フリーランスにおすすめのクレジットカードと審査の際に気をつけたいポイントを解説

フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

はじめに:フリーランスはクレジットカードを作れない? フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

フリーランスとして独立すると、個人用のクレジットカードとは別に経費決済用のクレジットカードを作っておきたいと考えるもの。
フリーランスとして活動する場合、経費決済用のクレジットカードを作っておくことで、資金繰り改善や会計の簡素化等、様々なメリットを享受することができます

その一方で、フリーランスは収入が安定しておらず、クレジットカードの審査に通りにくいという現実も。クレジットカードランキング編集部の中にも、独立後クレジットカードの審査に落ち、なかなかクレジットカードが作れなかったライターが在籍しています。

そこで、今回のクレジットカードランキングでは、フリーランスがクレジットカードを作る際に気を付けたい審査のポイントを解説。また、フリーランスの申し込みを受け付けているおすすめのクレジットカードをご紹介します
フリーランスとして独立した方で、クレジットカードの発行を検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

フリーランスがクレジットカードを作るメリットとは フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

まず、フリーランスの方が個人用とは別に経費決済用のクレジットカードを発行するメリットを確認しておきましょう。

フリーランスがクレジットカードを作るメリット(1)
手元資金の確保

クレジットカードを利用して決済すれば、実際に口座から資金が引き落とされるまで一定期間の猶予ができます。手元資金の確保ができる点は、フリーランスの方がクレジットカードを作る大きなメリットです。また、一般的な個人カードよりも限度額が高く設定されている場合の多い「ビジネスカード」を利用すれば、急な出費に備えることができます。

フリーランスがクレジットカードを作るメリット(2)
支出の管理

クレジットカードのWEB明細や、クレジットカードと連携できるクラウド会計サービスなどを利用することで、支出の履歴を自動的に記録し、効率よく支出を管理できます。また、税金の申告の際にも役立つというメリットも。支出の管理を効率的におこなうには、クレジットカードの利用がおすすめです。

フリーランスがクレジットカードを作るメリット(3)
社会的な信用・信頼につながる

フリーランスの方はクレジットカードを作ることで、社会的な信用・信頼にもつながります。特に、ステータスの高いカードを持つことで、社会的な信用・信頼を得ていることを証明できる点は、フリーランスの方がクレジットカードを持つ大きなメリットと言えるでしょう。

フリーランスがクレジットカードを作るメリット(4)
ビジネスサポートや福利厚生の特典

フリーランス向けクレジットカードの中には、ビジネスサポート特典や、福利厚生サービス、旅行傷害保険などのカード付帯保障が充実しているものも。フリーランスは、会社員のような福利厚生や保障が一切ない働き方です。様々な特典が付帯するフリーランス向けクレジットカードを選べば、経費を削減しつつ、福利厚生や保険などを利用することができます。

フリーランス向けクレジットカード、審査のポイントは? フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

ビジネスカードと呼ばれる一部のクレジットカードの中には、個人事業主・フリーランス向けのクレジットカードがあります。ビジネスカードは、事業用の銀行口座に紐づいて発行され、利用限度額が高い点が特徴。フリーランスの方の経費決済用カードとしておすすめです。

フリーランスはクレジットカードを作れない?審査を受ける際に気を付けたいポイント

フリーランスは、会社員と比較すると、クレジットカードの入会審査が厳しいと言われています。これがフリーランスはクレジットカードを作れないと言われる所以です。ただ審査が厳しいだけで、入会できない訳ではありません。以下のクレジットカードの審査を受ける際に気を付けておきたいポイントをチェックし、通過率をアップさせましょう。

過去にクレジットカードの支払い遅延がないか

フリーランスに限らず、クレジットカードを新たに申し込む場合は、質の良いクレジットヒストリーを持っていることが大切です。特にフリーランスの場合は、個人の信用情報が重要。過去にクレジットカードの延滞がないこと、現在借入がないこと、一定の年収を証明できれば、審査に通過する確率がぐっと上がります。
自身の信用情報に不安がある場合は、信用情報機関に信用情報を確認してみるのも良いでしょう。CIC(信用情報機関)に情報開示を申し込み、500円から1,000円の手数料を支払うと、CICに登録されている自分の信用情報を確認することができます。情報開示では、クレジットカードの支払い状況、残債額、過去に利用したクレジットカードなど、クレジットカード会社から登録された情報を確認可能。ちなみに、パソコン・スマホを利用した「インターネット開示」、開示申込書と本人確認書類を郵送し、報告書を送ってもらう「郵送開示」、CIC開示窓口で申し込む「窓口開示」の3つの方法があるため、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

