おすすめのJALカードは?JALカードを比較!

クレジットカードランキング

CardJALカード

おすすめのJALカードは?JALカードを比較!

JALカードは、JALグループのクレジットカード会社「JALカード」が発行するマイルが貯まるクレジットカード。家族カードで貯めたマイルを合算できるサービスやカード会員向けに特典航空券の交換マイルを優遇するサービス等、他のマイルが貯まるクレジットカードにはないサービスをいち早く手掛けており、マイラーからも高く評価されています。ただJALカードと一言で言っても、その種類は様々。どのカードを選ぶべきかは意外に難しいものです。

そこでクレジットカードの専門家であるクレジットカードランキング編集部がJALカードを比較!おすすめのJALカードをチョイスしました。お得なキャンペーン情報も掲載しているので、JALカードへの入会を検討している方は是非チェックしてみてください!

JALカードの基本サービス&おすすめの特典を確認

JALカードを比較する前に、JALカードの基本サービスとおすすめの特典を確認しておきましょう。いくらJALカードがお得だと言っても、自分に合ったサービス、特典がなければ意味がありません。自分に合ったJALカードを選ぶためにも基本はしっかり抑えておきましょう!

JALカードの基本サービスと主な特典

JALカード Suica(普通カード)

JALカード

年会費
在学中無料~33,480円(税込)
家族カード
学生カードを除き発行可能※有料
マイル還元率
100円につき1マイルまたは200円につき1マイルオススメ!
ボーナスマイル
  • 入会搭乗ボーナス:1,000~5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000~2,000マイル
  • 搭乗毎ボーナス:フライトマイルの10~25%プラス
国内旅行傷害保険
1,000万円~最高1億円
海外旅行保険
1,000万円~最高1億円
その他の特典
  • 上位カードには海外航空便遅延お見舞金制度、ショッピング保険、ゴルファー保険が無料付帯
  • 当日の予約変更が可能で区間マイルも100%貯まるJALビジネス切符を利用可能
  • JALカード会員限定で国内線なら500マイル、国際線なら1,000マイル、特典航空券への交換をディスカウントオススメ!
  • 登録手数料無料で家族のマイルを合算できる家族プログラムを利用可能
カード入会キャンペーン
Web入会限定!JALカードへの入会で今だけ最大10,500マイルプレゼント!
さらに普通カードの初年度年会費無料※2016年11月30日終了

JALカードの基本サービスとおすすめ特典の中で最もお得度が高く注目したいポイントは、マイル還元率の高さと、他のマイルが貯まるクレジットカードにはない特典航空券のディスカウント。1マイル2円換算で考えるとポイント還元率は1~2%と数あるクレジットカードの中でもトップクラス。特典航空券のディスカウントは、定期的に実施しているディスカウントマイルキャンペーンと併用できるので、このタイミングで利用するとさらにお得度がアップします。

JALカードの基本となる4枚のカードを比較!おすすめは?

それでは次にJALカードの基本となる4枚のカードを比較します。JALカードの基本となるカードは「普通カード」「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナカード」の4種類。それぞれのカードステータスごとにサービス内容がアップグレードされ、充実していきます。

JALカード Suica(普通カード)

普通カード

年会費(税込)
2,160円※入会後1年間年会費無料
家族カード
1,080円
マイル還元率
通常利用時200円につき1マイル
ショッピングマイルプレミアム(年会費3,240円)入会時 100円につき1マイル
ボーナスマイル
  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗毎ボーナス:フライトマイルの10%プラス
国内旅行傷害保険
1,000万円
海外旅行保険
1,000万円
その他の特典
  • 当日の予約変更が可能で区間マイルも100%貯まるJALビジネス切符を利用可能
  • JALカード会員限定で国内線なら500マイル、国際線なら1,000マイル、特典航空券への交換をディスカウント
  • 登録手数料無料で家族のマイルを合算できる家族プログラムを利用可能
カード入会キャンペーン
Web入会限定!JALカード普通カードへの入会で最大2000マイル!さらに普通カードの初年度年会費無料※2016年11月30日終了
JALカード CLUB-Aカード

CLUB-Aカード

年会費(税込)
10,800円
家族カード
3,780円
マイル還元率
通常利用時200円につき1マイル
ショッピングマイルプレミアム(年会費3,240円)入会時 100円につき1マイル
ボーナスマイル
  • 入会搭乗ボーナス:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗毎ボーナス:フライトマイルの25%
国内旅行傷害保険
5,000万円
海外旅行保険
5,000万円
その他の特典
  • カードの券面にJALビジネスクラスチェックインカウンターを利用可能
  • 当日の予約変更が可能で区間マイルも100%貯まるJALビジネス切符を利用可能
  • JALカード会員限定で国内線なら500マイル、国際線なら1,000マイル、特典航空券への交換をディスカウント
  • 登録手数料無料で家族のマイルを合算できる家族プログラムを利用可能
カード入会キャンペーン
Web入会限定!JAL CLUB-Aカードへの入会で今だけ最大7,500マイルプレゼント!※2016年11月30日終了
JALカード CLUB-A ゴールドカード

CLUB-A ゴールドカード

年会費(税込)
17,280円
家族カード
8,640円
マイル還元率
100円につき1マイル※ショッピングマイルプレミアムに自動入会(無料)
ボーナスマイル
  • 入会搭乗ボーナス:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗毎ボーナス:フライトマイルの25%
国内旅行傷害保険
5,000万円
海外旅行保険
5,000万円~最高1億円
その他の特典
  • 海外航空便遅延お見舞金制度、ショッピング保険、ゴルファー保険が無料付帯
  • 当日の予約変更が可能で区間マイルも100%貯まるJALビジネス切符を利用可能
  • JALカード会員限定で国内線なら500マイル、国際線なら1,000マイル、特典航空券への交換をディスカウント
  • 登録手数料無料で家族のマイルを合算できる家族プログラムを利用可能
カード入会キャンペーン
Web入会限定!JAL CLUB-Aゴールドカードへの入会で今だけ最大8,500マイルプレゼント!※2016年11月30日終了
JALカード プラチナカード

