキャッシュカードの特徴は、高いキャッシュバック率を実現している点。通常時のキャッシュバック率は0.6%と、数あるデビットカードの中でも高い水準に設定。さらに「外貨普通預金の残高30万円以上」等の条件を満たすとカスタマーステージがランクアップし、キャッシュバック率も最大1.5%までアップする。

また、外貨普通預金の金利も米ドルの場合年0.2%と高いため、留学などで長期間海外に行く予定のある未成年の方は、利用を検討すべきだろう。ちなみに、円定期預金金利も年0.03%と好金利で利用できる。

その他にもカスタマーステージに応じて、ATMの引き出し手数料が最大15回まで無料、振込手数料も自行宛は無料、他行宛ても最大15回無料となる点もチェックしておきたい。
さらに、PayPayやd払いにも対応しており、スマホ決済で利用できる点も嬉しい。

GMOあおぞらネット銀行 VISAデビット付きキャッシュカードは、キャッシュバック率の高いお得なデビットカード。スマホ決済にも対応しているほか、外貨預金にも強く、国内外で使い勝手の良いカードのため、留学や旅行など海外に行く予定のある未成年の方にもおすすめできる。未成年(高校生)でクレジットカードを作りたいと考えている場合は、要チェックのデビットカードだろう。

GMOあおぞらネット銀行 VISAデビット付キャッシュカード

初めてカードを作る主婦におすすめのクレジットカード

主婦でも、扶養者に十分な収入があればカードを作ることができます。
ちなみに、主婦がクレジットカードを初めて作るのであれば、日々のお買い物でお得にポイントが貯まるカードを選ぶのがおすすめ。また、割引制度が充実しているクレジットカードを選べば、さらにお得にお買い物をすることができます。

以下では、初めてカードを作る主婦の方におすすめのクレジットカードをご紹介します。

イオンカードセレクト 画像

イオンカードセレクト公式サイトへ行く

年会費 無料
申し込み資格 18歳以上の方 ※高校生不可
ポイント還元率 ときめきポイント
  • ショッピング利用200円につき1ポイント付与
  • イオン系列店での利用は200円につき2ポイント付与
WAONポイント
  • 電子マネーWAONでの買い物やWAONのオートチャージで200円につき1ポイント付与
付帯保険
  • ショッピング保険:5,000円以上の商品の破損を180日間、年間50万円まで補償
その他の特典
  • 毎月20日、30日はイオン系列店での買い物代金が5%OFF
  • イオンシネマの映画が一般通常料金から各300円引き(購入時にカード利用)
  • 55歳以上限定、毎月15日にイオングループ店舗での買い物代金が5%OFF
  • イオン銀行の普通預金の金利が最大0.12%にアップ
  • Apple Pay対応

入会キャンペーン
新規で申し込みをすると最大5,000円+1,000円(Web経由のみ)相当分のときめきポイントをプレゼント
※2021年5月10日まで

イオンカードセレクトは、「イオンカード(※クレジットカード)」、「電子マネーWAON」、「イオン銀行のキャッシュカード」の3つの機能が付帯する年会費無料のクレジットカード。入会資格は18歳以上の方となっており、主婦の方も申し込み可能。

イオンカードセレクトの特徴は、イオン系列のお店でのポイントの貯まりやすさに加え、割引制度が充実している点。イオンカードセレクトは、通常のカード利用時には、200円につき1ときめきポイントが付与されるが、イオングループの対象店舗で利用すると、ポイント還元率が2倍にアップ。貯めたポイントは、1,000ポイント=1,000WAONに交換できる。

さらに、毎月20日、30日はイオン系列店での買い物代金が5%OFFになるほか、55歳以上の方限定で、毎月15日にイオングループ店舗での買い物代金が5%OFFになる。その他にも、イオンシネマの映画が一般通常料金から各300円引き、イオン銀行の普通預金の金利が最大0.12%にアップ等、イオン関連サービスでさまざまな特典が付帯する。

また、電子マネーWAONのチャージでポイントを獲得できる点もチェックしておきたい。イオンカードセレクトは、イオンカードの中で唯一、電子マネーWAONのチャージによるポイント付与に対応。オートチャージに設定することで、200円につき1WAONポイントを獲得することができる。

イオンカードセレクトは、年会費無料ながら、日々のイオンでのお買い物がお得になる特典が豊富なお得なカード。購入した商品の破損を補償するショッピング保険も付帯している点も嬉しい。日々の家計を節約したいと考えている主婦の方は、まずチェックしておきたいカードだろう。

イオンカードセレクト

まとめ

クレジットカードの作り方について解説した本特集はいかがでしたか?
初めてクレジットカードを作る場合は、クレジットカードの入会資格や申込方法をチェックし、自分に合った申込方法やクレジットカードを選ぶことが大切です。申し込みの際には、必要書類をしっかりと準備しましょう。
また、学生の場合は学生専用クレジットカードや、若年層向けの学生も申込み可能となっているクレジットカードがおすすめです。未成年(高校生)の場合は、原則クレジットカードに申し込みができないため、デビットカードやバンドルカードを利用しましょう。主婦の方は、日々のショッピングで役立つお得なクレジットカードがおすすめ。

これから初めてクレジットカードを作ろうと考えている学生や未成年、主婦の方は、ぜひ本特集を参考にしてみてください。

自分に合ったクレジットカードを見つけ、素敵なクレジットカードライフを始めましょう!

Author : 西山さき
Hayakawa所属のライター・編集者。主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。