参考ページ
CIC情報開示

開業届の提出

フリーランスの方がクレジットカードを申し込む場合、申し込みや審査の際に、開業届の提出を求められる場合があります。開業届を出すと、屋号で銀行口座を開設することが可能。フリーランス(個人事業)がビジネス用のクレジットカードを申し込む場合、屋号で開設した事業用の銀行口座を利用することで、審査の通過率が上がる場合も。
ちなみに、開業届を提出していると、青色申告の適用を受けられるというメリットもあるため、フリーランスの方はできれば開業届を提出しておくのがおすすめです。

キャッシング枠の設定額を0にする

フリーランスの方に限らず、クレジットカードの審査に通過する確率を高めたい場合は、キャッシング枠の設定額を0にしておくことをおすすめします。キャッシングの審査を回避できるので、クレジットカードの入会審査をクリアできる確率がアップします。

フリーランス向けクレジットカードの申し込みのポイント

フリーランスにおすすめのクレジットカードは、「ビジネスカード」と呼ばれるクレジットカード。ビジネスカードとは、フリーランス(個人事業主)や法人経営者向けに発行しているクレジットカードの総称です。
必要書類をきちんとそろえることがまず審査の第一条件。フリーランスの場合は、本人確認書類の他、希望限度額が高い場合は確定申告など、追加で書類が必要になる場合もあります。継続して安定した収入があることが重要となるため、確定申告の写し(2期分)や決算書の提出が求められる場合があることも覚えておきましょう。

フリーランスでも作れる!おすすめのクレジットカード3選 フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

フリーランスにおすすめのクレジットカードの中には、レンタカー優待やカード会社による「ビジネスアシスト」等、ビジネスをサポートする特典や、福利厚生サービス、付帯保障が充実しているものも。フリーランスの場合は、ポイント還元率だけでなく、フリーランスに役立つ特典もチェックすることが重要です。
以下では、クレジットカードランキング編集部が厳選した、フリーランスにおすすめのクレジットカード3枚ご紹介します。それぞれのカードの特徴や特典をチェックし、自分に合った1枚を見つけましょう!

三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード) 画像

三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード) 公式サイトへ行く

年会費 1,375円(税込)
※インターネット入会で初年度年会費無料
申し込み対象 満20歳以上のフリーランス(個人事業主)もしくは法人代表者
ポイント還元率 ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率0.5%(カード利用1,000円につき1ポイント付与)
付帯保険
  • 旅行傷害保険…海外最高2,000万円(利用付帯)
  • ショッピングガード保険…年間最高100万円(海外利用)
  • ETCカード発行可能…初年度年会費無料、次年度以降は年に1回以上の利用があれば無料
  • iD搭載
フリーランス向け特典
  • ビジネスサポートサービス…アスクルサービス、DHLエクスプレス、日産レンタカー/タイムズカーレンタル、アート引越センターの優待が受けられる
  • 福利厚生代行サービス

三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード)の特徴
三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード)は、三井住友VISAカードが発行するフリーランスにおすすめのビジネスカード(クレジットカード)。年会費は1,375円(税込)だが、インターネット経由で入会することで初年度年会費が無料になる点はチェックしておきたい。
三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード)の特徴は、入会資格に法人代表者だけでなくフリーランスも含まれており、個人の与信でクレジットカードを発行できる点。登記簿謄本・決算書不要でカードを発行することができ、フリーランスでも個人の与信がしっかりしていれば、クレジットカードを発行することができる。
また、通常の三井住友VISAカード同様、カード利用でポイントをしっかり貯めることができる点もうれしい。ポイントは、カード利用1,000円につき1ポイント付与。さらに、対象店舗を最大3つまで登録し、カードを利用することで、その店舗でカードを利用した際のポイントが通常の2倍にアップ。ETCカードも初年度年会費無料で発行でき、次年度以降は年に1回以上の利用があれば無料になる。
さらに、三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード)には、海外旅行傷害保険が無料で付帯(※利用付帯)。旅行代金等をカードで支払った場合、最高2,000万円を補償する。海外利用を補償するショッピングガード保険も付帯しており、年間最高100万円まで補償を受けられる点はチェックしておきたい。
三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード)は、個人の与信でカードを発行できる数少ないクレジットカード。年会費が1,375円(税込)とリーズナブルで、ステータスとお得度のバランスが取れたビジネスカードと言える。クレジットカードの申し込みを検討しているフリーランスの方はまずチェックしておきたいおすすめのクレジットカードだろう。