プラチナカード

年会費(税込)
33,480円
家族カード
16,740円
マイル還元率
100円につき1マイル※ショッピングマイルプレミアムに自動入会(無料)
ボーナスマイル
  • 入会搭乗ボーナス:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗毎ボーナス:フライトマイルの25%
国内旅行傷害保険
5,000万円
海外旅行保険
最高1億円
その他の特典
  • 24時間365日対応のコンシェルジュデスク
  • 世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが無料付帯
  • 海外航空便遅延お見舞金制度、ショッピング保険、ゴルファー保険が無料付帯
  • 当日の予約変更が可能で区間マイルも100%貯まるJALビジネス切符を利用可能
  • JALカード会員限定で国内線なら500マイル、国際線なら1,000マイル、特典航空券への交換をディスカウント
  • 登録手数料無料で家族のマイルを合算できる家族プログラムを利用可能
カード入会キャンペーン
Web入会限定!JALプラチナカードへの入会で今だけ最大10,500マイルプレゼント!※2015年12月15日終了

飛行機の利用頻度やカード利用額によっておすすめのJALカードは変わります

JALカード

例えば年に1~2回程度の飛行機への搭乗で、クレジットカードの利用額が月5万円程度であれば、年会費とサービスのバランスが取れているJAL普通カードがおすすめ。
一方で年に5~6回は飛行機に乗り、クレジットカードの利用額が月10万円程度ある方は、ボーナスマイルや海外旅行保険で十分に年会費の元が取れるCLUB-Aカードが、空港ラウンジでのんびりしたい人はCLUB-Aゴールドカードがおすすめです。

プラチナカードは、世界中の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティパスが付帯。24時間対応のコンシェルジュデスク等、海外出張が多く、クレジットカードに高いステイタスを求める方におすすめのJALカードと言えるでしょう。

Suicaユーザーは空でも陸でもマイルが貯まるJALカードSuicaがおすすめ

前チャプターではJALカードの基本となる4枚のカードをご紹介しましたが、実はJALカードにはちょっと変わったおすすめのカードがまだ残っています。
そのカードとは、空だけではなく、陸でもマイルを効率良く貯める事ができるJALカードSuicaです。

このカードは他のJALカードとは異なり、普通カードとCLUB-Aカードの2種類のみですが、JALカード利用時に貯まるショッピングマイルに加え、JR東日本で利用するとビューサンクスポイントを貯める事ができ、そのポイントをマイルに交換する事ができるので、空でも陸でもマイルが貯まるクレジットカードとして高い人気を誇ります。

Suicaを利用する機会が多いユーザーであれば、JALカードSuicaがおすすめです。

JALカードSuica(普通カード)

JALカードSuica(普通カード)

年会費
2160円※初年度年会費無料
家族カード
マイル還元率
  • 通常利用時200円につき1マイル
  • ショッピングマイルプレミアム(年会費3,240円)入会時 100円につき1マイル
  • JR東日本でカードを利用した場合、1,000円につき6ビューサンクスポイントオススメ!
ボーナスマイル
  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗毎ボーナス:フライトマイルの10%プラス
国内旅行傷害保険
1,000万円
海外旅行保険
1,000万円
その他の特典
  • Suica機能搭載。Suicaへのチャージでもポイントが貯まり、マイルへ交換可能!オススメ!
  • ビューサンクスポイントは600ポイント以上でマイルに交換可能(※通常1ポイント1マイル、ショッピングマイルプレミアム入会時1ポイント2マイル)
  • 当日の予約変更が可能で区間マイルも100%貯まるJALビジネス切符を利用可能
  • JALカード会員限定で国内線なら500マイル、国際線なら1,000マイル、特典航空券への交換をディスカウントオススメ!
  • 登録手数料無料で家族のマイルを合算できる家族プログラムを利用可能
カード入会キャンペーン
新規入会で最大2,000マイルプレゼント!さらに初年度の年会費無料!※2016年11月30日終了

本特集はいかがでしたでしょうか?JALカードへの入会を検討されているみなさんが、JALカードを比較する際、本特集を少しでも参考にして頂けると幸いです。
カードへの入会後、後悔しないために、各カードの特徴やサービスをしっかりと比較・検討し、自分のライフスタイルに合った1枚を選びましょう!

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&ゴールドカードランキング

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

ゴールドカードランキング

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
海外で抜群の知名度とステイタスを誇るゴールドカード。ハイヤーが成田空港に格安の定額料金で送迎してくれるサービス等他のカードにはないサービスが充実している。
dカード・GOLD
日本最大の通信キャリア「NTTドコモ」が発行するNTTドコモユーザー向けのゴールドカード。どこで利用しても1%という高いポイント還元率に加え、毎月の携帯料金の支払い分に関してはポイント還元率が10%にアップする。
ダイナースクラブカード
ダイナースは世界で初めてクレジットカードを発行した会社。一般カードが他社のゴールドカード以上のステータスを持つと言われており、サービス内容も充実している。
JCBゴールドカード
世界に5つしかない「国際クレジットカードブランド」のうち唯一の日本発ブランド。20才以上で安定継続収入があることが入会基準となっており、他のカードと比較すると低い。
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAカードが発行するゴールドカード。知名度や信頼度はトップクラス。ゴールドカードとしてのサービスもバランスが取れている。