国内旅行保険が自動付帯するおすすめのクレジットカード

国内旅行保険が自動付帯するおすすめのクレジットカード

国内旅行保険は、国内旅行中に起きた事故や怪我による損害を補償してくれる便利な保険商品です。国内旅行へ行く際、国内旅行保険に加入しておけば、移動中や旅行先の事故、怪我による急な出費を補償してもらうことができます。

1人旅に行く方はもちろん、家族旅行に行くことが多い方にとっても、加入しておいて損はない保険であることは間違いありません。

その一方で、国内旅行へ行く度に毎回保険の加入手続きを行うのは面倒です。また、そのたびに保険料がかかるのはちょっと…という方も多いはず。

そういうときこそ上手く活用したいのが、クレジットカードに付帯する国内旅行保険です。

国内旅行保険が自動付帯するクレジットカードを発行しておけば、旅行の際、加入手続き一切なしでも一定の保険が自動的に適用されるため、保険会社選びや情報入力に必要な手間を省くことができます

海外

また、カードによっては、家族全員が補償の対象となる場合もあるので、自分自身だけではなく、家族に万一のことがあった際も安心です。

ちなみにクレジットカードの国内旅行傷害保険には、カードで旅行代金を決済することで、手厚い保険が適用される利用付帯のクレジットカードも数多くあります。

いずれにせよ、クレジットカードに付帯する国内旅行保険は、積極的に利用するべき、お得な付帯サービスです。

今回のクレジットカードランキングの特集は、国内旅行保険が自動で付帯するクレジットカードに注目。おすすめのクレジットカードをご紹介します。また国内旅行保険が年会費無料で付帯するものを探している方のために、国内旅行傷害保険が利用付帯するおすすめのクレジットカードも厳選し、ご紹介しています。

国内旅行が好きな方や、家族旅行へよく行く方は、ぜひチェックしてみてください。

クレジットカードに付帯する国内旅行保険、チェックすべき2つのポイント

選ぶならどっち?国内旅行保険の自動付帯or利用付帯

クレジットカードに付帯する国内旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。国内旅行保険が「自動付帯」される場合、クレジットカード会員になるだけで、国内旅行保険を自動的に適用。手間なく国内旅行保険が利用できるため、非常に便利なサービスと言えるでしょう。

その一方で、「利用付帯」の場合、クレジットカード会社が提示する条件を満たすことで、国内旅行保険の適用を受けることができます
保険の適用条件はカードにより異なりますが、ほとんどの場合は、旅行で利用する交通機関やツアーの利用料を、そのカードで支払うことが条件となっています。旅行中の移動に関係した支払いであることが条件で、現地での食事代金や、お土産の支払いをしただけでは国内旅行保険が適用されない点には注意が必要です。

クレジットカードに付帯する国内旅行保険のほとんどが、利用付帯となっているので、国内旅行保険が自動付帯するクレジットカードを選びたい場合、付帯条件をしっかり確認しておきましょう。

補償対象は本人のみ?補償範囲を確認

ひとくちに国内旅行保険と言っても、付帯条件や補償金額、補償対象はクレジットカードによって異なります。なかでも注意したいのが、補償対象。クレジットカードに付帯する国内旅行保険は、カード所持者のみが補償対象となり、その他の同行者は補償対象外となるのが一般的です。ただし、一部のクレジットカードは、家族カード所有者や生計を共にする家族であれば、自動的に補償対象となる場合もあります。家族旅行へ頻繁に行く方は、必ず補償対象を確認しておきましょう。

また、国内旅行保険によって、入院や通院、手術で保険金が下りるかどうかという点も異なるので、この点についても、確認しておくのがおすすめです。

国内旅行保険が自動付帯するクレジットカード その三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISA アミティエカード画像

三井住友VISA アミティエカード 公式サイトへ行く

年会費 1,250円+税
※初年度無料
※「マイ・ペイすりぼ」への登録+年1回以上のカード利用で翌年度の年会費無料
国内旅行保険の補償範囲
  • 【傷害死亡・後遺障害】 2,000万円
     自動付帯分:300万円
     利用付帯分:1,700万円
     合計:2,000万円
  • 【入院保険金日額】 -
  • 【手術保険金】 -
  • 【通院保険金日額】 -
家族カード所有者や家族は補償される? 家族カード所有者:〇 ※家族カードの補償額、補償条件は本会員と同様
家族:-

