ポイント還元率が高いクレジットカード P-one Wiz に注目

クレジットカードランキング

CardP-one Wiz

P-one Wiz

P-one Wizは、請求時1%OFFで有名なP-oneカードのラインナップに、新たに加わった年会費無料のクレジットカードです。発行開始は2015年7月21日からと、まだリリースされて間もないクレジットカードですが、そのポイント還元率の高さから大きな注目を集めています。今回の編集部注目のクレジットカードは、P-one Wizをピックアップ。P-one Wizの魅力に加え、通常のP-oneカードとの比較も掲載しているので是非チェックしてみてください!

請求時1%OFF+ポイント+カード入会から3カ月間ポイント3倍!さらに特典も

P-one Wizが大きな注目を集めている最大の理由は、前述したように圧倒的なポイント還元率の高さにあります。それでは具体的に、どのようなポイント還元の仕組みを採用しているのか、チェックしていきたいと思います。

まずP-oneカードの代名詞でもある請求時1%OFFは、P-one Wizも基本サービスとしてそのまま採用。さらにP-one Wizはカード利用1,000円につき、1ポケットポイント貯まっていきます。ここで貯めたポイントは1ポケットポイントを5Tポイントに交換(※最低交換ポイントは100ポケットポイント)する事ができます。つまり、請求時1%OFFとは別に0.5%ポイント還元される計算になり、P-one Wizの基本ポイント還元率は1.5%とクレジットカード最高レベルになるのです。

さらにP-one Wizは新規入会特典として、カード入会から3カ月間ポイントが3倍になるキャンペーンを実施中。この期間に関しては請求時1%OFF+1.5%ポイント還元となり、基本ポイント還元率は2.5%に跳ね上がります。

これだけでも十分なお得度を感じるクレジットカードですが、実はP-one Wizにはもう1点ポイントがザクザク貯まる特典が付帯しています。この特典はYahoo!ショッピング利用時に適用されます。下記はカード入会から3カ月間以内にYahoo!ショッピングで20,000円商品を購入した場合のポイント獲得の計算例です。

カード入会から3カ月間以内にYahoo!ショッピングで20,000円商品を購入

1.Yahoo!Japan IDでログインした状態で商品を購入
1%分のTポイント付与=200円お得!
2.ポケットカードが運営するポイントモール「P-oneモール」を経由し、Yahoo!ショッピングにアクセスし、商品を購入
1,000円につき3ポケットポイント付与!1ポケットポイントを5Tポイントに交換できるので、20,000円購入した場合、60ポケットポイント=300Tポイント獲得!
3.請求時1%OFFの適用により、20,000円購入した場合
請求時200円お得!
 
4.通常の新規入会ポイント3倍特典が適用されるので20,000円購入した場合、60ポケットポイント
300Tポイント獲得!
つまり、すべて合計すると200+300+200+300=1,000円相当お得!という事になり、Yahoo!ショッピング利用時のポイント還元率は5%という驚異的な数値になります。

P-one Wiz

これまでYahoo!ショッピングを利用する際、もっともお得なカードとして認識されていたYahoo!Japanカードのポイント還元率が3%(※Yahoo!ショッピングもしくはLOHACO利用時、通常購入の場合は1%)である事を考えると、P-one Wizのポイント還元率の高さは驚異的と言えるでしょう。

驚異的なポイント還元率を誇るP-one Wiz!ただし注意点も

ここまでの説明でP-one Wizが驚異的なポイント還元率を誇るクレジットカードである事は、ご理解いただけたかと思います。ただ世の中そうそう上手い話はありません。これだけお得度が高いからには何か理由があるはず。そして実はP-one Wizにも注意すべき点があります。それはP-one Wizが初回支払い分手数料無料のショッピングリボ払い専用カードであるという点です。

リボ払い専用カードとは、カードで決済した金額が自動的にリボ払いになる仕組みを採用したクレジットカードのこと。P-one Wizはリボ払いの方法として、初期設定ではミニマム・ペイメントと呼ばれる仕組みを採用しており、例えば月20,000円買い物した場合は3,000円がミニマム・ペイメントとなり、毎月返済を行っていく事になります。P-one Wizは初回支払い分手数料無料となっているため、リボ払いにかかるショッピング手数料が2カ月目から発生します。これだけ見ると、お得なクレジットカードを探している人であれば、

「ポイント還元率が高くても、それ以上に手数料を支払わなければいけないのでは意味がない」

という結論になってしまいますが、実はP-one Wizには、この手数料を一切払わず、高いポイント還元率のみ享受できる方法が用意されています。

その方法は極めて簡単。カード入会後、利用できるようになる会員ページにログインし、登録・変更メニューを選択後、お支払い金額変更を変更するを選びます。次のページでずっと全額コースの登録を選び、次へをクリック。最後の確認画面で登録するを選べば、P-one Wizは今後ずっと一括払いでの支払いになり、手数料は一切かかりません。

リボ払いを使いたくない方や手数料を支払いたくない方は、カード入会後、上記設定を忘れず行い、お得な特典のみしっかり活用しましょう!