三井住友VISAビジネスカード for Owners(クラシックカード)

楽天ビジネスカード 画像

楽天ビジネスカード 公式サイトへ行く

年会費 2,200円(税込)
※楽天プレミアムカード:11,000円(税込)
申し込み対象 20歳以上で安定した収入のある法人代表者(会社登記上、代表権を有する方)、及びフリーランス(個人事業主)
ポイント還元率 楽天スーパーポイント
ポイント還元率1%(カード利用100円につき1ポイント付与)
  • 楽天市場で楽天ビジネスカードを利用すると、ポイントが最大5倍
  • 誕生月の利用でポイントが+1倍に
付帯保険
  • 旅行傷害保険…海外最高5,000万円、国内最高5,000万円(自動付帯)
  • 動産総合保険…最高300万円
フリーランス向け特典
  • Visaビジネスオファーを利用可能
  • カード利用限度額を楽天プレミアムカードと合算できる

楽天ビジネスカードの特徴
楽天ビジネスカードは、楽天カードが発行するフリーランスにおすすめのクレジットカード。楽天プレミアムカードの追加カード(子カード)として利用できる。年会費は2,200円(※楽天プレミアムカードの年会費は11,000円)。
楽天ビジネスカードの特徴は、カードの利用限度額が他のビジネスカードと比較しても高い点。カードの利用限度額は、楽天プレミアムカードと合算することで最高300万円と、フリーランス向けクレジットカードの中でも高額設定となっている。加えて、ポイント還元率が高く、楽天ビジネスカードの利用でお得にポイントを貯めることができる点も嬉しい。楽天ビジネスカードを利用して楽天市場で買い物をすると、100円につき最大5ポイントを獲得可能。
また、楽天ビジネスカードには、「Visaビジネスオファー」が無料で付帯している点も大きな特徴の一つ。ホテルの宿泊やオフィス用品購入、通信サービスなど、ビジネスシーンで役立つ様々な優待を利用できる。
さらに、楽天ビジネスカードであれば、楽天プレミアムカードの特典も利用可能。国内・海外ともに最高5,000万円まで補償する旅行傷害保険が無料付帯する点もチェックしておきたい。その他、国内の空港ラウンジサービスを無料で利用できるほか、世界120か国以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」のプレステージ会員カードを無料で発行できる等、豪華な特典が多数付帯している。
楽天ビジネスカードを単体で発行できない点には注意が必要だが、楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの優待に加え、フリーランスに嬉しい様々な特典が付帯。また、他のフリーランス向けクレジットカードと比較し、審査に通りやすい点も魅力。審査の通過率が高く、使い勝手の良いビジネスカードを探しているフリーランスの方にとって、楽天ビジネスカードは利用を検討する価値があるクレジットカードと言えるだろう。

楽天ビジネスカード

オリコ エグゼクティブゴールド フォービズエス(EX Gold for Biz S) 画像

オリコ エグゼクティブゴールド フォービズエス(EX Gold for Biz S) 公式サイトへ行く

年会費 2,200円(税込)
※初年度年会費無料
申し込み対象 フリーランス(個人事業主)または法人代表者
ポイント還元率 暮らスマイル
ポイント還元率0.6%(カード利用1,000円につき1ポイント付与)
※1ポイント=5円相当
※年間の利用額に応じてポイント還元率が最大1.2%までアップ
付帯保険
  • 旅行傷害保険…海外最高2,000万円(自動付帯)、国内最高1,000万円(利用付帯)
  • ショッピングガード保険…年間最高100万円 ※Mastercardブランドの場合
フリーランス向け特典
  • クラウド会計ソフトfreee(フリー)の有料プラン優待
  • 融資金利優遇制度
  • ETCカード年会費無料
  • 福利厚生サービス「ベネフィットステーション」を利用可能
  • 国税の納付でポイントが貯まる
  • Mastercardビジネスアシスト/Visaビジネスオファーを利用可能