三井住友銀行とVISAが提携し、発行するクレジットカード。女性向けのクレジットカードだが、男性も発行できる。
三井住友VISAアミティエカードは、国内旅行保険が自動で付帯。カードを所有しているだけで、最大300万円の国内旅行保険の適用をうけることができる。また、国内旅行中に利用する、公共交通機関の支払いに三井住友VISAアミティエカードを利用すると、補償額が最大2,000万円までアップ。補償額1,700万円分は、公共交通機関利用中の事故でしか補償されない点には注意すべきだが、万一の場合に備えたい方であれば、利用して損はないだろう。
さらに、本カード会員だけではなく、家族カードも本会員と同様の保険が自動付帯。パートナーや家族と一緒に国内旅行へ行く場合、事前に家族カードを申し込んでおくのがおすすめ。
ちなみに、三井住友VISAアミティエカードの年会費は1,250円(税抜)だが、インターネットから申し込むことで、初年度の年会費が無料になる。また、リボ払いの「マイ・ペイすリボ」への登録と、年1回以上のカード利用で、翌年度の年会費も無料になるため、実質年会費無料で利用可能。リボ払いを利用したくない方は、「マイ・ペイすリボ」への登録後、月々の支払い上限額をカードの利用上限額まで上げることで、通常の支払いと同様に利用することができる。
国内旅行保険が自動付帯し、家族カード所有者にも、本カード会員と同様の保険が適用される三井住友VISAアミティエカードは、まずチェックしておきたいクレジットカードの1つ。

三井住友VISA アミティエカード

国内旅行保険が自動付帯するクレジットカード そのJCBゴールド

JCBゴールド画像

JCBゴールド 公式サイトへ行く

年会費 10,000+税
国内旅行保険の補償範囲
  • 【傷害死亡・後遺障害】 最高5,000万円
  • 【入院日額】 5,000円 ※事故日から180日限度
  • 【傷手術保険金】 入院日額×倍率(10倍、20倍、40倍)
  • 【通院保険金日額】 2,000円
  • 【乗継遅延費用保険金】 2万円限度
  • 【出航遅延費用等保険金】 2万円限度
  • 【寄託手荷物遅延費用保険金】 2万円限度
  • 【寄託手荷物紛失費用保険金】 4万円限度
家族カード所有者や家族は補償される? 家族カード所有者:〇 ※家族カードの補償額、補償条件は本会員と同様
家族:-

JCBゴールドは、JCBが発行するプロパーのゴールドカード。
JCBゴールドの国内旅行保険は、自動付帯となっており、最大5,000万円の補償を受けることができる。この補償額は、クレジットカードに付帯する国内旅行保険の中でもトップクラスの金額であり、手厚いサービスを受けられるのが嬉しい。また所定の条件を満たすことで、入院や手術、通院補償も受けることができる。国内旅行の際に万一のことがあったときも、お金の心配をしなくて良い点は、JCBゴールドを保有する大きなメリットだろう。
また、JCBゴールドは通常の国内旅行保険に加えて、国内航空機遅延保険も自動付帯。フライト時間が大幅に遅れた場合や、預け入れた手荷物を紛失された場合、最大2万円の保険金を受け取ることができる。
国内旅行保険の補償範囲は、家族カード所有者まで。家族カードは、1枚目まで年会費無料で発行できるので、上手く活用したい。
ちなみに、JCBゴールドは海外旅行保険も自動付帯し、補償額は最高5,000万円となっている(旅行代金をJCBゴールドで支払った場合、最高1億円)。国内、海外どちらを旅行する場合も、保険に加入する手間が必要ないのが嬉しい。
国内旅行保険の中でも、トップクラスの補償額を提供しており、国内航空機遅延保険も自動付帯するJCBゴールドは、有力な選択肢になるクレジットカードの1つ。

JCBゴールド

国内旅行保険が自動付帯するクレジットカード そのdカードGOLD

dカードGOLD画像

dカードGOLD 公式サイトへ行く

年会費 10,000+税
国内旅行保険の補償範囲
  • 【傷害死亡保険金】 最高5,000万円
  • 【傷害後遺障がい保険金】 程度により200万~5,000万円
  • 【入院日額】 5,000円 ※事故日から180日限度
  • 【手術保険金】 入院日額の5倍または10倍
  • 【通院保険金日額】 3,000円 ※事故日から180日以内90日限度
  • 【乗継遅延費用保険金】 2万円
  • 【出航遅延費用等保険金】 1万円
  • 【寄託手荷物遅延費用保険金】 1万円
  • 【寄託手荷物紛失費用保険金】 2万円
家族カード所有者や家族は補償される? 家族カード所有者:〇 ※家族カードの補償額、補償条件は本会員と同様
家族:-