P-oneカード VS P-one Wiz お得なのはどっち?

それでは最後にお得なクレジットカードとして高い人気を誇るP-oneカードと、新しくラインナップに加わったP-one Wizのサービスを比較します。

P-one WizとP-oneカードを比較

P-one Wizオススメ!

このサイトへ行く

年会費
永年無料
家族カード
無料※最大3枚まで
ポイント還元率
請求時1%OFF

通常のショッピング:0.5%(1,000円につき1ポケットポイント※1ポケットポイント=5Tポイント)
入会後3ヶ月間:1.5%(100円につき2オリコポイント)
ショッピング支払方法
リボ払い(あと決め払い)※ずっと全額コース(全額一括払い)の設定を行うと手数料無料の1回払いに変更可能
その他の特典
  • Yahoo!ショッピングで利用すると最大5%還元!
付帯保障
  • 紛失・盗難保障
  • 購入商品安心保険(購入日から90日間、年間補償限度額50万円※免責金額3,000円)
その他サービス
  • iDとQUICPayを搭載
キャンペーン
カード入会から3カ月間ポイント3倍!
カード申込
P-one Wizのサイトへ行く

P-oneカード<Standard>

このサイトへ行く

年会費
永年無料
家族カード
初年度無料、次年度より1枚につき年間200円(税抜)※最大3枚まで
ポイント還元率
請求時1%OFF

キャンペーン時にポケットポイント付与
ショッピング支払方法
1回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い 分割払い、リボ払い(あとリボくん ショッピングリボ宣言 リボゾー)
その他の特典
付帯保障
  • 紛失・盗難保障
その他サービス
  • JALパック、クラブメッドなど、国内・海外旅行パッケージツアーが最大8%OFF
キャンペーン
カード申込
P-oneカード<Standard>のサイトへ行く

2つのカードを比較する限り、クレジットカードのお得度で考えるとP-one Wizに優位性があると言えそうです。まだカード発行から歴史が浅いため、知名度は低いものの、P-one Wizのスペックは、今後は得するクレジットカードランキングへのランクインを期待できる注目の1枚である事は間違いありません。

知ってトクする! お得なクレジットカードランキング&ゴールドカードランキング

得するクレジットカードランキング

ライフカード
信販会社大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。ETCカードの入会金・年会費も永年無料。ライフカードの最大の特徴は充実したポイントサービス。通常は1,000円の利用につき1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になるので、誕生日月に上手く利用するとポイント還元率は2.5%超と驚異的な高さになる。
ORICO CARD THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
最大の特徴はポイント還元率の高さ。さらにカード入会から半年間はポイント還元率が2倍になる。またiDに加え、QUICPayを搭載している点も魅力のひとつ。現在のキャンペーンを加えると、お得度はトップクラスのカード。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAとアメックスが提携し発行するクレジットカード。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1マイル換算でANAのマイルに交換できる。ポイント実質無期限、空港ラウンジは同伴者1名まで無料などサービスも充実
P-one WIZ
ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。カードを利用するだけで請求時に自動的に1%OFFになるシンプルでわかりやすい割引システム。キャンペーン利用などでボーナスポイントを貯める事もでき、様々な賞品に交換する事もできる。
ANA VISA SUICAカード
三井住友VISAカードと全日空(ANA)、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。陸でも空でもマイルが効率良く貯まることが魅力。通常のカード利用でも、SUICAチャージに利用でもポイントがたまり、ためたポイントは1ポイント5~10マイル換算でANAのマイルに移行可能。

ゴールドカードランキング

ダイナースクラブカード
ダイナースは世界で初めてクレジットカードを発行した会社。一般カードが他社のゴールドカード以上のステータスを持つと言われており、サービス内容も充実している。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
海外で抜群の知名度とステイタスを誇るゴールドカード。ハイヤーが成田空港に格安の定額料金で送迎してくれるサービス等他のカードにはないサービスが充実している。
dカード・GOLD
日本最大の通信キャリア「NTTドコモ」が発行するNTTドコモユーザー向けのゴールドカード。どこで利用しても1%という高いポイント還元率に加え、毎月の携帯料金の支払い分に関してはポイント還元率が10%にアップする。
JCBゴールドカード
世界に5つしかない「国際クレジットカードブランド」のうち唯一の日本発ブランド。20才以上で安定継続収入があることが入会基準となっており、他のカードと比較すると低い。
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAカードが発行するゴールドカード。知名度や信頼度はトップクラス。ゴールドカードとしてのサービスもバランスが取れている。