オリコ エグゼクティブゴールド フォービズエス(EX Gold for Biz S)の特徴
エグゼクティブゴールド フォービズエスは、信販会社大手のオリコが発行するフリーランスにおすすめのクレジットカード。年会費は初年度無料、2年目以降は年会費2,200円(税込)となっている。
エグゼクティブゴールド フォービズエスの特徴は、フリーランス(個人事業主)向けに様々なサービスを提供している点。福利厚生サービスの「ベネフィット・ステーション」を利用できるほか、ビジネス・アシスト特典が充実した「Mastercardビジネスアシスト」または「Visaビジネスオファー」が無料付帯している点は嬉しい(※選択するカードブランドによって異なる)。さらに、クラウド会計ソフトfreee(フリー)の有料プラン優待、融資金利優遇制度等、フリーランスに嬉しい特典が多数付帯する点も要チェック。
ちなみに、カードの利用限度額は最高300万円と、他のフリーランス向けクレジットカードと比較しても高額決済に対応している点もうれしい。
また、エグゼクティブゴールド フォービズエスは、付帯保険も充実。国内最高1,000万円、海外最高2,000万円まで補償する旅行傷害保険が自動付帯し、年間最高100万円まで補償するショッピングガード保険も利用できる。
他のフリーランス向けクレジットカードと比較しても、ビジネスに役立つ特典が充実しているエグゼクティブゴールド フォービズエスは、年会費もリーズナブルで、コストパフォーマンスが高いクレジットカード。フリーランスの方にとって、まず利用を検討すべきおすすめの1枚だろう。

オリコ エグゼクティブゴールド フォービズエス(EX Gold for Biz S)

フリーランスとクレジットカード FAQ フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

フリーランスはクレジットカードを作れない?

フリーランスでもクレジットカードを発行することは十分に可能です。ただし会社員と比較すると、現在の収入や借り入れ状況等がしっかりチェックされるため、審査が厳しくなる傾向があります。フリーランスの申し込みを受け付けているクレジットカード(ビジネスカード)の中から、自分の希望の条件を満たすカードを選びましょう。

フリーランスでクレジットカードを作る際の審査のポイントとは?

第一に、質の良いクレジットヒストリーを持っていることが大切。個人の信用情報を確認し、借入や残債額がないかチェックしましょう。また、開業届を提出していることも、審査の通過率を上げるポイントの一つ。キャッシング枠の設定額を0にしておくのも有効です。

フリーランスがクレジットカードを選ぶときのポイントとは?

個人の与信で発行できるフリーランス向けのクレジットカードや、フリーランス向けのサービスを提供しているクレジットカードの中からカードを選びましょう。フリーランス向けクレジットカードの中には、高額利用に対応したものや、支払いサイトが長く、資金繰りを改善できるカードもあります。

まとめ フリーランスはクレジットカードを作れない?審査のポイントとおすすめのカードを紹介

フリーランスでも作れるクレジットカードと審査のポイントについて解説した本特集はいかがでしたか?
フリーランスの方がクレジットカードを作る際には、フリーランス向けのビジネスカードを選ぶのがおすすめ。また、審査を通過する際には、個人の信用情報が非常に重要となります。過去に借り入れや残債額がないか、不安な場合はCICの情報開示などを利用して確認しておきましょう。
また、フリーランスの方がクレジットカードを選ぶ際には、社会的信用度の高さ、ビジネスをサポートする特典の付帯などから、フリーランス向けのビジネスカードを選ぶのがおすすめです。

これからクレジットカードを作りたいと考えているフリーランスの方は、本特集を参考に、ぜひ自分に合ったクレジットカードを見つけましょう!

Author : 西山さき
Hayakawa所属のライター・編集者。主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。