dカードGOLDは、大手通信キャリア「NTTドコモ」が発行するゴールドカード。
dカードGOLDの国内旅行保険は、最大5,000万円まで補償。入院や手術、通院する場合も、条件をクリアすれば保険金が支払われるので、万一の場合も安心だろう。
また、国内で飛行機を利用した際、大幅にフライトが遅延した場合や、フライト遅延により乗継便に乗れなかった場合、宿泊・食事費用が支払われる国内航空便遅延費用特約も付帯。予期せぬ出費が必要になった場合も、1万~2万円の限度内であれば、保険金を受け取ることができる点も嬉しい。
さらにdカードGOLDは、全国28ヵ所の空港ラウンジの無料利用にも対応。家族カードを所有している人も、本カード会員と同様に無料で利用できるので、飛行機を利用して国内旅行をする場合、上手く活用すると良いだろう。
ちなみに、dカードGOLDは、海外旅行保険と海外航空便遅延費用特約も自動付帯。最大で1億円が補償されるため、海外旅行にも安心して出発できる。海外旅行保険であれば、自動的に家族も補償対象となる点も、チェックしておきたい。
国内旅行保険と国内航空便遅延費用特約が付帯しており、空港ラウンジも無料で利用できるdカードGOLDは、利用を検討する価値のあるクレジットカードだろう。

dカードGOLD

国内旅行保険が自動付帯する年会費無料のクレジットカードはあるの?

クレジットカードランキング編集部では、本特集を作成するにあたり、国内旅行保険が自動付帯する、年会費無料のクレジットカードがあるかどうか、調査を実施。
その結果、2019年2月時点で、国内旅行保険が自動付帯する年会費無料のカードは、存在しないという結論に達しました
クレジットカードの国内旅行傷害保険は、利用付帯が原則です。国内旅行保険は、海外旅行保険と比較して利用頻度が高いこともあり、年会費無料のクレジットカードに自動付帯させるのは難しいのでしょう。

一方で、できれば年会費無料のクレジットカードを利用して、利用付帯の国内旅行保険を活用したい…という方も多いはず。その場合、下記でご紹介する「REX CARD(レックスカード)」を活用するのがおすすめです。REX CARD(レックスカード)は、年会費無料のクレジットカードながら、1.25%という高いポイント還元率を実現し、さらに、最高1,000万円の国内旅行保険が利用付帯します
国内旅行保険が付帯する、年会費無料のクレジットカードの中では、お得度No.1と言っても、過言ではないでしょう。

国内旅行保険が利用付帯するおすすめの年会費無料クレジットカード そのREX CARD(レックスカード)

REX CARD(レックスカード)画像

REX CARD(レックスカード) 公式サイトへ行く

年会費 永年無料
国内旅行保険の補償範囲
  • 【傷害死亡保険金】 最高1,000万円
  • 【傷害後遺障がい保険金】 30万~1,000万円
  • 【入院日額】 5,000円 ※事故日から180日限度
  • 【手術保険金】 5万円/10万円/20万円
  • 【通院保険金日額】 3,000円 ※事故日から180日以内90日限度
家族カード所有者や家族は補償される? 家族カード所有者:〇 ※家族カードの補償額、補償条件は本会員と同様
家族:〇 ※家族カードの補償額、補償条件は本会員と同様

信販大手のジャックスが発行する、年会費無料のクレジットカード。
REX CARDの最大の魅力は、国内旅行保険の補償対象が広く、本カード会員から、家族カード会員や生計を共にする家族までカバーしている点。さらに、別居している未婚の子どもも補償対象となっており、数ある国内旅行保険の中でも、補償対象の幅広さはトップクラスとなっている。
保険の付帯条件は、交通費や宿泊費をカード払いするだけでOK。旅行に同行する家族の旅費も、REX CARDで併せて支払えば、安心して国内旅行へ出発できるだろう。
また、REX CARDは、カード利用で付与されるポイント還元率の高さも大きな魅力。REX CARDの通常のポイント還元率は1.25%と、一般的なクレジットカードのポイント還元率0.5%~1.0%と比較して高いので、お得にポイントを貯めることができる点もチェックしておきたい。
家族全員が国内旅行保険の補償対象となるクレジットカードを選びたい方や、年会費無料でお得なクレジットカードがほしい方に、おすすめの1枚。

REX CARD(レックスカード)

まとめ

海外

国内旅行保険が自動付帯するクレジットカードを厳選し、ご紹介した本特集は、いかがでしたでしょうか?

クレジットカードに付帯する国内旅行保険は、自動付帯と利用付帯の2種類があり、自動付帯であれば、クレジットカードを所有しているだけで保険が適用されます。クレジットカードで支払いをする習慣があまりない方や、メインで利用しているクレジットカードが他にある方は、国内旅行保険が自動付帯するクレジットカードがおすすめでしょう。

また、クレジットカードに付帯する国内旅行保険は、補償金額や補償範囲が異なることが多く、事前に確認しておくのが重要です。

国内旅行へ近々行く予定がある方は、本特集を参考に、自分に合った国内旅行保険が付帯するクレジットカードを選び、安心して旅行を楽しみましょう!